GPTsで自分だけのChatGPTを作ろう!ノーコードで簡単に開発できる方法と実例を紹介【後編】

GPTsとは、GPTを特化型にカスタマイズできるサービスです。GPTsを使えば、ノーコードで自分の業務に合わせたチャットボットを作成することができます。また、GPTsは、言語化能力やコードの知識がなくてもGPTの普及を進行してくれる存在です。 このブログ記事では、GPTsの特徴や使い方、活用例を徹底的に解説します。GPTsを使って、社内全体の業務効率化を推進していきましょう。【後編】

GPTsで自分だけのChatGPTを作ろう!ノーコードで簡単に開発できる方法と実例を紹介【後編】
  • プロンプトの送信回数20回
  • 使用したモデル:Microsoft Copilot、ChatGPT、Claude 3
  • Microsoft Copilotは旧Bing Chatのことを指し、Microsoft Copilot for Microsoft 365とは異なります。

AIとデジタルイノベーションでビジネスを変える時が来ました。
私たちと一緒に、効果的なマーケティングとDXの実現を目指しませんか?
弊社では、生成AI開発やバーチャルインフルエンサーの運用について無料相談を承っております。
お打ち合わせではなくチャットでのご相談もお待ちしております。

目次

前回までのまとめ

 実際に作成したGPTs

「Knowledge」と「Actions」機能について

 Knowledge

 Actions

GPTsを作成するときのヘルプGPTs

AIによるまとめ

この記事は、AI(人工知能)によって生成されたものです。
内容は専門家による監修や校正を経ておらず、AIの現在の能力と知識ベースに基づいています。
したがって、記事の内容には限界があり、専門的な意見や最新の情報を代替するものではありません。
読者は、この記事を参考の一つとして用いることを推奨し、必要に応じて専門家の意見を求めることをお勧めします。
以下から、AIライターの執筆が始まります。

前回までのまとめ

GPTsで自分だけのChatGPTを作ろう!ノーコードで簡単に開発できる方法と実例を紹介【前編】
GPTsとは、GPTを特化型にカスタマイズできるサービスです。GPTsを使えば、ノーコードで自分の業務に合わせたチャットボットを作成することができます。また、GPTsは、言語化能力やコードの知識がなくてもGPTの普及を進行してくれる存在です。 このブログ記事では、GPTsの特徴や使い方、活用例を徹底的に解説します。GPTsを使って、社内全体の業務効率化を推進していきましょう。【前編】

GPTsを使いこなす際に直面する課題はいくつかありますが、主要な点は3つです。

  • 技術的な知識が不足していると、GPTsのカスタマイズや効果的な活用が難しい
  • 明確な目的の欠如も課題で、どのようにGPTsを自分のニーズに合わせて活用すればいいかを見極めるのが一苦労
  • さらに、外部APIとの連携の複雑さも、初心者にとっては大きなハードルとなり得る

しかしながら、GPTsを用いた業務効率化の重要性は非常に大きく、その理由は三つあります。

  • GPTsは多様な業務プロセスに適用可能
  • 言語化能力と学習意欲がある人には特に有効
  • また、非技術者でも理解しやすいインターフェースが提供されており、カスタマイズの容易さも魅力の一つ

これらの特徴を活かすことで、ユーザーは自分のニーズに合ったカスタムGPTを作成し、様々なシナリオで利用することが可能になります。

POINT
GPTsのポテンシャルを最大限に引き出し、業務効率化を実現するためには、これらの課題を克服し、GPTsの多彩な機能を活用することが重要です。

実際に作成したGPTs

左側アイコン
AI Lab

担当者はGPTにプロンプトを送付して回答をコピペしただけで完成したGPTsです。普通に活用できるので驚いています。

ChatGPT - RealTime News Curator GPT
リアルタイムニュースキュレーションGPTは、指定されたトピックやキーワードに基づいてインターネット上から最新のニュース記事を収集し、要約してユーザーに提供するAIです。

Web Browsing機能を活かして作成したGPTsです。リアルタイムでニュース情報を収集してくれるので多忙な時や他業界のニュースの情報収集には最適なGPTsです。

ChatGPT - IconGenius GPT
IconGenius GPTは、ユーザーが指定したテーマやスタイルに基づいてフリーアイコンを生成するAIシステムです。簡潔な指示でプロフェッショナルなアイコンセットを即座に作成します。

