Claude 3のすべてを徹底解説!GPT-4を超える最新AIの魅力と使い方【後編】

Anthropic社が開発した最新のAIモデル「Claude 3」が登場し、業界に大きな衝撃を与えています。Claude 3は、GPT-4を上回る性能と高い安全性を兼ね備え、利用者のニーズに合わせて選べる3つのバリアントを提供します。 Claude 3の魅力は、幅広いタスクでの高い性能と利便性です。一般的な質問から専門的な内容まで的確に対応し、画像と文章の同時処理や多言語対応も可能。ウェブ版とAPI版の2つの形式で提供され、利用者は自分のニーズに合わせて選択できます。 今回の記事では後編です。 最後にプロンプト自動最適化GPTsもあるので要チェックです。

Claude 3のすべてを徹底解説!GPT-4を超える最新AIの魅力と使い方【後編】
  • プロンプトの送信回数10回
  • 使用したモデル:Gemini Advanced,Microsoft Copilot,ChatGPT, Claude 3
  • Microsoft Copilotは旧Bing Chatのことを指し、Microsoft Copilot for Microsoft 365とは異なります。

AIとデジタルイノベーションでビジネスを変える時が来ました。
私たちと一緒に、効果的なマーケティングとDXの実現を目指しませんか?
弊社では、生成AI開発やバーチャルインフルエンサーの運用について無料相談を承っております。
お打ち合わせではなくチャットでのご相談もお待ちしております。

目次

前編の振り返り

Claude 3を体験できる場所

Claude 3の活用事例

Claude 3を使いこなすコツ

プロンプトを考える時間がない方向けGPTs

前編のまとめ

この記事は、AI(人工知能)によって生成されたものです。
内容は専門家による監修や校正を経ておらず、AIの現在の能力と知識ベースに基づいています。
したがって、記事の内容には限界があり、専門的な意見や最新の情報を代替するものではありません。
読者は、この記事を参考の一つとして用いることを推奨し、必要に応じて専門家の意見を求めることをお勧めします。
以下から、AIライターの執筆が始まります。

前編の振り返り

前編では、Anthropic社が開発した最新の大規模言語モデル「Claude 3」について詳しく探求しました。Claude 3は、GPT-4を上回る性能と高い安全性で注目を集めており、Haiku、Sonnet、Opusの3つのバリアントで構成されています。それぞれコスト効率、バランス、高性能に特化しているのが特徴です。

Claude
Talk with Claude, an AI assistant from Anthropic

また、実際に使用してみると、一般的な質問から複雑な質問、創造的なタスク、長文の理解、多言語対応と幅広い場面でその性能の高さを実感できました。特に、OpusとSonnetの比較からは、モデルの特性に合わせた使い分けの重要性が浮き彫りになりました。

Claude 3の登場は、AIの性能向上と活用の可能性を大きく広げるものですが、一方で、高度化するAIをどのように安全かつ倫理的に運用していくかという課題も明らかになりました。

Claude 3のすべてを徹底解説!GPT-4を超える最新AIの魅力と使い方【前編】
Anthropic社が開発した最新のAIモデル「Claude 3」が登場し、業界に大きな衝撃を与えています。Claude 3は、GPT-4を上回る性能と高い安全性を兼ね備え、利用者のニーズに合わせて選べる3つのバリアントを提供します。 Claude 3の魅力は、幅広いタスクでの高い性能と利便性です。一般的な質問から専門的な内容まで的確に対応し、画像と文章の同時処理や多言語対応も可能。ウェブ版とAPI版の2つの形式で提供され、利用者は自分のニーズに合わせて選択できます。 今回の記事では前後編に分かれて魅力をご紹介いたします。

前編はこちらから

後編の内容は

前編でClaude 3の特徴と性能を詳しく見てきましたが、後編では、より実践的な観点からClaude 3の魅力に迫ります。実際にClaude 3を体験できる場所や、APIを活用した事例などを通じて、Claude 3の実用性と可能性を具体的に探ります。

また、効果的なプロンプトの設計や、日本語の特性を活かした対話テクニックなど、Claude 3を使いこなすためのTipsもお届けします。AIの可能性を最大限に引き出すための情報をお伝えできれば幸いです。

Claude 3を体験できる場所

前編でもお伝えした通り、Claude 3は公式サイト(Anthropic社のウェブサイト)から登録して利用することができます。

Claude
Anthropic is an AI safety and research company that’s working to build reliable, interpretable, and steerable AI systems.

