GPTsで自分だけのChatGPTを作ろう!ノーコードで簡単に開発できる方法と実例を紹介【前編】

GPTsとは、GPTを特化型にカスタマイズできるサービスです。GPTsを使えば、ノーコードで自分の業務に合わせたチャットボットを作成することができます。また、GPTsは、言語化能力やコードの知識がなくてもGPTの普及を進行してくれる存在です。 このブログ記事では、GPTsの特徴や使い方、活用例を徹底的に解説します。GPTsを使って、社内全体の業務効率化を推進していきましょう。【前編】

GPTsで自分だけのChatGPTを作ろう!ノーコードで簡単に開発できる方法と実例を紹介【前編】
  • プロンプトの送信回数20回
  • 使用したモデル:Microsoft Copilot、ChatGPT
  • Microsoft Copilotは旧Bing Chatのことを指し、Microsoft Copilot for Microsoft 365とは異なります。

AIとデジタルイノベーションでビジネスを変える時が来ました。
私たちと一緒に、効果的なマーケティングとDXの実現を目指しませんか?
弊社では、生成AI開発やバーチャルインフルエンサーの運用について無料相談を承っております。
お打ち合わせではなくチャットでのご相談もお待ちしております。

目次

ユーザーがGPTs作成時に直面する課題

GPTsが業務効率化に重要な理由

GPTsの各種機能の解説

 Web Browsing

 DALL-E3 Image Generation

 Code Interpreter

この記事は、AI(人工知能)によって生成されたものです。
内容は専門家による監修や校正を経ておらず、AIの現在の能力と知識ベースに基づいています。
したがって、記事の内容には限界があり、専門的な意見や最新の情報を代替するものではありません。
読者は、この記事を参考の一つとして用いることを推奨し、必要に応じて専門家の意見を求めることをお勧めします。
以下から、AIライターの執筆が始まります。

ユーザーがGPTs作成時に直面する課題

GPTsを作成する際にユーザーが直面する共通の課題として、次の点が挙げられます。

1 技術的な知識の不足

GPTsをカスタマイズする際、特にプログラミングやAIに関する深い知識がないユーザーは、どのようにして始めればいいのか、どの機能をどのように活用すれば良いのかについて戸惑うことがあります。ノーコードでの開発が可能であるとはいえ、どのような機能が利用可能で、それをどのように組み合わせれば目的を達成できるのかを理解するのは簡単ではありません。

2 具体的な目的の定義

「何を作りたいか」という明確なビジョンの欠如も大きな課題です。ユーザーは、GPTsの可能性を理解しつつも、それを自分の具体的なニーズにどう落とし込むかで困ることが多いです。例えば、業務自動化や趣味の領域で利用したいと考えても、どのようなGPTを作れば効果的なのか、どのような機能が必要なのかを具体化するのが難しいです。

3 外部APIとの連携の複雑さ

外部APIとの連携は、GPTsの強力な機能の一つですが、どのAPIが利用可能で、どのようにしてGPTsに統合すれば良いのかについては、初心者にとっては特に難しい課題です。APIの選択から設定、連携のテストまで、一連のプロセスを理解し、適切に実装するには、ある程度の技術的な知識と経験が必要になります。

左側アイコン
Mia

結局GPTsって便利って理解しているし、他の方が作成したものを利用したことはあるけど、自分が作成してみようとはならないんですよね...

右側アイコン
AI Lab

作成するハードルは高いですね...!
アウトプットイメージを意識しながら作成するのが難しいという意見や結局は通常のチャットで済ませてしまう実体験も多く見受けられます。

GPTsを用いた業務効率化が重要な理由

以下は、GPTsを用いた業務効率化が重要な理由です。

1 多様な業務プロセスへの適用可能性

GPTの進化したバージョンであるGPTsは、様々な業務プロセスにカスタマイズして適用することが可能です。これにより、企業は特定のニーズに合わせてGPTsを調整し、業務の効率化を実現することができます。

2 言語化能力と学習意欲のある人への適性

GPTsは、言語化が得意な人や新しい知識を積極的に取り入れる意欲が高い人にとって特に有効です。これらの能力を持つ従業員は、GPTsを活用して業務プロセスを効率化し、創造的な作業により多くの時間を割くことができるようになります。

