ChatGPT

Open AI社のChat GPT, GPTsに関する記事の一覧ページです。

【GPT-4o登場】OpenAIの革新的AIが切り拓く、自然な音声対話とマルチモーダル活用の新潮流

AI

【GPT-4o登場】OpenAIの革新的AIが切り拓く、自然な音声対話とマルチモーダル活用の新潮流

人工知能の分野で常に革新的な技術を生み出してきたOpenAIが、今度は新たなフラグシップモデル「GPT-4o」を発表しました。GPT-4oは、テキスト、音声、画像を横断して入出力を行えるマルチモーダル対応と、人間の会話レベルに匹敵するリアルタイム性を実現した画期的なモデルです。 この記事では、GPT-4oの機能や特徴、利用シーンなどについて、デモの様子や評価結果を交えながら詳しく解説していきます。OpenAIのCEO、サムアルトマンの言葉からも、GPT-4oへの期待の大きさが伺えます。人工知能とのインタラクションを一変させる可能性を秘めたGPT-4oの全容に迫ります。

By Hiro from AI Lab
【今夜2時から】OpenAIの重大発表へ、ChatGPTの進化と新機能に注目が集まる

ChatGPT

【今夜2時から】OpenAIの重大発表へ、ChatGPTの進化と新機能に注目が集まる

OpenAIのCEO、サム・アルトマンが5月14日深夜に重大な発表を行うと予告しています。ChatGPTの大幅な機能強化や、後継モデルの登場が期待されており、AI業界に新たな波紋が広がりそうです。アルトマンの発言からは、OpenAIが再びAI技術の覇権を狙う姿勢がうかがえます。

By Hiro from AI Lab
【業務効率化】Claude 3とChatGPTを使ってダイアグラムを自動生成する方法

AI

【業務効率化】Claude 3とChatGPTを使ってダイアグラムを自動生成する方法

ダイアグラムは複雑な情報を視覚的に表現するのに非常に有効ですが、手作業で作成するのは時間がかかります。Claude 3やChatGPTといったAIを活用すれば、テキストベースの指示からフローチャートやUML図、ガントチャートなどを自動生成できます。本記事では、これらのAIを使ってダイアグラムを作成する方法を詳しく解説します。AIによるダイアグラム生成のメリットや注意点、今後の展望についても触れています。

By Hiro from AI Lab
OpenAI Japanの設立で加速する日本の生成AI活用

ChatGPT

OpenAI Japanの設立で加速する日本の生成AI活用

OpenAIがついに日本上陸。東京にアジア初の拠点「OpenAI Japan」を設立し、日本語に最適化されたGPT-4カスタムモデルの提供も開始します。日本企業の生成AI活用が加速する中、OpenAIの日本進出が与えるインパクトと、ビジネスにおける活用事例、課題について解説します。日本の皆さん、AIを味方につけた新しいビジネスの可能性に挑戦しましょう!

By Hiro from AI Lab
GPTsで自分だけのChatGPTを作ろう!ノーコードで簡単に開発できる方法と実例を紹介【後編】

ChatGPT

GPTsで自分だけのChatGPTを作ろう!ノーコードで簡単に開発できる方法と実例を紹介【後編】

GPTsとは、GPTを特化型にカスタマイズできるサービスです。GPTsを使えば、ノーコードで自分の業務に合わせたチャットボットを作成することができます。また、GPTsは、言語化能力やコードの知識がなくてもGPTの普及を進行してくれる存在です。 このブログ記事では、GPTsの特徴や使い方、活用例を徹底的に解説します。GPTsを使って、社内全体の業務効率化を推進していきましょう。【後編】

By Hiro from AI Lab
【究極ガイド】ChatGPTで変革するスプレッドシートの生産性向上戦略

ChatGPT

【究極ガイド】ChatGPTで変革するスプレッドシートの生産性向上戦略

発見しましょう、スプレッドシートとChatGPTの強力なコンビがビジネスの生産性をどのように変革するかを。このブログでは、関数エラーの迅速な解決からカスタム関数の作成、データクレンジング、効率的なデータ分析まで、ChatGPTを活用してスプレッドシート作業を効率化する方法を詳細に解説します。生産性を向上させ、より賢いデータ駆動型の意思決定を実現するための実践的なヒントと戦略を探ります。スプレッドシートのポテンシャルを最大限に引き出し、ビジネスプロセスを革新する旅に出発しましょう。

By Hiro from AI Lab
GPTsで自分だけのChatGPTを作ろう!ノーコードで簡単に開発できる方法と実例を紹介【前編】

ChatGPT

GPTsで自分だけのChatGPTを作ろう!ノーコードで簡単に開発できる方法と実例を紹介【前編】

GPTsとは、GPTを特化型にカスタマイズできるサービスです。GPTsを使えば、ノーコードで自分の業務に合わせたチャットボットを作成することができます。また、GPTsは、言語化能力やコードの知識がなくてもGPTの普及を進行してくれる存在です。 このブログ記事では、GPTsの特徴や使い方、活用例を徹底的に解説します。GPTsを使って、社内全体の業務効率化を推進していきましょう。【前編】