しかし、それ以外にもClaude 3を試せる方法があります。

AWS Bedrockを使用する場合

AWS Bedrockは、様々なAIモデルを単一の環境下で利用できるプラットフォームです。Claude 3もAWS Bedrockで提供されており、特にオレゴンリージョンからアクセスできます。

基盤モデルによる生成 AI アプリケーションの構築 - Amazon Bedrock - AWS
Amazon Bedrock は、API を通じて主要な基盤モデルを利用できるようにするフルマネージド型サービスです。また、生成 AI アプリケーションを迅速に構築してスケールするための幅広い機能も備えています。

AWS Bedrockを使うメリットは、幅広いシステムの構築が可能で、AI21 Labs、Anthropic、Cohere、Meta、Stability.aiなどの様々なモデルを一つの環境で利用できる点です。さらに、会社内システムやデータソースと連携するエージェントの構築まで可能になります。

AWS BedrockでClaude 3を使用するための具体的な手順は以下の通りです:

  1. AWS Management Consoleにログインし、Amazon BedrockのModel Access画面に遷移します。
  2. EditをクリックしてAmazon Bedrockを準備します。
  3. 左側のメニューから"Model Access"を選択します。
  4. "Get started"をクリックしてAmazon Bedrockの利用を開始します。
  5. 利用可能なモデルには、AI21 Labs、Anthropic、Cohere、Meta、Stability AIなどのモデルが含まれており、適切なモデルを選択します。
  6. リージョンによって利用可能なモデルが異なるため、日本語を扱えるClaudeを利用したい場合は東京リージョンやus-east-1、us-west-2がお勧めです。

API管理ツールApidogの利用

新しいプロジェクトを開発する際には、ApidogというAPI管理ツールを使用することが推奨されています。Claude 3 APIの利用を始めるためには、Claude 3 APIの認証用トークンを取得し、Apidogを使ってオンラインで利用&テストすることが可能です。

Apidogを使用してClaude 3 APIを管理する具体的な手順は以下の通りです:

  1. Apidogの公式サイトにアクセスし、アカウントを作成します。
Apidog An integrated platform for API design, debugging, development, mock, and testing
REAL API Design-first Development Platform. Design. Debug. Test. Document. Mock. Build APIs Faster & Together.
  1. 新しいプロジェクトを作成し、Claude 3 APIの仕様をインポートします。
  2. Claude 3 APIの認証用トークンを取得するために、Claudeの公式サイトにアクセスし、「Get API Access」ボタンをクリックして認証用トークンを取得します。
  3. 取得したAPIキーをコピーして安全に保管し、Claude 3 APIプロジェクトにアクセスし、適切なモデル(Opus、Sonnet、Haiku)を選択して利用を始めることができます。
  4. Apidogの機能を使って、APIのテスト、モニタリング、ドキュメント生成などを行います。
左側アイコン
AI Lab

現状登録すると5ドルのクレジットが無料配布なので、試してみてください!

