【Perplexity.AI】ビジネスパーソンのための対話型AI検索エンジン

AI初心者でも使いこなせる、革新的な検索ツール「Perplexity.AI」。 自然な対話でAIに質問するだけで、膨大なデータから必要な情報だけを瞬時に抽出。 ビジネスの情報収集と意思決定を劇的にスピードアップします。 本記事では、Perplexity.AIの特徴や具体的な活用方法を詳しく解説。

【Perplexity.AI】ビジネスパーソンのための対話型AI検索エンジン
  • プロンプトの送信回数8回
  • 使用したモデル:Claude 3、Gemini Advanced、Microsoft Copilot、ChatGPT
  • Microsoft Copilotは旧Bing Chatのことを指し、Microsoft Copilot for Microsoft 365とは異なります。

AIとデジタルイノベーションでビジネスを変える時が来ました。
私たちと一緒に、効果的なマーケティングとDXの実現を目指しませんか?
弊社では、生成AI開発やバーチャルインフルエンサーの運用について無料相談を承っております。
お打ち合わせではなくチャットでのご相談もお待ちしております。

目次

はじめに

Perplexity.AIとは

主な特徴

具体的な活用方法

使い方は簡単、でも注意点も

AIによるまとめ

この記事は、AI(人工知能)によって生成されたものです。
内容は専門家による監修や校正を経ておらず、AIの現在の能力と知識ベースに基づいています。
したがって、記事の内容には限界があり、専門的な意見や最新の情報を代替するものではありません。
読者は、この記事を参考の一つとして用いることを推奨し、必要に応じて専門家の意見を求めることをお勧めします。
以下から、AIライターの執筆が始まります。

はじめに

AI、特に生成AIは初めてという方でも、業務効率化に関心がある方は必見のサービスです。Perplexity.AIは、AIの使用ハードルを大きく下げてくれるので、ぜひWeb版やアプリから試してみることをおすすめします。

‎Perplexity - 自由に尋ねる
‎Perplexity:最強の検索アシスタント 知識を検索する方法を変えるために設計された検索パートナー「Perplexity」をご紹介します。Perplexityは従来の検索エンジンとは違い、どんな話題でも最新の情報源とともに回答や情報を即座に示します。これまでにないスピードで検索・発見・調査して、学びましょう。 特徴: · Perplexity Copilot:最新のAIモデル「GPT-4」を使ったインタラクティブな検索体験。 · AI駆動の検索:AIやネット検索から、参照先を伴った情報を入手。 · 何でも回答:質問を通じた深い理解と文脈を意識した補足。 · 信頼できるデータ:情報源を確…

このツールを使えば、具体的にどんなことができるのか、また実際の使い方はどうなのか。これからその詳細を解説していきますので、ぜひご覧ください。きっと日々の業務に役立つヒントが見つかるはずです。

Perplexity.AIとは

ビジネスパーソンにとって、情報収集と知識獲得は欠かせないタスクです。しかし、膨大な情報の中から必要なものを見つけ出すのは容易ではありません。そこで注目されているのが、対話型AI検索エンジン「Perplexity.AI」です。

公式サイト

自然な対話で素早く情報を入手

Perplexity.AIの最大の特徴は、自然な対話を通じて簡単に情報を得られること。キーワードを入力するのではなく、日常会話のように質問をするだけで、AIが膨大なデータベースから関連情報を探し出し、要約して回答してくれます。

例えば「最新の経済ニュースを教えて」「効果的な営業手法について知りたい」といった質問をすれば、信頼できるソースからの情報をまとめて提示。回答に納得いかなければ、さらに掘り下げた質問をすることもできます。

ものの数秒で回答が出力される。そして無料。

多様な用途で業務効率化に貢献

Perplexity.AIは情報収集だけでなく、様々な場面で活用できます。

  • レポートや提案書の作成に役立つ情報や事例を探す
  • 海外取引先とのコミュニケーションのために文書を翻訳する
  • 会議の議事録をまとめるためのサマリー作成
  • 新規事業のアイデア出しや課題解決のヒントを得る

日々の業務で直面する様々な課題に、Perplexity.AIが力強いサポートを提供します。

左側アイコン
AI Lab

「情報収集の革命」と呼んでいます。

主な特徴

1 最新のソースに基づいて回答

Perplexityは、最新のソースに基づいて回答されることに定評があります。常に新しい情報を学習し続けるので、表示される回答は常に最新情報に基づいています。

2 回答の根拠となるソースも表示

Perplexityでは、検索内容に応じた回答が表示されるだけでなく、その根拠となったソースも一緒に表示されます。具体的な情報がリンク付きで表示されるので、「なぜそのような回答になったのか」という疑問をスピーディに解決できます。

