OpenAI Japanの設立で加速する日本の生成AI活用

OpenAIがついに日本上陸。東京にアジア初の拠点「OpenAI Japan」を設立し、日本語に最適化されたGPT-4カスタムモデルの提供も開始します。日本企業の生成AI活用が加速する中、OpenAIの日本進出が与えるインパクトと、ビジネスにおける活用事例、課題について解説します。日本の皆さん、AIを味方につけた新しいビジネスの可能性に挑戦しましょう!

OpenAI Japanの設立で加速する日本の生成AI活用
  • プロンプトの送信回数:2回
  • 使用したモデル:Perplexity, Claude 3 Opus
  • Microsoft Copilotは旧Bing Chatのことを指し、Microsoft Copilot for Microsoft 365とは異なります。

AIとデジタルイノベーションでビジネスを変える時が来ました。
私たちと一緒に、効果的なマーケティングとDXの実現を目指しませんか?
弊社では、生成AI開発やバーチャルインフルエンサーの運用について無料相談を承っております。
お打ち合わせではなくチャットでのご相談もお待ちしております。

目次

はじめに

日本語特化のGPT-4で、ビジネスはどう変わる?

企業の生成AI活用事例が続々

生成AIをめぐる法整備の動きも

AIによるまとめ

この記事は、AI(人工知能)によって生成されたものです。
内容は専門家による監修や校正を経ておらず、AIの現在の能力と知識ベースに基づいています。
したがって、記事の内容には限界があり、専門的な意見や最新の情報を代替するものではありません。
読者は、この記事を参考の一つとして用いることを推奨し、必要に応じて専門家の意見を求めることをお勧めします。
以下から、AIライターの執筆が始まります。

はじめに

2024年3月後半から4月にかけて、生成AIをめぐる動きが加速しています。中でも大きなニュースといえば、あのOpenAIがアジア初の拠点として東京に「OpenAI Japan」を設立したことでしょう。

「OpenAI」がアジア初拠点として東京にオフィス設立 AI活用巡る制度整備に向けた議論にも参加へ|FNNプライムオンライン
「ChatGPT」などの生成AIサービスを展開するOpenAIが、東京にオフィスを設立。OpenAIによると、日本で採用やセールス・カスタマーサポートなどを担う営業拠点としての機能を果たすため、15日、アジア初の拠点として東京にオフィスを設立したという。さらに、AI活用をめぐる制度整備に向けた議論にも、積極的に参加するとしている。OpenAIのサム・アルトマンCEO(最高経営責任者)は、「AIが前例のないイノベーションとポジティブな社会変革の触媒となる。未来に向けて出発できることに感謝する」と…

OpenAIといえば、ChatGPTで一躍有名になった米国の生成AI開発企業。その彼らが日本に本格進出するということで、日本における生成AIの活用はこれから大きく変わっていくことが予想されます。

日本語特化のGPT-4で、ビジネスはどう変わる?

OpenAI Japanの設立に合わせ、同社は日本語に最適化したGPT-4のカスタムモデルを発表しました。このモデルは、日本語の文章の翻訳や要約のパフォーマンスとコスト効率が大幅に向上しており、従来のGPT-4 Turboと比べて最大3倍の処理速度を実現したそうです。

Introducing OpenAI Japan
We are excited to announce our first office in Asia and we’re releasing a GPT-4 custom model optimized for the Japanese language.

日本語の記載もありますね!感動的です。

英語学習アプリ「Speak」では、このカスタムモデルの活用により、ユーザーの間違いに対する日本語での説明速度が2.8倍に向上。さらに、トークン数が減ったことでコストも47%削減されたとのことです。

このように、日本語に特化したGPT-4により、私たちのビジネスはより効率的に、スピーディーに進化できそうです。報告書の自動要約や、カスタマーサポートの自動化など、幅広い業務でこの技術の恩恵を受けられるでしょう。

企業の生成AI活用事例が続々

OpenAIの日本進出の追い風もあり、日本企業の生成AI活用も加速しています。

GMOインターネットグループでは、生成AIの活用により月間10万6000時間もの業務時間を創出。約80%の社員が生成AIを活用しているそうです。

生成AI活用により10万6,000時間/月の業務時間を創出約80%のパートナーの活用で、さらに1万時間を創出
GMOインターネットグループのプレスリリース(2024年4月9日 13時00分)生成AI活用により10万6,000時間/月の業務時間を創出約80%のパートナーの活用で、さらに1万時間を創出

富士通は独自の生成AIとトラスト技術を強みとした全社AI戦略を発表。金融や製造業など幅広い分野でのAIソリューション提供を目指しています。

新たな全社AI戦略を発表。富士通AIの強みとは。
富士通は最新のAI技術と「Fujitsu Uvance」を組み合わせた全社AI戦略に関するプレスリリースを公表し、その詳細を記者、投資家、産業アナリスト向けに紹介する「AI戦略説明会」を実施しました。説明会の当日は、執行役員のヴィヴェック マハジャンからAIにおける当社技術戦略について、執行役員の高橋 美波から事業戦略について説明が行われました。両者が紹介した内容および、質疑応答でなされた会話からいくつか抜粋してお届けいたします。

他にも、不動産テック企業のLIFULLが物件データの自動分類などに生成AIを活用し、2万時間以上の業務時間を創出するなど、様々な業界で生成AIの実用化が進んでいます。

左側アイコン
AI Lab

OpenAIの日本語特化型モデルの提供が開始されたら、OpneAI Japanがある東京は生成AIの中心都市の一つになる可能性もあるため、技術発展やAIの普及化をいかに進めることができるかが今後の鍵となりそうです...!