これらの方法を通じて、より多くの人々がClaude 3の高度な知性や画像認識機能を体験できるようになっています。GPT-4やGoogleのGemini Ultraを上回る性能を持つClaude 3は、AIの可能性を大きく広げるツールとして注目を集めています。

左側アイコン
AI Lab

また、Perplexityでも Claude 3を使用することが可能です。

【Perplexity.AI】ビジネスパーソンのための対話型AI検索エンジン
AI初心者でも使いこなせる、革新的な検索ツール「Perplexity.AI」。 自然な対話でAIに質問するだけで、膨大なデータから必要な情報だけを瞬時に抽出。 ビジネスの情報収集と意思決定を劇的にスピードアップします。 本記事では、Perplexity.AIの特徴や具体的な活用方法を詳しく解説。

Claude 3の活用事例

左側アイコン
AI Lab

実際にAPIとインターフェースでの利用で何ができるのかもご紹介いたします。

APIの活用事例

Claude 3は、通常のインターフェースを通じた利用だけでなく、APIを活用することでさらに可能性が広がります。APIを利用するメリットは以下の通りです。

1 自動化と効率化

APIを使えば、Claude 3の機能を自分のアプリケーションやワークフローに直接組み込むことができます。これにより、手動での操作を減らし、タスクの自動化と効率化が可能になります。定型的な作業を自動化したり、大量のデータを処理したりする際に威力を発揮します。

2 カスタマイズと拡張性

APIを活用すると、Claude 3の機能をカスタマイズしたり、他のツールやサービスと連携したりすることが容易になります。自分のニーズに合わせてClaude 3の活用方法を拡張できるので、より柔軟で創造的なソリューションを実現できます。

3 スケーラビリティ

APIを通じてClaude 3を利用することで、大量のリクエストを並行して処理できるようになります。大規模なプロジェクトやアプリケーションを開発する際に、このスケーラビリティは重要な要素となります。

APIの活用は、主に開発者やより高度なユースケースを想定していますが、個人の利用シーンでも大きなメリットがあります。自分のスキルセットやプロジェクトの規模に合わせて、APIの利用を検討してみてください。

インターフェースの活用事例

前項で触れたように、Claude 3の多くの機能は、APIを使用しなくても通常のインターフェースから利用可能です。ここでは、個人レベルでも実践できる魅力的な活用事例をいくつか紹介します。

1 高度な文章生成

Claude 3 Opusモデルの高い知性と回答精度を活かせば、自由形式の質問に対する適切な回答を得られるだけでなく、小説の続きや論文・レポートの作成も可能です。創作活動や学術研究における文章作成を大幅に効率化できるでしょう。アイデアを提示するだけで、Claude 3が質の高い文章を生成してくれます。

2 Webサイトのデザインとコーディング

Claude 3を使えば、Webサイトのデザインやコーディングをサポートしてもらえます。HTMLやCSSに関する知識が少なくても、理想のデザインを伝えるだけで、それに沿ったWebサイトのコードを生成できます。写真を構造化データのJSONに変換したり、複雑なコードベースのデバッグも手助けしてくれるので、プログラミング初心者でもWebサイト制作に挑戦しやすくなります。

3 多言語コミュニケーションと翻訳

グローバル化が進む現代社会では、言語の壁を越えたコミュニケーションが欠かせません。Claude 3の多言語理解力と翻訳能力を活用すれば、海外の情報収集やコミュニケーションがスムーズに進められます。リアルタイムの翻訳により、言語の違いを意識せずに情報交換ができるようになります。また、多言語でのコンテンツ作成も容易になるため、グローバルな情報発信にも一役買ってくれます。

これらは、Claude 3の活用事例のほんの一部ですが、個人の創造性や生産性を高める上で大きな可能性を秘めています。通常のインターフェースを使いこなすだけでも、様々なシーンでClaude 3の力を借りられます。

もちろん、APIを活用することで、さらに高度なカスタマイズや自動化が可能になります。自分のアプリケーションやワークフローにClaude 3の機能を組み込んだり、他のツールと連携させたりできるのは、APIならではの強みです。大規模なプロジェクトやより専門的なユースケースには、APIの活用がおすすめです。

Claude 3は、APIの利用の有無にかかわらず、個人の可能性を広げてくれる頼れるパートナーとなってくれるでしょう。自分に合った活用方法を見つけ、Claude 3の力を存分に引き出していきましょう。

