ChatGPTでブログ記事を書くチャレンジ!AIライターのセンスと技術を試す

ChatGPTでブログ記事を書くチャレンジ!AIライターのセンスと技術を試す

今回の記事では、GPT Storeで盛り上がりを見せているChatGPTでブログ記事を生成できるかの検証をしていきます。 人間がプロンプトでテーマ設定や内容の細かい評価・修正するだけで、どれほどの質を担保してブログ記事が完成されるのでしょうか。 「ChatGPTの機能であるGPTsでブログ記事を生成できるのか」というテーマでAIライター、ChatGPTが記事を書いていきます。

  • プロンプトの送信回数:8回
  • 使用したAIサービス・モデル:ChatGPT・自動ブログ記事生成GPTs

 2024年もトレンドの中心となるであろうAIについて知識のインプットとしてお読みいただいても、メディア運用をする時間がない方の参考例としても取り扱っていただけるように期待して結果を見ていきたいと思います。

AIとデジタルイノベーションでビジネスを変える時が来ました。

私たちと一緒に、効果的なマーケティングとDXの実現を目指しませんか?

弊社では、生成AI開発やバーチャルインフルエンサーの運用について無料相談を承っております。

お打ち合わせではなくチャットでのご相談もお待ちしております。

目次

GPTsとは何か

実際に作成され公開されているGPTsの例

ブログ執筆のGPTs

 HumanWriterGPT

 Writing Assistant

 Ai Text Generator for Creative Writing

 自動ブログ記事生成GPT

 Blog Expert

コンテンツの品質とリサーチ機能

対応言語とフリー利用可能性

各種GPTsのランキングと結論

最後に

この記事は、AI(人工知能)によって生成されたものです。

内容は専門家による監修や校正を経ておらず、AIの現在の能力と知識ベースに基づいています。

したがって、記事の内容には限界があり、専門的な意見や最新の情報を代替するものではありません。

読者は、この記事を参考の一つとして用いることを推奨し、必要に応じて専門家の意見を求めることをお勧めします。

みなさんGPTって聞いたことありますか?これは、AI技術を使った文章生成システムで、私たちのブログ記事や物語、メール作成に大活躍しているんですよ。

 

最近では、ChatGPTを自分好みにカスタマイズできるGPTsが登場し、その使い勝手はますますアップしています。

★代替テキスト★

ChatGPTとGPTsのニュアンスが混ざりながら話が進んでいきそうですが、AIライターのセンスを見ていきましょう。

GPTsとは何か

GPT(Generative Pre-trained Transformer)は、AI技術を用いて文章を生成するシステムです。人工知能が事前に大量のデータを学習し、それを基に新たなテキストを生成する仕組みを持っています。この技術は、ブログ記事、物語、メール、レポートなど様々な文書作成に活用されています。

2023年11月、OpenAIはChatGPT Plusで使用できるGPTsの新機能を発表しました。これにより、ChatGPTをカスタマイズして、ユーザーの目的に特化したチャットボットを簡単に作成できるようになりました。GPTs(GPT Builder)は、AI技術の民主化を一歩前進させる画期的なツールでーザーが自分自身のChatGPTをカスタマイズし、特定の用途や好みに合わせて調整できるようになっています。

★代替テキスト★

Web検索して内容を出力してくれるので、2023年11月の情報も記載してくれるようになっています。

 

実際に作成され公開されているGPTsの例

GPTsは様々な利用シナリオを想定できます。例えば、特定の知識や性格を持たせたり、特定の業界や趣味に特化したGPTを作成することが可能です。GPTsの作成プロセスには、GPTに名前を付ける、目的や機能を定義する、使用される用途や指示を設定するなどのステップがあります。

具体的なGPTsの活用事例としては、以下のようなものがあります。

注釈: リンクはGPTsによる生成ではなく、担当者によって組み込まれています。

 

これらの事例から、GPTsは様々な業務やクリエイティブな活動を支援するために幅広く活用されていることがわかります。

★代替テキスト★

様々な種類のGPTsをリストアップしてくれました!

 

ブログ執筆のGPTs

このブログでは、以下のGPTsを紹介します。

注釈: リンクはGPTsによる生成ではなく、担当者によって組み込まれています。


1 HumanWriterGPT

ユーザーの指示に基づいて人間のような自然な文章を生成することを目指すGPT。

HumanWriterGPTに、『明るく楽しい家族旅行のブログ記事』と指示すると、笑顔あふれる旅の様子が vividly 描かれた記事が生成されました。読んでいるだけで、まるで自分もその場にいるような気分になります。

  • 人間のような自然な文章生成能力
  • ユーザーの指示に基づく柔軟な文書作成
実際のアウトプット
★代替テキスト★

「では、なぜ〜?」という話し方などは人間らしいですね。アートとデザインへの応用については案している内容で、「伝統的な技法では不可能な独創的な作品を生み出しています」とあります。日本語だと少し機械的なニュアンスですが、英語にするとより自然かもしれません。(概要に途中「vividly」と入っているくらいなので)


2 Writing Assistant

執筆支援に特化したGPTで、文書作成の効率化をサポート。

Writing Assistantに『ビジネスレポートのアウトライン』と頼んだところ、論点がクリアに整理された、効果的なレポートの構成案が提示されました。仕事のスピードが格段に向上しました。

  • 文書作成の効率化
  • 構造化された文章の提案
実際のアウトプット
★代替テキスト★

「では、なぜ〜?」という話し方などは人間らしいですね。アートとデザインへの応用については案している内容で、「伝統的な技法では不可能な独創的な作品を生み出しています」とあります。日本語だと少し機械的なニュアンスですが、英語にするとより自然かもしれません。(概要に途中「vividly」と入っているくらいなので)


3 Ai Text Generator for Creative Writing

創作文学に特化しており、物語や小説のアイデア生成に利用される。

Ai Text Generatorに『宇宙を舞台にしたSF小説のプロット』とリクエストしたら、想像力を刺激する独創的なストーリーが生み出されました。読者を夢中にさせる展開で、書くのが待ちきれません!