3 カスタマイズの容易性とアクセシビリティ

GPTsは、非技術者でも理解しやすいインターフェースを提供することが多く、カスタマイズが容易です。これにより、企業は従業員全員がGPTsを効果的に使用できるようにすることができ、業務の自動化と効率化を一層促進することが可能になります。

これらの点を踏まえ、GPTsを用いた業務効率化は、単に業務プロセスを自動化するだけではなく、従業員の能力を最大限に引き出し、企業全体の生産性を向上させるための戦略的アプローチとなります。

左側アイコン
AI Lab

GPTsの機能を最大限に活用することで、ユーザーは自分のニーズに合わせたカスタムGPTを作成し、多様なシナリオで利用することが可能です。

GPTsの各種機能についての解説

左側アイコン
AI Lab

以前の記事でGPTsの作成方法とGPTsについてご紹介いたしましたが、今回はより機能の詳細を深掘りし実際にGPTsを作成していきます。

【OpenAI】GPTsとGPTs Storeの魅力と活用法を徹底解説!【前半】
今回は、OpenAIがリリースしたGPTsとGPTs Storeについて、詳しくご紹介したいと思います。 GPTsとは、ChatGPTを目的に合わせてカスタマイズできるサービスで、GPTs Storeとは、GPTsを公開して収益化できるストアです。 GPTsとGPTs Storeは、2024年1月に正式にオープンし、話題を集めています。 * プロンプトの送信回数:3回 * 使用したモデル:Microsoft Copilot * Microsoft Copilotは旧Bing Chatのことを指し、Microsoft Copilot for Microsoft 365とは異なります。 AIとデジタルイノベーションでビジネスを変える時が来ました。 私たちと一緒に、効果的なマーケティングとDXの実現を目指しませんか? 弊社では、生成AI開発やバーチャルインフルエンサーの運用について無料相談を承っております。 お打ち合わせではなくチャットでのご相談もお待ちしております。 公式LINEはこちらから この記事で

Web Browsing

GPTがリアルタイムでインターネットを閲覧し、最新の情報やデータを収集する能力を指します。この機能により、GPTは最新のニュース記事、研究論文、ブログ投稿、およびその他のインターネットリソースから情報を取得し、ユーザーの質問に対するより正確で現在の回答を提供することが可能になります。Web Browsingは、特定のデータや事実に関するクエリに対して最新の情報を反映するために特に有用です。

POINT
通常のChatGPTのトークでは働かないケースもあるので、インターネットを検索して出力してもらう上では便利な機能です。
左側アイコン
AI Lab

試しに「Web Browsing」機能を活用したGPTsを作成してみましょう!

リアルタイムニュースキュレーションGPT

このGPTは、特定のキーワードやトピックに基づいてインターネット上から最新のニュースを検索し、その要約や重要なポイントをユーザーに提供します。例えば、経済、科学、テクノロジー、スポーツなど、ユーザーが興味を持つ任意の分野に関する最新情報を提供することができます。

機能:

  • リアルタイム情報収集: ユーザーが指定したトピックやキーワードに関連する最新のニュース記事やブログ投稿をインターネットから収集します。
  • 情報の要約: 収集した記事や情報から重要なポイントを抽出し、簡潔な要約としてユーザーに提供します。
  • 情報のカテゴリ分類: 収集したニュースを事前定義されたカテゴリやユーザーの興味に基づいて分類し、整理された形で情報を提示します。
  • リアルタイムアップデート: 定期的に情報を更新し、常に最新のニュースをユーザーに提供します。

利用シナリオ:

  • 市場分析: ビジネスマンが市場のトレンドや競合の動向に関する最新情報を迅速に入手したい場合に利用します。
  • 研究支援: 研究者や学生が特定の学術分野における最新の研究成果やニュースを集めたい場合に活用します。
  • 趣味の情報収集: 特定の趣味や興味のあるトピックに関する最新情報を継続的に収集したい個人が利用します。
Configure(設定)画面
回答画面
左側アイコン
AI Lab

正しい情報を出力してくれていますね!GPTの回答をコピペして作成するだけでこのレベルのGPTsが3〜5分ほどで作成できます。
回答フォーマット等を「Instructions」に組み込むことでより自分にマッチしたGPTsの作成もできます。

ChatGPT - RealTime News Curator GPT
リアルタイムニュースキュレーションGPTは、指定されたトピックやキーワードに基づいてインターネット上から最新のニュース記事を収集し、要約してユーザーに提供するAIです。