Claude 3を使いこなすためのコツ

Claude 3を効果的に活用するには、いくつかのコツがあります。ここでは、より良い結果を得るための Tips をご紹介します。

Tip 説明
明確で具体的な指示 曖昧な表現を避け、タスクの目的や期待する成果物を明示する
文脈の提供 背景情報や関連資料を共有し、モデルの理解を助ける
対話的なアプローチ 一方的な指示ではなく、フィードバックを与えながら対話を重ねる
出力形式の指定 望む出力形式(言語、文体、ファイル形式など)を明示する
実験と反復 様々なプロンプトを試し、効果的なプロンプト設計につなげる
左側アイコン
AI Lab

プロンプトエンジニアリングガイドに記載されている内容ですが、他のLLMモデルの基本と同じように要点は大きく差がなさそうです。

Prompt engineering
Claude offers high-level baseline performance out of the box. However, prompt engineering can help you enhance its performance further and fine-tune its responses to better suit your specific use case. These techniques are not necessary for achieving good results with Claude, but you may find them u…

Claude 3の公式プロンプトライブラリ

また、初心者にとって、いきなりClaude 3を使いこなすのは難しいかもしれません。そんな時は、公式から提供されているプロンプトライブラリを活用してみましょう。

Prompt library

Anthropic社は、ユーザーがClaude 3を効果的に使用できるよう、プロンプトライブラリを公開しています。このライブラリには、様々な用途に合わせた定型文(プロンプト)が用意されており、ユーザーはそれらを自分のタスクに合わせて利用することができます。

プロンプトライブラリの画面
プロンプトライブラリの活用方法
  1. Claude 3の公式ウェブサイトにアクセスし、プロンプトライブラリのページを開く。
  2. 目的に合ったカテゴリ(文章生成、コーディング、翻訳など)を選択する。
  3. カテゴリ内の各プロンプトを確認し、自分のタスクに最も適したものを選ぶ。
  4. 選んだプロンプトをコピーし、Claude 3とのチャットに貼り付ける。
  5. プロンプト内の[コンテンツ]部分を、自分の要件に合わせて書き換える。
  6. プロンプトを送信し、Claude 3からの応答を確認する。
  7. 必要に応じて、プロンプトを修正しながら、対話を重ねる。
プロンプトライブラリを活用するメリット
  • 初心者でも、すぐにClaude 3を効果的に使い始められる。
  • 様々な用途に合わせた定型文が用意されているため、タスクに適したプロンプトを選びやすい。
  • プロンプトの設計方法を学ぶことができ、徐々に自分でプロンプトを作成できるようになる。
  • 他のユーザーが作成した優れたプロンプトを発見し、自分のタスクに応用できる。
プロンプトライブラリ内にある[企業の透視能力]プロンプト

プロンプトライブラリは、Claude 3を使いこなすための強力なツールです。初心者はもちろん、経験者の方にも役立つはずです。ぜひ一度、プロンプトライブラリを覗いてみてください。きっと、Claude 3との対話がより楽しく、生産的なものになるでしょう。

また、自分で作成したプロンプトを公開することで、他のユーザーの役に立てることもできます。プロンプトライブラリを通じて、ユーザー同士が知見を共有し合える、協力的なコミュニティが生まれることを期待しています。

左側アイコン
AI Lab

ここまでの内容も全てClaude3 Opusが書いているのですが日本語が綺麗ですよね...Claude3を扱いはじめてから記事作成は完全にClaudeが書いています...違和感のある日本語を見つけることはできたでしょうか?ぜひ文章作成のタスクはClaude3に一度任せてみてください。

プロンプトを考える時間がない方向けGPTs

左側アイコン
AI Lab

Claude3による、Claude3プロンプト最適化GPTsを作成したのでぜひご活用ください。

ChatGPT - Auto-prompt-generator for Claude3
適当に投げてもプロンプトを自動最適化。※随時改良予定
適当なプロンプトを最適なフォーマットにしてくれます。