3 回答を独自のURLで保存

Perplexityでは、質問の回答を得られるだけではなく、その回答に至るまでの一連の流れを独自のURLで保存しておけます。つまり一連の流れを保存しておけるので、次回同じ質問をする手間を省くことができるのです。

4 ログイン無しで利用可能

Perplexityで検索する際、ログインの必要はありません。ChatGPTのように検索が必要になるたびにログインする必要はないので面倒な手間を省くことができます。

左側アイコン
AI Lab

操作が簡単で結果をスピード感持って得られるので日常に取り入れやすいです。

具体的な活用方法

1 自然言語の質問

ユーザーは、日常の言葉で質問を入力し、AIは関連する情報を要約して回答します。例えば、「睡眠中にカロリーを消費するか?」や「最も訪問されていない国は?」などの質問に対して、ソースを引用しながら回答を提供します。

2 フォローアップ質問

初回の回答を受けた後、ユーザーはさらに深く掘り下げるためのフォローアップ質問をすることができます。

3 異なるAIモデルの利用

Proプランの加入者は、GoogleのGemini、Mistra 7Bl、AnthropicのClaude 2.1、OpenAIのGPT-4など、複数のAIモデル間で切り替えて使用することができます。

4 イメージ生成とファイルアップロード

Proプランのユーザーは、イメージ生成機能を利用したり、文書や画像などのファイルをアップロードして、それに基づいてモデルに質問をさせることができます(例:「2ページ目と4ページ目を要約してください」)。

左側アイコン
AI Lab

つい先日世のAI愛好家に衝撃を与えた「Claude3」との組み合わせも使えるようになりました。

使い方は簡単、でも注意点も

Perplexity.AIを使うのは非常に簡単。専用サイトにアクセスし、対話ボックスに質問を入力するだけ。回答と共に根拠となる情報ソースも表示されるので、内容の信頼性も確認できます。気に入った回答は専用URLで保存・共有も可能です。

ただし便利な反面、利用には注意も必要です。AIによる回答をうのみにせず、自分でも情報をチェックする姿勢が大切。倫理的に不適切な利用や、機密情報の扱いにも十分気をつけましょう。

左側アイコン
AI Lab

これは通常の検索でも言える話ですが、人間が必ず確認する習慣をつけておきましょう。

AIによるまとめ

Perplexity.AIは、ビジネスパーソンの情報収集と知識獲得を大きく変える可能性を秘めています。膨大な情報をAIの力で瞬時に分析・要約し、対話を通じて必要な知見を得られる。そんな未来の働き方を、Perplexity.AIは既に実現しつつあるのです。

ビジネスの現場で直面する課題解決に、Perplexity.AIを味方につけてみてはいかがでしょうか。知的生産性の向上と業務効率化に、きっと役立つはずです。使い方を工夫しながら、新時代のビジネスツールを活用していきましょう。

最後に

弊社では、AIを活用したマーケティングやDXのご相談を承っておりますので、ご興味がある方はぜひご連絡ください。

公式LINEでも随時、生成AIのトレンドや活用方法について発信しています。

Read more

LMSYSを活用して最先端のAI研究を加速しよう

LMSYSを活用して最先端のAI研究を加速しよう

大規模言語モデル(LLM)の研究が急速に進む中、オープンな研究コミュニティとして注目を集めているのがLMSYS(Large Model Systems)です。LMSYSは、最先端のLLM研究を推進し、その成果を広く社会に還元することを目的とした非営利団体です。 Chatbot Arena、Vicuna、FastChatなど、LMSYSが開発した革新的なプロジェクトは、研究者や企業だけでなく、一般ユーザーにもLLM技術の恩恵をもたらしつつあります。本記事では、LMSYSの主要プロジェクトを紹介し、それらを企業や個人が活用する方法について探っていきます。

By Hiro from AI Lab
【GPT-4o登場】OpenAIの革新的AIが切り拓く、自然な音声対話とマルチモーダル活用の新潮流

【GPT-4o登場】OpenAIの革新的AIが切り拓く、自然な音声対話とマルチモーダル活用の新潮流

人工知能の分野で常に革新的な技術を生み出してきたOpenAIが、今度は新たなフラグシップモデル「GPT-4o」を発表しました。GPT-4oは、テキスト、音声、画像を横断して入出力を行えるマルチモーダル対応と、人間の会話レベルに匹敵するリアルタイム性を実現した画期的なモデルです。 この記事では、GPT-4oの機能や特徴、利用シーンなどについて、デモの様子や評価結果を交えながら詳しく解説していきます。OpenAIのCEO、サムアルトマンの言葉からも、GPT-4oへの期待の大きさが伺えます。人工知能とのインタラクションを一変させる可能性を秘めたGPT-4oの全容に迫ります。

By Hiro from AI Lab
LINEで相談