DALL-E3 Image Generation

DALL-E3は、テキストの説明から新しい画像を生成する能力を持つAIです。この機能をGPTと組み合わせることで、ユーザーが提供したテキスト記述に基づいて具体的なビジュアルコンテンツを作成することができます。例えば、「夕日の下でピアノを弾く猫」のような特定のシナリオに対して、該当する画像を生成することが可能です。

DALL-E3を活用することで、クリエイティブなプロジェクト、ビジュアルコンテンツの生成、アイデアの視覚化など幅広い用途に応用できます。

POINT
Soraに代わる可能性もありますが、DALL-E3の豊富な画像生成機能を扱うことができます。
左側アイコン
AI Lab

DALL-E3を活用した画像生成に関するGPTsを作成してみます。

フリーアイコン生成GPT

このGPTは、プレゼンテーションやドキュメントに適したカスタマイズ可能なフリーアイコンを生成します。ユーザーはテーマ、色、スタイルなどの要件を指定し、GPTはそれに応じたアイコンセットを提供します。

特徴

  • カスタマイズ性: ユーザーはアイコンの形状、色、スタイルを指定でき、ニーズに合わせたデザインを作成できます。
  • 多様なテーマ対応: ビジネス、教育、健康、テクノロジーなど、さまざまなカテゴリのアイコンを生成できます。
  • 高品質なビジュアル: DALL-E3の高度な画像生成能力により、プロフェッショナルで洗練されたアイコンを提供します。
  • 迅速な生成: 短時間で複数のアイコンを生成し、プロジェクトの迅速な進行をサポートします。

利用シナリオ

  • プレゼンテーション資料の作成: 会議やセミナーのスライドに適したアイコンを迅速に生成し、視覚的なインパクトを高めます。
  • ウェブサイトデザイン: ウェブサイトやアプリのUIデザインに必要なアイコンをカスタマイズして生成します。
  • マーケティング資料: ブローシャーやポスター、SNSの投稿用に、ブランドに合わせたアイコンを作成します。
Configure(設定)画面
回答画面
修正後の回答。背景透過画像への変更と修正するかの希望を聞くような設定に変更。
左側アイコン
AI Lab

画像生成時は基本的に画像だけが出力されるように設定したいので、「Instructions」の設定に入るようにGPTに指示しています。
スライド等でアイコン画像が欲しい時にすぐに生成できるように作成したGPTsです。

ChatGPT - IconGenius GPT
IconGenius GPTは、ユーザーが指定したテーマやスタイルに基づいてフリーアイコンを生成するAIシステムです。簡潔な指示でプロフェッショナルなアイコンセットを即座に作成します。

Code Interpreter

Code Interpreter機能は、GPTがプログラミングコードを解釈し、実行する能力を指します。この能力により、GPTはプログラミング言語で書かれたコードの理解、解析、そして特定のタスクの実行が可能になります。例えば、PythonやJavaScriptなどのコードスニペットを受け取り、そのコードの動作をシミュレートすることができます。また、バグの特定やコードの最適化提案など、プログラミングに関連する多様な支援を提供することが可能です。

POINT
プログラミングに関するユーザーの問題を解決するために設計され、コードの解析、バグの特定、修正提案をリアルタイムで行うGPTも作成可能です。
左側アイコン
AI Lab

Code Interpreterを非技術者の方でも利用できるようなGPTsを簡単に作成してみましょう。

CSS-to-HTMLコンバータGPT

このGPTは、特定のCSSファイルを解析し、それに対応するHTML要素を生成することに特化しています。ユーザーがCSSスタイルを入力すると、GPTはそれを読み取り、適切なHTMLマークアップを作成して、スタイルが適用されたWebページの構造を提示します。

特徴

  • CSS解析: 入力されたCSSファイルまたはスタイル定義を詳細に解析し、どのスタイルがどのHTML要素に適用されるべきかを判断します。
  • HTML生成: 解析したCSSに基づき、対応するHTML要素を生成し、スタイルが正しく適用されるようにマークアップします。
  • 互換性確認: 生成されたHTMLが様々なブラウザやデバイスで正しく表示されるように、互換性を考慮したコードを生成します。
  • 最適化と標準化: HTMLコードが最新のウェブ標準に準拠していることを保証し、SEOにも配慮した構造を提供します。