後編のまとめ

Claude 3は、Anthropic社が開発した最新の大規模言語モデルであり、GPT-4を上回る性能と高い安全性を兼ね備えています。Haiku、Sonnet、Opusの3つのバリアントを提供し、ユーザーのニーズに合わせて選択できるのが大きな特徴です。

この後編では、Claude 3の実践的な活用方法について詳しく探求しました。まず、Claude 3を実際に体験できる場所として、公式サイトに加え、AWS BedrockやPerplexityなどのプラットフォームを紹介しました。これらのサービスを利用することで、より多くのユーザーがClaude 3の高度な機能を手軽に試すことができます。

次に、Claude 3のAPIとインターフェースを活用した具体的な事例を見てきました。APIを利用することで、自動化や効率化、カスタマイズや拡張性、スケーラビリティといったメリットを享受できます。一方、インターフェースを通じた利用でも、高度な文章生成、Webサイトのデザインとコーディング、多言語コミュニケーションと翻訳など、様々なシーンでClaude 3の力を借りられることがわかりました。

さらに、Claude 3を効果的に使いこなすためのTipsとして、明確で具体的な指示、文脈の提供、対話的なアプローチ、出力形式の指定、実験と反復といったポイントを挙げました。加えて、公式のプロンプトライブラリを活用することで、初心者でもすぐにClaude 3を効果的に使い始められることを紹介しました。

Claude 3は、その高い性能と利便性から、個人の創造性や生産性を大きく高める可能性を秘めています。APIの利用の有無にかかわらず、自分に合った活用方法を見つけ、Claude 3の力を存分に引き出していくことが重要です。今後も、Claude 3がもたらす革新的な体験に注目が集まることでしょう。

この後編を通じて、読者の皆様がClaude 3の実践的な魅力と可能性を感じていただけたら幸いです。AIの力を借りながら、より豊かで創造的な未来を共に築いていきましょう。

最後に

弊社では、AIを活用したマーケティングやDXのご相談を承っておりますので、ご興味がある方はぜひご相談ください。

Read more

LMSYSを活用して最先端のAI研究を加速しよう

LMSYSを活用して最先端のAI研究を加速しよう

大規模言語モデル(LLM)の研究が急速に進む中、オープンな研究コミュニティとして注目を集めているのがLMSYS(Large Model Systems)です。LMSYSは、最先端のLLM研究を推進し、その成果を広く社会に還元することを目的とした非営利団体です。 Chatbot Arena、Vicuna、FastChatなど、LMSYSが開発した革新的なプロジェクトは、研究者や企業だけでなく、一般ユーザーにもLLM技術の恩恵をもたらしつつあります。本記事では、LMSYSの主要プロジェクトを紹介し、それらを企業や個人が活用する方法について探っていきます。

By Hiro from AI Lab
【GPT-4o登場】OpenAIの革新的AIが切り拓く、自然な音声対話とマルチモーダル活用の新潮流

【GPT-4o登場】OpenAIの革新的AIが切り拓く、自然な音声対話とマルチモーダル活用の新潮流

人工知能の分野で常に革新的な技術を生み出してきたOpenAIが、今度は新たなフラグシップモデル「GPT-4o」を発表しました。GPT-4oは、テキスト、音声、画像を横断して入出力を行えるマルチモーダル対応と、人間の会話レベルに匹敵するリアルタイム性を実現した画期的なモデルです。 この記事では、GPT-4oの機能や特徴、利用シーンなどについて、デモの様子や評価結果を交えながら詳しく解説していきます。OpenAIのCEO、サムアルトマンの言葉からも、GPT-4oへの期待の大きさが伺えます。人工知能とのインタラクションを一変させる可能性を秘めたGPT-4oの全容に迫ります。

By Hiro from AI Lab
LINEで相談