DALL-E3 Image Generation機能に特化したGPTsです。スライドやSNSの投稿素材で使いたいフリー素材のアイコン画像を背景透過できる状態で生成してくれます。不要なことは話さず画像のみを生成し、修正も容易に可能です。

ChatGPT - CSS-to-HTML コンバータGPT
CSS-to-HTML Converter GPTは、与えられたCSSスタイルを解析し、対応するHTML要素に適用するマークアップを生成するAIツールです。このGPTは、CSSコードから直感的にHTML構造を生成し、ウェブ開発の効率化を支援します。

Code Interpreter機能を活用して非技術者や業務効率化のために活用できるCSSからHTMLに変更してくれるGPTsです。メンション機能で呼び出すことも可能なので試してみてください。

左側アイコン
AI Lab

ここまでで前回の内容は終えて、次は「Knowledge」と「Actions」機能の内容を踏まえてよりご自身の業務に特化したGPTsの作成ができるようにご紹介していきます。

「Knowledge」と「Actions」機能について

GPTsの特定の機能(Knowledge、Actions)、認証方法、およびAPIの統合に焦点を当て、2024年2月現在の情報を基に解説します。

Knowledge

GPTsの「Knowledge」機能は、特定の分野やトピックに関する詳細な情報を組み込むことで、AIがより精確で専門的な回答を提供できるようにする機能です。この機能を活用することで、AIは与えられたテキストデータやファイルから知識を学習し、その知識を基にユーザーの質問に回答します。ビジネスマンが利用する際の具体的な例としては、市場分析レポートの自動要約が挙げられます。

左側アイコン
AI Lab

GPTsのknowledgeにあげる上でファイルやデータの形式は何が良いでしょうか?

1 テキストデータ

  • プレーンテキスト(.txt): シンプルなテキストファイルは、ほとんどの自然言語処理タスクで広く使用されています。これらは、AIが解析しやすく、追加の処理を必要としない場合が多いです。
  • JSON(.json): JavaScript Object Notationは、属性-値ペアや配列データ形式でデータを格納するための軽量フォーマットです。これは、構造化されたデータを扱う際に有用で、多くのプログラミング言語で容易に扱うことができます。
  • CSV(.csv): コンマ区切り値は、表形式のデータを保存するためのシンプルな形式です。これは、データが行と列の形式で整理されている場合に適しています。

2 リッチテキストデータ

  • HTMLファイル(.html): ウェブページのコンテンツを記述するために使用されるマークアップ言語。HTMLファイルからテキストを抽出することは可能ですが、余計なマークアップを取り除くための追加処理が必要になる場合があります。
  • PDFファイル(.pdf): ポータブルドキュメントフォーマットは、フォーマットが維持された状態で文書を表示するために広く使用されています。テキストの抽出は可能ですが、フォーマットや画像が含まれている場合は処理が複雑になることがあります。

3 コードとマークアップ言語

  • XMLファイル(.xml): 拡張可能マークアップ言語は、特にデータの構造と意味を記述するのに適したマークアップ言語です。
  • Markdownファイル(.md): テキストベースのマークアップ言語で、シンプルな注釈が可能で、読みやすい形式を保ちつつ、スタイリングが施された文書を作成できます。

4 プログラミング言語関連

  • ソースコード(.py, .js, .javaなど): プログラミング言語で書かれたソースコードは、特定のコーディングパターンやアルゴリズムに関する知識をAIモデルに提供するのに役立ちます。

これらのファイル形式は、GPTsが読み取りやすく、知識を組み込むためのデータとして適しています。しかし、最終的には、どのデータ形式を使用するかは、対象となるタスク、データの内容、および特定のユースケースの要件に依存します。

詳細や最新の情報は、OpenAI公式ドキュメントを参照してください。

POINT
Knowledge機能は、特定のファイルやデータセットから学習して、その知識をベースにユーザーの問い合わせに応答する能力をAIに付与することを目的としています。したがって、そのポテンシャルを最大限に発揮するためには、より専門的な知識が必要なシナリオでの利用が適切です。

Knowledge機能に最適なGPTsの特性

1 専門性が高い

特定の専門分野に関する詳細な知識を必要とするタスクに適用されるGPTsは、Knowledge機能の強力な側面を示すのに最適です。例えば、法律相談GPTや医療相談GPTなど、専門的な知識を活用して具体的なアドバイスを提供するシステムです。