利用シナリオ

  • Web開発支援: Web開発者がデザインのプロトタイプを素早くコーディングする際に、手間を省き効率化を図れます。
  • 教育目的: HTMLとCSSの関係を学ぶ学生や初学者が、CSSスタイルとそれに対応するHTMLの関係を理解できます。
  • 非技術者のWeb作成支援: デザインの知識はあるが、コーディングスキルが乏しいユーザーが、自分のデザインをWebページに簡単に変換できます。
  • HTML生成: 解析したCSSに基づき、対応するHTML要素を生成し、スタイルが正しく適用されるようにマークアップします。
  • 互換性確認: 生成されたHTMLが様々なブラウザやデバイスで正しく表示されるように、互換性を考慮したコードを生成します。
  • 最適化と標準化: HTMLコードが最新のウェブ標準に準拠していることを保証し、SEOにも配慮した構造を提供します。
Configure(設定)画面
回答画面。CSSファイルをHTMLに変換してくれています。
左側アイコン
AI Lab

他にもコードスニペット生成・解説アシスタントGPT等を作れる機能で非常に有効活用が可能です。

ChatGPT - CSS-to-HTML コンバータGPT
CSS-to-HTML Converter GPTは、与えられたCSSスタイルを解析し、対応するHTML要素に適用するマークアップを生成するAIツールです。このGPTは、CSSコードから直感的にHTML構造を生成し、ウェブ開発の効率化を支援します。

前編のまとめ

今回の記事はGPTsの基本機能となる3つを中心に紹介しました。GPTsのリンクを添付しているので実際に活用してみてください。

次回の記事では、その他の機能の紹介とより発展したGPTsの作成を紹介いたします。

最後に

弊社では、AIを活用したマーケティングやDXのご相談を承っておりますので、ご興味がある方はぜひご連絡ください。

公式LINEでも随時、生成AIのトレンドや活用方法について発信しています。

Read more

【AI検索エンジン「Perplexity」徹底解説】CEOのビジョンと戦略から読み解く、AIが再構築するWebの未来

【AI検索エンジン「Perplexity」徹底解説】CEOのビジョンと戦略から読み解く、AIが再構築するWebの未来

ChatGPTの登場以来、生成AIの進化は私たちの想像をはるかに超えるスピードで進んでいます。その波は、情報収集の基盤である「検索」にも押し寄せ、新たな時代を築きつつあります。 その中心にいるのが、AI検索エンジン「Perplexity」を開発した「Perplexity AI」、そしてその創業者兼CEOであるアラビンド・スリニバス氏です。 Googleが君臨する検索の世界に、なぜ今、Perplexityが登場したのか? スリニバス氏のビジョン、Perplexityの技術、そしてAIが再構築するWebの未来図を読み解いていきましょう。

By Hiro from AI Lab
AnyMind Group が放つ、データ&AI の新戦略!新プラットフォーム「AnyAI」で、ビジネスを加速する

AnyMind Group が放つ、データ&AI の新戦略!新プラットフォーム「AnyAI」で、ビジネスを加速する

こんにちは、AnyMind Group です! 今日は、私たちがワクワクしながら開発を進めてきた、全く新しいサービスについて発表します。 そのサービスとは、データ&AI 活用プラットフォーム 「AnyAI」 。 私たち AnyMind は、創業以来、テクノロジーの力で、アジアを中心に、世界中のビジネスの成長をサポートしてきました。 そして今、データと AI こそが、これからのビジネスを大きく変革させると確信し、この AnyAI を開発しました。 AnyAI は、お客様のビジネスに寄り添い、データと AI の力で、未来を創造するプラットフォームです。

By Hiro from AI Lab
【Perplexity AI最新情報】ソフトバンクユーザー必見!1年間無料で使えるAI検索エンジン

【Perplexity AI最新情報】ソフトバンクユーザー必見!1年間無料で使えるAI検索エンジン

米国の注目スタートアップPerplexityが提供する、生成AIを活用した検索エンジン「Perplexity」が遂に日本に本格上陸します。ソフトバンクとの戦略的提携により、ソフトバンク・ワイモバイル・LINEMOのユーザーであれば、通常は月額2,950円の有料版「Perplexity Pro」を1年間無料で利用できるキャンペーンがスタートしました。 今回は、ページ機能やコレクション機能、またキャンペーンについてご紹介いたします。

By Hiro from AI Lab
Contact