By Hiro from AI Lab
【ChatGPT】OpenAIによるプロンプトエンジニアリングガイドを日本語で解説

ChatGPT

【ChatGPT】OpenAIによるプロンプトエンジニアリングガイドを日本語で解説

OpenAIが公開するプロンプトエンジニアリングのガイドは、大規模言語モデル、特にGPT系のモデルを活用する際に、より良い結果を得るための戦略と戦術を提供しています。これらの戦略と戦術は、言語モデルを使ったアプリケーション開発者や研究者にとって、価値あるガイドラインとなります。以下では、OpenAIが提案する6つの主要な戦略と、それぞれに対応する戦術について詳細に解説します。

By Hiro from AI Lab
【ChatGPT】魅力と可能性を引き出すプロンプトエンジニアリングのコツ:プロンプトの26の原則を活用しよう

ChatGPT

【ChatGPT】魅力と可能性を引き出すプロンプトエンジニアリングのコツ:プロンプトの26の原則を活用しよう

今回はプロンプトエンジニアリングへの理解を進めていく上で、2023年12月26日に公開された「Principled Instructions Are All You Need for Questioning LLaMA-1/2, GPT-3.5/4」の論文内で公開されていたプロンプトのプロセスを改善することを目指した26の指導原則について紹介していきます。

By Hiro from AI Lab
【ChatGPT】GPT-4とGPT-3.5の違いって何?できることをわかりやすく解説

ChatGPT

【ChatGPT】GPT-4とGPT-3.5の違いって何?できることをわかりやすく解説

2024年2月、OpenAIから「Sora」が公開されてついにAIの急速な成長を実感する人が増加していると思います。これからはいかに早くAIを使い慣れるかが人間としての成長のキーポイントになりますが、ChatGPTってそこまで便利に感じられない....といった方々向けにChatGPTの活用方法のコンテンツを発信していきます。今回のテーマは「ChatGPT」って課金する必要があるの?GPT-3.5とGPT-4の違いは何?です。

By Hiro from AI Lab
【ChatGPT活用術】プロンプトの型と手法で成果を最大化する方法

ChatGPT

【ChatGPT活用術】プロンプトの型と手法で成果を最大化する方法

今日、AIの進化は私たちの生活や仕事の仕方を根本的に変えつつあります。その中心にあるのが、自然言語処理技術を活用した生成AI、特にChatGPTのようなモデルです。これらのAIは、人間との対話を通じて、さまざまなタスクを支援し、新しい情報を生成する能力を持っています。しかし、その潜在能力を最大限に引き出すには、適切なプロンプトの型や手法を理解し、活用することが不可欠です。 この記事では、生成AIを活用する上でのプロンプトの型や手法に焦点を当て、その基本的な理解から応用例までを幅広くカバーします。

By Hiro from AI Lab
【ChatGPT】クリエイティブなデザインの未来を切り開く!注目のデザイン特化GPTs5選

ChatGPT

【ChatGPT】クリエイティブなデザインの未来を切り開く!注目のデザイン特化GPTs5選

このブログでは、デザイン作業に特化したGPTのツールの中から、私がおすすめする5つのツールを紹介します。それぞれのツールの使い方、各機能の説明、特徴、他のツールと比較して優れている点を解説します。これらのツールを利用すれば、あなたのデザイン作業がより簡単で便利で楽しいものになるでしょう。

By Hiro from AI Lab
【OpenAI】GPTsとGPTs Storeの魅力と活用法を徹底解説!【後半】

ChatGPT

【OpenAI】GPTsとGPTs Storeの魅力と活用法を徹底解説!【後半】

今回は、OpenAIがリリースしたGPTsとGPTs Storeについて、詳しくご紹介したいと思います。 GPTsとは、ChatGPTを目的に合わせてカスタマイズできるサービスで、GPTs Storeとは、GPTsを公開して収益化できるストアです。 GPTsとGPTs Storeは、2024年1月に正式にオープンし、話題を集めています。 * プロンプトの送信回数:1回 * 使用したモデル:Microsoft Copilot * Microsoft Copilotは旧Bing Chatのことを指し、Microsoft Copilot for Microsoft 365とは異なります。 AIとデジタルイノベーションでビジネスを変える時が来ました。 私たちと一緒に、効果的なマーケティングとDXの実現を目指しませんか? 弊社では、生成AI開発やバーチャルインフルエンサーの運用について無料相談を承っております。 お打ち合わせではなくチャットでのご相談もお待ちしております。 お問い合わせはこちらから 前回の記事は

By Hiro from AI Lab
Contact