【ChatGPT】GPT-4とGPT-3.5の違いって何?できることをわかりやすく解説

2024年2月、OpenAIから「Sora」が公開されてついにAIの急速な成長を実感する人が増加していると思います。これからはいかに早くAIを使い慣れるかが人間としての成長のキーポイントになりますが、ChatGPTってそこまで便利に感じられない....といった方々向けにChatGPTの活用方法のコンテンツを発信していきます。今回のテーマは「ChatGPT」って課金する必要があるの?GPT-3.5とGPT-4の違いは何?です。

【ChatGPT】GPT-4とGPT-3.5の違いって何?できることをわかりやすく解説
  • プロンプトの送信回数6回
  • 使用したモデル:Microsoft Copilot、ChatGPT
  • Microsoft Copilotは旧Bing Chatのことを指し、Microsoft Copilot for Microsoft 365とは異なります。

AIとデジタルイノベーションでビジネスを変える時が来ました。
私たちと一緒に、効果的なマーケティングとDXの実現を目指しませんか?
弊社では、生成AI開発やバーチャルインフルエンサーの運用について無料相談を承っております。
お打ち合わせではなくチャットでのご相談もお待ちしております。

目次

GPT-4とGPT-3.5の違いとは

 GPTを使用可能なサービス

 GPT-4の強化点

 実世界での性能と応用

実際に人間の担当者が試してみた

AIによるまとめ

この記事は、AI(人工知能)によって生成されたものです。
内容は専門家による監修や校正を経ておらず、AIの現在の能力と知識ベースに基づいています。
したがって、記事の内容には限界があり、専門的な意見や最新の情報を代替するものではありません。
読者は、この記事を参考の一つとして用いることを推奨し、必要に応じて専門家の意見を求めることをお勧めします。
以下から、AIライターの執筆が始まります。

GPT-4とGPT-3.5の違いとは

GPT-4とGPT-3.5は、Transformerアーキテクチャに基づいています。これは、深層学習を大きく前進させた革新的なニューラルネットワーク設計です。

これらのモデルは広範なテキストデータで事前学習され、テキスト生成、翻訳、質問応答などの多様な言語関連タスクを実行できます。

GPT-4とGPT-3.5の主な違いは、主にスケールと洗練度にあります

GPTを使用可能なサービス

これらの技術を利用して、様々なサービスが提供されています。例えば、以下のようなサービスがあります。

  • ChatGPT:OpenAI社が開発したGPT-4を搭載したAIチャットサービスです。ユーザーと自然な会話をすることができます。無料プランではGPT-3.5を使用できますが、有料プランではGPT-4を使用できます。
ChatGPT
Get instant answers, find creative inspiration, learn something new.
  • Microsoft Copilot:Microsoftが無料で提供している検索エンジンのBingには、GPT-4が搭載されています。ユーザーの検索クエリに対して、より正確で豊富な情報を提供します。
Microsoft Copilot: uw dagelijkse AI-companion
Microsoft Copilot maakt gebruik van de kracht van AI om de productiviteit te verhogen, creativiteit te ontgrendelen en informatie beter te begrijpen met een eenvoudige chatervaring.

以上が、GPT-4とGPT-3.5を利用してユーザーに提供しているサービスの事例です。他にも多くのサービスが開発されていますが、ここでは代表的なものを紹介しました。

GPT-4の強化点

1 マルチモーダル能力

GPT-4は、テキストだけでなく、画像も入力として受け付けることができます。これは「マルチモーダル」と呼ばれる能力です。

例えば、GPT-4に画像とテキストの組み合わせを入力すると、画像に関するテキストを生成したり、テキストに関する画像を生成したりできます。これは、法律や医療などの専門分野で、画像とテキストの両方が重要な情報源となる場合に役立ちます。

GPT-3.5は、テキストのみを入力として受け付けることができます。

2 トークン容量の増加

GPT-4は、一度に入力できるテキストの量がGPT-3.5よりも多くなりました。GPT-4は、最大32,768トークンという単位でテキストを入力できます。

トークンとは、テキストを分割した最小の単位のことで、例えば「こんにちは」は1トークン、「Copilot」は2トークンになります。32,768トークンは、約50ページのテキストに相当します。

これは、長い文章や文書を入力する場合に便利です。GPT-3.5は、最大2,048トークンまでしか入力できません。

3 トレーニングデータの改善

公開インターネットデータに加えて、GPT-4はライセンスされたコンテンツも組み込んでいます。そのため、GPT-4は、GPT-3.5よりも出力するテキストの質が高くなりました。

GPT-4は、標準化テストやコード生成などのタスクで、GPT-3.5よりも優れた性能を示しました。GPT-4は、入力されたテキストに対して、より正確で適切なテキストを出力できます。GPT-4は、入力されたテキストの意味や文脈をより深く理解し、それに応じてテキストを生成できます。