2 カスタマイズ可能性

ユーザーが特定のニーズに合わせてカスタマイズできるGPTsは、Knowledge機能の適応性と柔軟性を示す良い例です。ユーザーは独自のデータセットをアップロードすることで、GPTに特定のトピックや業界に関する深い理解を持たせることができます。

3 データ駆動型の応答

ユーザーからの質問に対して、アップロードされたデータに基づいて詳細な回答を生成するGPTsは、Knowledge機能がいかに有効に活用できるかを示します。このタイプのGPTは、具体的な事実、データ、統計に基づいた回答を提供することで、信頼性と正確性を高めます。

GPTsの具体的な例

knowledge機能を用いることで作成ができるGPTsには以下のようなものがあります。

FAQオートレスポンダーGPT

企業やサービスに関するよくある質問(FAQ)に自動的に答えることを目的としています。データ量が少なく、特定のFAQリストに基づいてユーザーからの問い合わせに対応するため、セットアップが簡単であり、ブログ記事での紹介に最適です。

特徴

  • 事前に定義されたFAQリストから情報を学習し、質問に対する即座の回答を提供します。
  • ユーザーインタラクションに基づいて継続的に学習し、回答の精度を向上させます。
  • 小規模なデータセットで効率的に機能し、簡単に更新やカスタマイズが可能です。

短いプレスリリース生成GPT

ユーザーが入力した基本情報から短いプレスリリースを生成することを目的としています。企業の新製品発表やイベント告知など、短くて具体的な内容の文書を自動的に作成します。

特徴

  • 製品の特徴、イベントの詳細、企業の情報など、ユーザーから提供された情報からプレスリリースを生成します。
  • プレスリリースのフォーマットに従って、簡潔でわかりやすい内容を自動生成します。
  • 更新が容易で、さまざまなシナリオに合わせてカスタマイズ可能です。

Actions

ChatGPTの「Actions」機能は、特定のタスクを実行するためにカスタマイズ可能なGPTモデルを作成することを可能にする拡張機能です。この機能を使用すると、開発者はGPT(Generative Pre-trained Transformer)をカスタマイズして、特定のアクションや応答を生成するように指示することができます。これにより、モデルの応答を特定の用途やビジネスの要件に合わせて最適化できます。

左側アイコン
AI Lab

「Actions」機能を活用することで具体的に何ができるようになるのでしょうか?

1 特定のタスクの自動化

ユーザーからの特定のプロンプトやコマンドに応じて、予約のスケジューリング、データの検索、情報の要約などの特定のタスクを自動的に実行します。

2 カスタム応答の生成

標準的な対話応答から一歩進んで、特定のフォーマットやスタイルに従ったカスタマイズされたテキスト応答を生成します。これは、特定の業界や用途に合わせた専門的な応答が必要な場合に特に有用です。

3 API統合

外部APIとの連携を通じて、リアルタイムのデータ取得やサービスの操作などを行うことができます。例えば、天気情報の取得、ストックフォトの検索、データベースへの問い合わせなどが可能です。

4 カスタムデータベースとの統合

特定のデータベースや知識ベースと連携して、ユーザーからの質問に対して正確で詳細な情報を提供します。

5 インタラクティブな体験の提供

ユーザーとの対話中に情報を収集し、それを基に決定を下す、インタラクティブなフローを作成します。これにより、フォームの記入、フィードバックの収集、カスタマイズされたレコメンデーションの提供などが可能になります。

補足

APIは、Application Programming Interface(アプリケーションプログラミングインターフェース)の略です。簡単に言えば、APIは、異なるソフトウェアやシステム間でデータや機能をやり取りするための一連のルールや規約のことです。

APIを使うことで、開発者は自分のアプリケーションから他のソフトウェアやサービスの機能を利用できます。例えば、天気予報アプリを作るとき、開発者は気象データを提供している別の会社のAPIを使って、その会社から天気データを取得し、自分のアプリで表示することができます。

