【究極ガイド】ChatGPTで変革するスプレッドシートの生産性向上戦略

発見しましょう、スプレッドシートとChatGPTの強力なコンビがビジネスの生産性をどのように変革するかを。このブログでは、関数エラーの迅速な解決からカスタム関数の作成、データクレンジング、効率的なデータ分析まで、ChatGPTを活用してスプレッドシート作業を効率化する方法を詳細に解説します。生産性を向上させ、より賢いデータ駆動型の意思決定を実現するための実践的なヒントと戦略を探ります。スプレッドシートのポテンシャルを最大限に引き出し、ビジネスプロセスを革新する旅に出発しましょう。

【究極ガイド】ChatGPTで変革するスプレッドシートの生産性向上戦略
  • プロンプトの送信回数20回
  • 使用したモデル:Microsoft Copilot、ChatGPT、Gemini
  • Microsoft Copilotは旧Bing Chatのことを指し、Microsoft Copilot for Microsoft 365とは異なります。

AIとデジタルイノベーションでビジネスを変える時が来ました。
私たちと一緒に、効果的なマーケティングとDXの実現を目指しませんか?
弊社では、生成AI開発やバーチャルインフルエンサーの運用について無料相談を承っております。
お打ち合わせではなくチャットでのご相談もお待ちしております。

お問い合わせ
English Form: Link

目次

はじめに

 補足

スプレッドシートにおけるChatGPTの活用例

関数エラーの解消

データ分析の強化

カスタム関数の開発

データクレンジングの最適化

AIによるまとめ

この記事は、AI(人工知能)によって生成されたものです。
内容は専門家による監修や校正を経ておらず、AIの現在の能力と知識ベースに基づいています。
したがって、記事の内容には限界があり、専門的な意見や最新の情報を代替するものではありません。
読者は、この記事を参考の一つとして用いることを推奨し、必要に応じて専門家の意見を求めることをお勧めします。
以下から、AIライターの執筆が始まります。

はじめに

現代ビジネスの世界では、データは新たな「石油」とも称され、その価値を最大限に引き出すことが企業の成功に不可欠です。しかし、この貴重なリソースを管理し、分析するためのツールであるスプレッドシートは、しばしばその複雑さからユーザーを圧倒させがちです。関数が壊れている? データが大量過ぎて処理できない? そんな時、私たちの新たな助っ人、ChatGPTの出番です。

この記事では、スプレッドシートの課題を乗り越え、生産性を飛躍的に向上させるための秘密兵器、ChatGPTの活用法を探ります。スプレッドシートが苦手な人から、効率化を求める上級ユーザーまで、誰もがChatGPTとの連携によって仕事の質を改善し、時間を節約する方法を発見できるでしょう。

想像してみてください。エラーメッセージに悩まされることなく、複雑なデータ分析を瞬時に実行し、報告書や予測モデルを自動生成するスプレッドシート。ChatGPTの力を借りれば、これが現実になります。この記事を通じて、スプレッドシートとChatGPTの組み合わせがいかに強力なのか、そしてそれをどのように活用してビジネスの生産性を向上させるかを解き明かします。

左側アイコン
AI Lab

AIライターによってだいぶ大袈裟な表現になってはいますが、実際にスプレッドシートや関数の扱いに関してはGPTが得意とする分野の一つなので業務効率化につながるアイディアについて紹介していきます。

補足

左側アイコン
AI Lab

GPTに具体的に作業時間の短縮や作業効率の向上についてリサーチした結果も聞いてみました。

ChatGPTのようなAIツールの利用は、特定の作業タスクにおける労働者の生産性を高める効果があることが示されています。MITの研究者による研究では、ChatGPTを利用することで、作業にかかる時間が平均で40%短縮され、作業の品質は独立した評価者による評価で18%向上したと報告されています。

この研究では、マーケティング担当者、グラントライター、コンサルタント、データアナリスト、人事担当者、およびマネージャーなど、高学歴の専門職者を対象に行われ、彼らに特定の職業に特化したライティングタスクが与えられました。ChatGPTのアシストを受けたグループは、コントロールグループと比較してタスクを11分早く完了し、その平均品質評価は18%向上しました。

これらの研究結果は、ChatGPTがスプレッドシート作業の効率化や時間短縮にどの程度寄与できるかについて直接的な数値を提供しているわけではありませんが、一般的な業務プロセスにおけるAIのポジティブな影響を示唆しています。特に、繰り返し発生するタスクや時間がかかる作業にChatGPTを活用することで、作業時間の短縮や効率化が期待できるでしょう。