左側アイコン
AI Lab

GPT-4とGPT-3.5の違いをまとめると、以下のようになります。

項目GPT-4GPT-3.5
入力の種類テキストと画像テキストのみ
入力の量最大32,768トークン最大2,048トークン
出力の質高い低い

実世界での性能と応用

GPT-4は、様々なタスクで測定可能な改善を示しています。

  • 標準化テスト: GPT-4は標準化テストで上位10%に入る性能を示し、GPT-3.5の下位ランキングを上回っています。
  • コード生成: 自然言語からのSQLコード生成において、GPT-4はGPT-3.5を上回るニュアンスの理解を示しています。
  • 世界モデルに基づく推論: GPT-4は、複雑なシナリオに対するより深い理解を示す強化された推論能力を示しています。
  • 幻覚の減少: GPT-4は、不確かな場合に誤ったまたは想像上の回答を生成することが減少し、より正確で信頼性の高い出力を提供します。
左側アイコン
AI Lab

詳細な情報と詳細な比較については、以下のソースを参照してください

ThoughtSpot | The AI-Powered Analytics Platform
ThoughtSpot is the AI-Powered Analytics platform that empowers everyone to ask any data questions in natural language, get accurate answers, and take action.
Purchase Intent Data for Enterprise Tech Sales and Marketing | TechTarget
Identify, influence and engage active buyers in your tech market with TechTarget’s purchase intent insight-powered solutions. Activity matters.

実際に人間の担当者が試してみた

プロンプトは一致させて、GPT-4とGPT3.5の回答の精度の違いを見ていきましょう。

マルチモーダル能力の違い

GPT-3.5の場合は画像が送れないので画像生成したプロンプトだけ送信
GPT-4は画像の内容を実際に分析しています。

GPT-3.5では画像生成、画像分析はできないですが、GPT-4では両方の実現が可能です。

また、キャプションも「SNSで投稿をする前提」で生成しており、ユーザーのプロンプトから想定してハッシュタグの内容も考えています。

出力内容の違い

GPT-3.5の結果
GPT-4の結果

回答において修正箇所の指摘は同様でしたが、修正後の文章の精度が全くもって違います。

また、GPT-4においては修正後の全体文章の修正をしており、プロンプトで送信していた文章の他の表現も修正した内容を回答で生成しています。

左側アイコン
AI Lab

ここまでの簡単な文章のやり取りだけでも、GPT-3.5とGPT-4で性能が雲泥の差であることが分かりますね...!OpenAIからもGPT-3.5は日常のタスクに利用するよう推奨されています。

ChatGPTでGPT-4を利用するには月額20ドルのChatGPT Plusへの課金が必要となりますが、業務効率を向上させること以外にもさまざまなケースで利用ができるので、投資価値について検討してみてください。

また、Microsoft CopilotではGPT-4を無料で触ることも可能なので、まず日常に取り入れる習慣が欲しい方はそちらから利用してみるのがおすすめです。

AIによるまとめ

GPT-4は、GPT-3.5からの重要な進化を代表し、標準化テストの支援から高度なコード生成に至るまで、さまざまな言語処理タスクにおいて強化された能力を提供します。しかし、これらの能力の向上は、効果的に最新のAI技術を活用しようとするユーザーにとって、より高いコストと潜在的な含意をもたらす可能性があります。

最後に

弊社では、AIを活用したマーケティングやDXのご相談を承っておりますので、ご興味がある方はぜひご連絡ください。

公式LINEでも随時、生成AIのトレンドや活用方法について発信しています。

Read more

【業務効率化】Claude 3とChatGPTを使ってダイアグラムを自動生成する方法

【業務効率化】Claude 3とChatGPTを使ってダイアグラムを自動生成する方法

ダイアグラムは複雑な情報を視覚的に表現するのに非常に有効ですが、手作業で作成するのは時間がかかります。Claude 3やChatGPTといったAIを活用すれば、テキストベースの指示からフローチャートやUML図、ガントチャートなどを自動生成できます。本記事では、これらのAIを使ってダイアグラムを作成する方法を詳しく解説します。AIによるダイアグラム生成のメリットや注意点、今後の展望についても触れています。

By Hiro from AI Lab
OpenAI Japanの設立で加速する日本の生成AI活用

OpenAI Japanの設立で加速する日本の生成AI活用

OpenAIがついに日本上陸。東京にアジア初の拠点「OpenAI Japan」を設立し、日本語に最適化されたGPT-4カスタムモデルの提供も開始します。日本企業の生成AI活用が加速する中、OpenAIの日本進出が与えるインパクトと、ビジネスにおける活用事例、課題について解説します。日本の皆さん、AIを味方につけた新しいビジネスの可能性に挑戦しましょう!

By Hiro from AI Lab
【Midjourney】最新機能で一貫性のあるAIキャラクターを作る方法

【Midjourney】最新機能で一貫性のあるAIキャラクターを作る方法

本記事では、Midjourney V6で導入された新機能「Character Reference」に焦点を当てます。この機能により、一貫性のあるAIキャラクターを作成することが可能になりました。また、この新機能を活用してAI漫画を制作する方法についても解説します。さらに、関連する「Style Reference」機能の概要や、一貫したキャラクターを作成するためのヒントについても触れていきます。

By Hiro from AI Lab
LINEで相談