左側アイコン
AI Lab

無料で利用できるAPIは多数ありますが、その中でもよく知られているものをいくつか紹介します。

  1. OpenWeatherMap API: 世界中の都市の現在の天気情報や予報を取得できます。無料プランでは、1日あたり60回のAPIコールが可能です。
  2. NASA API: NASAが提供する様々な宇宙関連のデータにアクセスできます。例えば、天文画像、火星の気象データ、小惑星の情報などを取得できます。
  3. NewsAPI: 世界中のニュースソースから記事を検索・取得できるAPIです。無料プランでは、1月あたり500回のリクエストが可能です。
  4. The Movie Database (TMDb) API: 映画やテレビ番組の情報を取得できます。無料プランでは、1日あたり500回のリクエストが可能です。
  5. Unsplash API: 高品質のロイヤリティフリー画像を検索・取得できます。無料プランでは、1時間あたり50回のリクエストが可能です。
  6. Giphy API: GIF画像を検索・取得できます。無料プランでは、1日あたり1,000回のリクエストが可能です。
  7. ExchangeRate-API: 世界各国の為替レートを取得できます。無料プランでは、1月あたり250回のリクエストが可能です。
  8. Joke API: プログラミング関連のジョークを取得できます。完全無料で利用できます。
  9. Pokémon API: ポケモンの情報を取得できます。完全無料で利用できます。
  10. GitHub API: GitHubのリポジトリ、ユーザー、イシューなどの情報を取得できます。認証不要のエンドポイントは無料で利用できます。

これらは一例ですが、他にも多くの無料で利用できるAPIがあります。APIプロバイダーのウェブサイトや、APIディレクトリサイト(例:RapidAPIPublic APIs)で探すことができます。

GPTsの具体的な例

予約システムGPT

このGPTは、ユーザーからの入力に基づいてレストランやイベントの予約を自動的に処理します。ユーザーが希望する日時、人数、場所を指定すると、GPTは利用可能なオプションを確認し、予約を完了させるための手順を案内します。また、特定の予約ルールやポリシーを組み込むことで、適切なスロットが選択されるようにします。

Authentication

予約システムにアクセスするためには、適切な認証メカニズムが必要です。このセクションでは、APIやシステムが要求する認証タイプ(例えば、APIキー、OAuthトークン、ベーシック認証等)を指定します。具体的には:

  • APIキー: システムがAPIキーに基づく認証を要求する場合、ユーザーはAPIキーを入力してアクセス権を得る必要があります。
  • OAuthトークン: よりセキュアな認証が必要な場合、OAuthを介してトークンを生成し、そのトークンを使用してAPIエンドポイントにアクセスします。
  • ベーシック認証: ユーザー名とパスワードを用いたシンプルな認証方法も選択肢として考えられます。

Schema

このセクションでは、予約データの構造を定義します。具体的には、ユーザーから受け取る情報(日時、人数、場所など)とシステムが返すべきレスポンスの形式を定義します。例えば:

  • リクエストスキーマ:
    • date: 予約日(例:2023-12-25)
    • time: 予約時間(例:18:00)
    • people: 人数(例:2)
    • location: 場所またはレストラン名(例:'Gourmet Bistro')
  • レスポンススキーマ:
    • confirmationNumber: 予約確認番号(例:123456)
    • status: 予約状態(例:'confirmed')

Privacy Policy

このセクションでは、ユーザーから収集するデータの取り扱いに関するプライバシーポリシーを明確にします。予約システムGPTがユーザー情報をどのように使用し、どのように保護するかを詳細に説明する必要があります。ポイントとしては:

  • データ収集と使用: 予約のためにどのようなユーザーデータを収集し、何に使用するか(例:予約処理、通知送信)。
  • データ共有と開示: 第三者とデータを共有する場合の条件や、どのような状況下でデータが開示される可能性があるか。
  • データ保護: ユーザーデータを保護するためにどのようなセキュリティ対策が講じられているか。

これらのセクションを正確に設定することで、ユーザーに安全で信頼性の高いサービスを提供し、同時に適切なデータ保護基準を満たすことができます。

テクニカルサポートGPT

このGPTは、特定の製品やソフトウェアに関する技術的な質問に対応するために設計されています。ユーザーからの問い合わせに対して、製品マニュアルやトラブルシューティングガイドに基づいた詳細なカスタム応答を生成します。応答は、ユーザーが直面している問題を解決するための具体的なステップや推奨事項を含んでいます。

Authentication

テクニカルサポートGPTが製品のデータベースや内部システムにアクセスする必要がある場合、適切な認証方法を設定する必要があります。この認証は、システムが安全にデータを取り扱い、不正アクセスを防ぐために重要です。考慮すべき認証方法には以下が含まれます:

  • APIキー: システムがAPIキーを要求する場合、GPTはこのキーを使用してAPIエンドポイントに安全にアクセスできるように設定されるべきです。
  • OAuth: もしOAuth認証が必要な場合、GPTは特定のユーザー認証を得て、アクセストークンを使用して情報にアクセスできるように設定する必要があります。
  • JWT(JSON Web Tokens): セキュリティが重視される環境では、JWTを使用してユーザーのセッションを認証することが考えられます。

Schema

テクニカルサポートGPTが処理するデータの構造を定義するスキーマは、ユーザーから受け取った質問やシステムからの応答をどのように扱うかを明確にします。具体的には:

  • リクエストスキーマ:
    • question: ユーザーからの技術的な質問(例:文字列)
    • productID: 製品を特定するためのID(例:文字列や数値)
  • レスポンススキーマ:
    • answer: 問題解決のためのガイドまたは説明(例:文字列)
    • steps: 問題解決のためのステップバイステップガイド(例:文字列のリスト)
    • references: 参照するためのドキュメントやリンク(例:URLのリスト)

Privacy Policy

テクニカルサポートGPTがユーザーから情報を収集する場合、そのデータの取り扱いに関するプライバシーポリシーを明確にする必要があります。このポリシーには以下の内容が含まれるべきです:

  • データ収集: GPTがユーザーから収集するデータの種類と収集の目的。
  • データ使用: 収集したデータがどのように使用されるか(例:問題解決、ユーザーサポートの改善)。
  • データ共有: ユーザーデータが第三者と共有される条件(例:共有しない、または特定のパートナーとのみ共有)。
  • ユーザーの権利: ユーザーが自分のデータに対して持つ権利(例:アクセス権、削除要求権)。

これらの要素を正確に定義し設定することで、テクニカルサポートGPTはユーザーからの技術的な質問に対して効果的かつ安全に対応することができます。同時に、ユーザーのデータプライバシーを尊重し保護することが保証されます。

リアルタイム天気情報GPT

このGPTは、外部の天気予報APIに接続し、ユーザーが現在地や特定の都市の最新の天気情報をリクエストしたときに、リアルタイムのデータを取得して応答します。ユーザーからの地域指定に応じて、その場所の現在の天候、予報、温度などの情報を提供します。

Authentication

リアルタイム天気情報GPTが外部の天気予報APIに接続する際に必要な認証情報を指定します。多くの天気APIでは、安全なデータアクセスを保証するためにAPIキーやOAuthトークンが必要です。具体的には:

  • APIキー: APIプロバイダーから提供された固有のキーを使用して、リクエストに認証情報を付加します。これにより、APIは正当なリクエストを識別し、アクセスを許可できます。
  • OAuthトークン: より高度な認証が必要な場合、OAuthを用いてAPIとのセキュアなセッションを確立します。ユーザー認証後、トークンが発行され、APIリクエストに使用されます。

Schema

GPTがユーザーから受け取るクエリとAPIから受け取る天気データの形式を定義するスキーマです。具体的には:

  • リクエストスキーマ: ユーザーが提供する情報(例:都市名、郵便番号)を定義し、APIがこれらの情報に基づいて天気情報を提供できるようにします。
    • city: 都市名(例:文字列型)
    • postalCode: 郵便番号(例:文字列型または整数型)
  • レスポンススキーマ: APIから得られる天気情報のデータ構造を定義します。
    • temperature: 温度(例:数値型、単位付き)
    • weatherCondition: 天候状態(例:文字列型、例:"晴れ"、"曇り")
    • humidity: 湿度(例:数値型、パーセンテージ)

Privacy Policy

GPTがユーザーから収集したデータやAPIを通じて得られた情報の取り扱いに関するポリシーです。具体的には:

  • データ収集: GPTがどのようなユーザー情報を収集し、なぜそれが必要なのかを説明します(例:天気情報を提供するために地域情報を収集)。
  • データ使用: 収集したデータがどのように使用されるか明確にします(例:ユーザーが指定した場所の天気情報を取得するため)。
  • データ共有: 収集したデータが第三者と共有される可能性がある場合、その条件を明記します(例:データは共有されず、APIリクエストのためだけに使用される)。
  • データ保護: ユーザーデータのセキュリティとプライバシーを保護するための措置について説明します(例:データは暗号化され、不正アクセスから保護される)。
左側アイコン
AI Lab

これらのGPTsもGPTと対話することでスムーズに作成することが可能です。

GPTsを作成するときのヘルプGPTs

Actions機能はAPIを使用したり、各種機能で様々な設定項目があったりとGPTs作成に対してまだハードルを感じている方におすすめのGPTsもご紹介いたします。

ChatGPT - ActionsGPT
Helps you create OpenAPI specifications from documentation, code examples, cURL commands, or just a description of how to use an API.