スプレッドシートにおけるChatGPT活用例

1 関数エラーの解消支援

ChatGPTは、スプレッドシートで発生する一般的な関数エラーを診断し、解決策を提案するのに使用できます。ユーザーがエラーメッセージを入力すると、ChatGPTは可能な原因と修正手順を示すことができます。これには、関数の構文の誤り、範囲の指定ミス、データ型の不一致などが含まれます。

効率的なデータ分析

ChatGPTは、データの要約、トレンドの分析、予測の提供など、データ分析を支援するために活用できます。特に大量のデータを扱う際に、重要なインサイトを迅速に抽出するのに役立ちます。

3 カスタム関数の作成

ビジネスニーズに合わせたカスタム関数の提案や、スプレッドシートでの実装方法についてのガイドを提供することも可能です。これにより、ユーザーは独自の計算や分析を自動化し、生産性を向上させることができます。

4 データクレンジングの最適化

不整合なデータや欠損値を特定し、修正するためのアドバイスを提供することで、データの品質を保証し、分析の正確性を高めることができます。

5 教育とトレーニング

スプレッドシートの基本から高度な技術まで、ユーザーがスキルを向上させるためのカスタマイズされたトレーニング材料やチュートリアルを生成することができます。

左側アイコン
AI Lab

活用のアイディアに関しては、ChatGPT本人談なので一つ一つ試していきましょう。

関数エラーの解消

  • 現代のビジネス環境では、正確なデータ分析が重要であり、スプレッドシートはそのための強力なツールです。
  • しかし、複雑な関数を使用する際には、しばしばエラーが発生することがあります。これらのエラーを解消することは、データの正確性を保ち、業務の効率を高めるために不可欠です。

エラー解消の具体例

  • 商品データベースを例に、VLOOKUPMATCH関数を組み合わせて特定の商品情報を検索するシナリオを提示。
  • 検索キーワード(例: Cherry)に基づいて、特定の商品の単価を抽出する関数を設定。
F2にエラー「#N/A」が表示されている。

関数が#N/Aエラーを返す状況を説明。これは、MATCH関数が指定された列ヘッダー("単価")を見つけられない場合に発生します。

ChatGPTに聞いてみましょう

どのセルに何が入っているのかを記載し、エラーが表示される関数はそのまま投げます。
左側アイコン
AI Lab

ただ回答を渡すだけではなく、解説や追加の確認事項を教えてくれるので、工数少なくエラー解消ができます。
今回は簡単なデータベースですが、複雑なデータベースでも実現可能です。

ちなみに、無料で使用可能なMicrosoft Copilotでもエラーの解消は可能です。

データ分析の強化

スプレッドシートに蓄積された大量のデータを分析する際、Google Apps Script(GAS)とChatGPTは非常に有効なツールです。これらのツールを使うことで、データの抽出から分析、結果の共有までのプロセスを自動化し、効率化することが可能です。

Google Apps Script(GAS)によるアプローチ

GASは、Googleスプレッドシートと直接連携し、JavaScriptベースのスクリプトでデータを操作できる強力なツールです。このスクリプトを使って、以下のステップでデータ分析を行います:

  1. データ抽出: スプレッドシートから必要なデータを選択的に抽出します。
  2. データ分析: 抽出したデータに対して、平均、合計、分布などの分析を実施します。
  3. 結果の共有: 分析結果をスプレッドシートに記録したり、他のアプリケーションに送信します。

このプロセスにより、データに基づく意思決定を迅速かつ正確に行うことができます。

ChatGPTを活用したアプローチ

一方、ChatGPTは分析のロジックやコード生成においてサポートを提供します。特に複雑な分析が必要な場合や、分析プロセスを理解したい場合に役立ちます。ChatGPTには以下のような利用法があります:

  • 分析手法に関するガイダンスの提供
  • 特定の分析タスクに適したコードの生成
  • 分析結果の解釈や次のステップの提案

GASとChatGPTの組み合わせにより、スプレッドシートのデータをより深く、効率的に分析することが可能になります。これにより、ビジネスの意思決定をデータ駆動で行うことができ、より戦略的なアプローチが可能となります。

データの自動化された分析は、時間の節約はもちろん、エラーの削減、分析の精度向上にも寄与します。GASとChatGPTを駆使することで、あなたのデータ分析は次のレベルへと進むでしょう。

左側アイコン
AI Lab

GASのスクリプト作成のイメージをChatGPTに聞いてみましょう!