生成AIをテーマにしたイベントも活発化

生成AIへの関心の高まりを受け、AIをテーマにしたイベントも活発化しています。

3月14日から15日にかけては、御茶ノ水ソラシティで「AI博覧会 Spring 2024」が開催されました。ChatGPTなどの生成AI関連の製品やサービスが一堂に会し、最新技術の展示やデモンストレーションが行われました。

このように、生成AIに関する情報交換や商談の場も増えてきており、企業のAI活用を後押ししています。

生成AIをめぐる法整備の動きも

生成AIの普及に伴い、著作権侵害などの懸念も指摘されています。中国では、ウルトラマンに酷似した画像を生成するAIサービスが著作権侵害と認定され、運営者に賠償が命じられました。

偽ウルトラマン、中国で賠償命令 生成AIによる著作権侵害認定 | 共同通信 ニュース | 沖縄タイムス+プラス
ウルトラマンに酷似した画像を作る生成AIサービスを行った事業者に対し、中国の裁判所が著作権侵害を認定し、損害賠償などを命じる判決を出した。円谷プロダクション(東京)などへの取材で15日分かった。生成AIによる著作権侵害を懸念する声もある中、関心を集めそうだ。

日本でも、弁護士ドットコムとアンダーソン・毛利・友常法律事務所が、生成AIを活用した"リーガルブレイン事業"で協業することを発表するなど、法律面からのアプローチも始まっています。

弁護士ドットコムとアンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業が、生成AIを活用した“リーガルブレイン事業”へのアドバイザリー業務提供による協業を基本合意
弁護士ドットコム株式会社のプレスリリース(2024年4月15日 15時30分)弁護士ドットコムとアンダーソン・毛利・友常法律事務所外国法共同事業が、生成AIを活用した“リーガルブレイン事業”へのアドバイザリー業務提供による協業を基本合意

OpenAIも、日本におけるAIの制度整備に積極的に参加する方針を示しており、生成AIの健全な発展に向けた議論が活発化しそうです。

AIによるまとめ

OpenAI Japanの設立は、日本の生成AI活用に大きなインパクトを与えるでしょう。日本語特化のGPT-4による業務効率化、企業の活用事例の広がり、法整備の進展など、生成AIをめぐる動きは加速しています。

課題はまだ残されていますが、技術と制度の両面からアプローチすることで、日本は生成AIの恩恵を最大限に活かせるはずです。これからのAI時代に向けて、私たちもアンテナを高くして情報を追っていきましょう。

最後に

弊社では、AIを活用したマーケティングやDXのご相談を承っておりますので、ご興味がある方はぜひご連絡ください。

Read more

LMSYSを活用して最先端のAI研究を加速しよう

LMSYSを活用して最先端のAI研究を加速しよう

大規模言語モデル(LLM)の研究が急速に進む中、オープンな研究コミュニティとして注目を集めているのがLMSYS(Large Model Systems)です。LMSYSは、最先端のLLM研究を推進し、その成果を広く社会に還元することを目的とした非営利団体です。 Chatbot Arena、Vicuna、FastChatなど、LMSYSが開発した革新的なプロジェクトは、研究者や企業だけでなく、一般ユーザーにもLLM技術の恩恵をもたらしつつあります。本記事では、LMSYSの主要プロジェクトを紹介し、それらを企業や個人が活用する方法について探っていきます。

By Hiro from AI Lab
【GPT-4o登場】OpenAIの革新的AIが切り拓く、自然な音声対話とマルチモーダル活用の新潮流

【GPT-4o登場】OpenAIの革新的AIが切り拓く、自然な音声対話とマルチモーダル活用の新潮流

人工知能の分野で常に革新的な技術を生み出してきたOpenAIが、今度は新たなフラグシップモデル「GPT-4o」を発表しました。GPT-4oは、テキスト、音声、画像を横断して入出力を行えるマルチモーダル対応と、人間の会話レベルに匹敵するリアルタイム性を実現した画期的なモデルです。 この記事では、GPT-4oの機能や特徴、利用シーンなどについて、デモの様子や評価結果を交えながら詳しく解説していきます。OpenAIのCEO、サムアルトマンの言葉からも、GPT-4oへの期待の大きさが伺えます。人工知能とのインタラクションを一変させる可能性を秘めたGPT-4oの全容に迫ります。

By Hiro from AI Lab
LINEで相談