Actions機能について質問すると回答を得られるGPTs。(日本語も対応可能)

ChatGPT - OpenAI公式ヘルプ
OpenAIの公式情報に基づいて、APIを活用した開発をサポートします

GPTs全体についてヘルプサポートをしてくれるGPTs。

左側アイコン
AI Lab

不明点は不明点にせずにGPTにまず聞いてそれから相談する習慣を持つことでAIに対する心理的ハードルも低下します。

AIによるまとめ

GPTsの進化は、特に「Knowledge」機能と「Action」機能の統合によって、AIの応用範囲を大幅に拡大しました。これにより、ChatGPTは単なるテキストベースの応答生成から、深い知識を活用した洞察提供や、ウェブ上での具体的なアクション実行へと進化を遂げています。

「Knowledge」機能によって、ChatGPTは特定のドメインや分野における専門的な知識を取り込み、より精度の高い情報提供が可能になります。これは、ビジネスの意思決定支援、学術研究、技術的な問題解決など、多岐にわたるシナリオで価値を提供します。

一方、「Action」機能により、ChatGPTはユーザーの指示に基づいてウェブ上で実際のタスクを実行できるようになります。これにより、情報の検索、予約の手配、データの収集といった活動が自動化され、ユーザーの効率性と生産性が向上します。

組み合わせることで、これらの機能はChatGPTを、単に情報を提供するツールから、アクティブなアシスタントへと変貌させています。これは、業務の自動化、情報アクセスの改善、さらには新しい形のインタラクティブなエンターテインメントの創出へとつながる可能性を秘めています。

将来的には、これらの機能がさらに進化し、個人の生活だけでなく、企業運営、教育、医療など、社会のさまざまなセクターに革新をもたらすことが期待されています。ChatGPTとそのGPTs機能は、情報技術の利用方法を再定義し、私たちの働き方、学び方、さらにはコミュニケーションの取り方に革命をもたらすことでしょう。

最後に

弊社では、AIを活用したマーケティングやDXのご相談を承っておりますので、ご興味がある方はぜひご連絡ください。

公式LINEでも随時、生成AIのトレンドや活用方法について発信しています。

Read more

LMSYSを活用して最先端のAI研究を加速しよう

LMSYSを活用して最先端のAI研究を加速しよう

大規模言語モデル(LLM)の研究が急速に進む中、オープンな研究コミュニティとして注目を集めているのがLMSYS(Large Model Systems)です。LMSYSは、最先端のLLM研究を推進し、その成果を広く社会に還元することを目的とした非営利団体です。 Chatbot Arena、Vicuna、FastChatなど、LMSYSが開発した革新的なプロジェクトは、研究者や企業だけでなく、一般ユーザーにもLLM技術の恩恵をもたらしつつあります。本記事では、LMSYSの主要プロジェクトを紹介し、それらを企業や個人が活用する方法について探っていきます。

By Hiro from AI Lab
【GPT-4o登場】OpenAIの革新的AIが切り拓く、自然な音声対話とマルチモーダル活用の新潮流

【GPT-4o登場】OpenAIの革新的AIが切り拓く、自然な音声対話とマルチモーダル活用の新潮流

人工知能の分野で常に革新的な技術を生み出してきたOpenAIが、今度は新たなフラグシップモデル「GPT-4o」を発表しました。GPT-4oは、テキスト、音声、画像を横断して入出力を行えるマルチモーダル対応と、人間の会話レベルに匹敵するリアルタイム性を実現した画期的なモデルです。 この記事では、GPT-4oの機能や特徴、利用シーンなどについて、デモの様子や評価結果を交えながら詳しく解説していきます。OpenAIのCEO、サムアルトマンの言葉からも、GPT-4oへの期待の大きさが伺えます。人工知能とのインタラクションを一変させる可能性を秘めたGPT-4oの全容に迫ります。

By Hiro from AI Lab
LINEで相談