ChatGPTに聞いてみましょう

「GASのスクリプト書いて」のプロンプトのみでここまで詳細に返してくれます。より具体的な内容を指示することで、求めている内容を入手することが可能です。

カスタム関数の開発

カスタム関数をスプレッドシートで作成することは、特定のニーズに合わせたデータ処理や分析を行う上で非常に有効です。以下に、具体的なカスタム関数の作成方法と使用例を示します。

カスタム関数の作成方法

  1. Google Apps Scriptの使用: Googleスプレッドシートでは、Google Apps Script(JavaScriptのバリエーション)を使用してカスタム関数を作成できます。これにより、スプレッドシートの機能を拡張し、特定の計算やデータ処理を自動化できます。
  2. 関数の定義: スクリプトエディタを開き、新しい関数を定義します。関数名は明確でわかりやすいものにします。例えば、calculateTotalという名前で合計値を計算する関数を作成する場合、以下のように記述します。
Prompt
function calculateTotal(values) {
  var total = 0;
  for(var i = 0; i < values.length; i++) {
    total += values[i];
  }
  return total;
}
  1. 関数の使用: スクリプトを保存してから、スプレッドシートのセルに直接関数名を入力して使用します。例えば、A1:A10範囲の合計を計算するには、セルに=calculateTotal(A1:A10)と入力します。

カスタム関数の使用例

  • 付処理: 特定のフォーマットに基づいて日付データを変換するカスタム関数を作成します。例えば、日付を「YYYY年MM月DD日」形式に変換する関数などが考えられます。
  • テキスト処理: スプレッドシート内のテキストデータをカスタマイズして処理する関数を作成します。例えば、特定のキーワードに基づいてテキストを分類する関数や、テキスト内の特定のパターンを検索して結果を返す関数などです。
  • 複雑な計算: 財務分析や統計分析で必要な複雑な数学的計算を行う関数を作成します。例えば、特定の条件に基づいてリスク評価を計算する関数や、複数のデータソースから情報を集約して分析結果を出力する関数などです。

カスタム関数を作成することで、スプレッドシートの使用範囲が大きく広がり、より複雑で特定のニーズに合わせたデータ処理が可能になります。ただし、カスタム関数を作成する際は、関数が正しく動作することを確認するために、十分にテストを行うことが重要です。

左側アイコン
AI Lab

具体的な例についてもAIライターによって記載されているので、今回はChatGPTに聞いてみるフローについては省略いたします。

データクレンジングの最適化


ChatGPTを活用してスプレッドシートのデータクレンジングを行う場合、具体的なデータやクレンジングが必要な状況に関する情報をChatGPTに提供し、そのアドバイスやガイダンスを基にスプレッドシート上で作業を行うことになります。直接的なスプレッドシートのデータ操作はできませんが、以下のようなステップで進めることができます:

  1. 問題の特定: まず、どのようなデータクレンジングが必要かを特定します。例えば、「特定の列における重複の削除」「数値データに含まれる異常値の特定と修正」「テキストデータのフォーマット統一」など、具体的なクレンジングのニーズを明確にします。
  2. ChatGPTへの質問: ChatGPTに具体的な質問をします。例えば、「スプレッドシートの特定の列から重複を削除するにはどうしたらいいですか?」や「数値データで異常値をどのように特定し、どのように修正すれば良いですか?」などと聞くことができます。
  3. アドバイスの実行: ChatGPTから提供されたアドバイスやガイドラインに従って、スプレッドシートで実際にデータクレンジングを行います。これには、関数の使用、フィルタリングオプションの適用、条件付き書式の設定などが含まれる場合があります。
  4. 結果の確認: クレンジング後のデータを確認し、期待通りの結果が得られたかを検証します。必要に応じて、さらに調整やクレンジングを繰り返します。

ChatGPTを活用する際は、特定のデータセットや個別のケースに最適な解決策を提案するために、できるだけ詳細な情報を提供することが重要です。

しかし、プライバシーに配慮し、機密情報や個人を特定できる情報は共有しないようにしてください。

また、ChatGPTの提案を盲目的に適用するのではなく、その提案が自分のデータセットや状況に適しているかを常に確認することが重要です。

ChatGPTに聞いてみましょう

GPTが考えたプロンプトをGPTに投げてみます。
具体的な手順の回答が得られました。
左側アイコン
AI Lab

これだけでも質の高い回答ではあるものの、最大限に自動化させたいのが本心です。
追加のアドバイスにあるGASのスクリプトの作成もしてもらいましょう。

スクリプトの作成から使用方法まで回答を得られました。
左側アイコン
AI Lab

これでコピぺして調整をかければ作業効率が上がりそうですね!

教育とトレーニング

ChatGPTやその進化形であるGPTsを活用して、スプレッドシートのスキル向上のための教育とトレーニング資料を作成することは、多くの可能性を秘めています。以下に、この目的を達成するための具体的な方法を示します。

トレーニング資料やチュートリアルの生成

  1. 基本的な使い方から高度なテクニックまで: ChatGPTを使用して、スプレッドシートの基本操作から始まり、高度な関数、データ分析テクニック、マクロの作成、Google Apps Scriptでのカスタマイズ方法など、幅広いトピックにわたるチュートリアルやガイドを作成できます。
  2. カスタマイズされた学習パス: ユーザーの現在のスキルレベルや学習目標に基づいて、ChatGPTがパーソナライズされた学習コンテンツを提供します。これにより、ユーザーは自分のペースで必要なスキルを学ぶことができます。
  3. Q&Aセッション: ChatGPTを活用して、ユーザーがスプレッドシートに関して持つ疑問に答える形式でインタラクティブな学習体験を提供します。これにより、実践的な問題解決能力を養うことができます。
  4. 実践的な演習: ユーザーに特定のタスクを与え、それを実行するためのステップバイステップの指示をChatGPTが生成します。これにより、理論的な知識だけでなく、実践的なスキルも身につけることができます。

ChatGPTのGPTs機能を利用する方法

  • GPTs機能の活用: GPTsは、特定のドキュメントや情報に基づいてChatGPTのレスポンスをカスタマイズすることを可能にします。スプレッドシートのトレーニングにおいては、特定のスプレッドシートファイルやデータセット、チュートリアルコンテンツをGPTsに読み込ませ、それに基づいた質問に答えさせることで、より関連性の高い学習材料を提供することができます。
  • インタラクティブなチュートリアル: ユーザーが実際にスプレッドシートを操作しながら、ChatGPTがリアルタイムでガイダンスを提供するインタラクティブなチュートリアルを設計します。これにより、学習者は即座にフィードバックを受け取りながらスキルを磨くことができます。

これらのアプローチを通じて、スプレッドシートの使用方法を学ぶための包括的かつカスタマイズされたトレーニングプログラムを提供することが可能になります。重要なのは、ユーザーが直面する具体的なニーズや課題に対応した内容を提供することで、より効果的な学習結果を得られるようにすることです。

左側アイコン
AI Lab

よりイメージがしやすいようにGPTに例を教えてもらいました。

ChatGPTに聞いてみましょう

細かなプロンプトの設定がなくても演習問題付きの回答を生成してくれました。

AIによるまとめ

スプレッドシートとChatGPTの融合は、データ処理の未来に革命をもたらす可能性を秘めています。この強力な組み合わせにより、私たちはデータ分析、エラー訂正、カスタム関数の作成、そして教育とトレーニングに至るまで、業務のあらゆる側面で効率性と正確性を大幅に向上させることができます。

私たちがこのブログを通じて探求してきたように、ChatGPTは単なる情報提供ツール以上のものです。それは、スプレッドシートの使い勝手を向上させ、日々の業務をスムーズにし、より高度なデータ分析を可能にするインテリジェントなアシスタントです。このテクノロジーを利用することで、時間の節約、生産性の向上、さらにはデータ駆動型の意思決定の精度向上が期待できます。

未来に目を向ければ、スプレッドシートとChatGPTの統合は、ビジネスのデータ分析戦略における新たな標準を確立するかもしれません。私たちは、この技術が開く可能性を最大限に活用し、日々の作業を革新する準備ができています。

この旅を共に歩むことで、私たちはデータの真価を解き放ち、ビジネスの可能性を新たな高みへと引き上げることができるでしょう。では、スプレッドシートとChatGPTを駆使して、データの世界で新たな地平を切り開きましょう。

左側アイコン
AI Lab

最後の最後までAIライターはオーバーな表現力でしたが、スプレッドシートでのChatGPT活用は業務効率化の実感を得られやすいかと思うので、ぜひ今回のアイディアを試してみてください。

最後に

弊社では、AIを活用したマーケティングやDXのご相談を承っておりますので、ご興味がある方はぜひご連絡ください。

公式LINEでも随時、生成AIのトレンドや活用方法について発信しています。

お問い合わせ
English Form: Link

Read more

Claude の新機能「Projects」で AI との協働が変わる - 概要と主要機能

Claude の新機能「Projects」で AI との協働が変わる - 概要と主要機能

2024年6月、Anthropic社はAIアシスタントClaudeに新たな機能「Projects」を導入しました。この機能は、Claude.aiのProおよびTeamプランユーザーを対象に提供されており、AIとの対話をより効果的に組織化し、チーム全体で知識を共有することを可能にします。 本記事では、Projects機能の概要と主要な特徴について詳しく解説し、この新機能がどのように仕事の進め方を変えるのかを探っていきます。

By Hiro from AI Lab
Contact