  • 創作文学に特化
  • 物語や小説のアイデア生成
実際のアウトプット

 

★代替テキスト★

タイトルから本文作成までしてくれました。書きたいと考えている内容を磨く上で一度言語化してもらうのには有効的なGPTsな気がします。


4 自動ブログ記事生成GPT

ブログ記事の自動生成に特化し、テーマに合わせた質の高いコンテンツを提供。

『最新のテクノロジートレンドについての記事』と頼むと、専門的かつ分かりやすい内容の記事が完成しました。読者の関心を引く情報が満載で、ブログのアクセス数が上昇しました。

  • ブログ記事の自動生成
  • テーマに合わせた質の高いコンテンツ提供
実際のアウトプット

 

★代替テキスト★

アウトラインを作成してから各セクションを作成してくれるので、日本語のブログ記事では最も書きやすいかもしれません。プロンプトでセクション別の編集が可能なので、章別の区切りがあるのは編集を前提にしているととても便利です。


5 Blog Expert

専門的なブログ記事作成に特化し、特定分野の深い知識と洞察を提供。

Blog Expertに『環境問題に関する詳細な解説記事』を依頼したところ、科学的なデータに基づく洞察深い記事が出来上がりました。読者からは、その内容の深さと正確さに対する高い評価が寄せられています。

  • 専門的なブログ記事作成
  • 深い知識と洞察の提供
実際のアウトプット

 

★代替テキスト★

Writing Assistantと同様に内容を細かくするために質問をしてくれたので諸々指定してみましたが、一般的な読者に向ける指定をした場合、だいぶカジュアルに話してくれました。

コンテンツの品質とリサーチ機能

AIの文章品質ってどうやって測るの?と思う方もいるかもしれませんが、実は色々な評価方法があるんです。また、最新情報を取り入れられるリサーチ機能を持つGPTsもあって、これがまた便利!

自動評価と人間評価

 文章生成AIの品質評価には主に二つの方法があります。一つは自動評価で、テストセットや検証セットを使用してモデルの性能を測定します。もう一つは人間評価で、人間が生成された文章を読み、その文章が求めている結果であるかを判断します​。

自動評価の手法

 自動評価には、BLEU、ROUGE、METEORなどの指標があります。これらは、生成されたテキストと参照テキストの類似度を測定することで、テキストの品質を評価します​。具体的には、BLEUはN-gramの一致度を測定し、ROUGEは正解要約中のN-gramのうちどの程度が生成要約に含まれているかを評価し、METEORはWordNetの同義語やステミング処理などを利用してN-gram間の一致を柔軟に測る評価手法です​。

 

評価手法のメリットとデメリット

 BLEUは生成文と参照文のN-gramの一致率に基づく客観的な指標で、ROUGEは生成文と参照文のN-gramや最長共通部分列の一致率に基づく指標です。METEORは生成文と参照文の単語レベルの一致率に基づきます。しかし、これらの指標は単語レベルの一致だけでは意味や文法の正しさを十分に測れないというデメリットがあります。人間評価は、意味や文法の正しさだけでなく、多様性や創造性なども含めた主観的な指標を提供しますが、評価基準や評価者の数などによって評価値が大きく変わる可能性があるというデメリットがあります​。

 

各GPTsのリサーチ機能の有無とその効果

一部のGPTsは最新の情報をインターネットから取得するリサーチ機能を備えています。この機能により、GPTsはより時宜に適した内容の生成が可能になります。リサーチ機能を備えたGPTは、最新のデータやトレンドを反映したコンテンツを提供することができ、特に動的な情報が重要となる分野での利用において大きな強みとなります。 

 

★代替テキスト★

カジュアルな口調から急に博士的な口調になり、内容の難易度が上がりました!笑

次章では、各GPTの対応言語とフリー利用可能性について詳しく見ていきます。

対応言語とフリー利用可能性

世界中で使われているGPTs、さて、どれくらいの言語に対応しているのでしょう?また、無料で使えるGPTsはあるのかな?

各GPTの対応言語

  • HumanWriterGPT: 主に英語に対応していますが、他の言語への対応も進んでいます。
  • Writing Assistant: 英語が主な対応言語ですが、多言語に対応するバージョンも開発中。
  • Ai Text Generator for Creative Writing: 英語に特化していますが、他の西洋言語への対応も見られます。
  • 自動ブログ記事生成GPT: 日本語を含む複数言語に対応しており、特に日本語での生成能力が高い。
  • Blog Expert: 専門性の高い内容を多言語で提供することを目指しています。

フリー利用の可否

  • HumanWriterGPTWriting Assistant: 一部の基本的な機能はフリーで利用可能ですが、高度な機能は有料プランが必要。
  • Ai Text Generator for Creative Writing: 創作支援ツールとしてのフリートライアルが提供されることが多い。
  • 自動ブログ記事生成GPT: 限定的な用途では無料で利用可能ですが、全機能を利用するには有料プランが必要。
  • Blog Expert: 専門的なコンテンツ生成のため、主に有料プランで提供されています。

 

★代替テキスト★

GPTsの利用時点で、ChatGPT Plus(有料)への登録が必要なので無料使用は不可で、追加料金が発生しないはずですが、コストの違いについて説明してくれています。事実とは異なる点を書いてしまう点については人間の確認がまだ必要かもしれませんね。

各種GPTsのランキングと結論

最後に、さまざまな項目でGPTsをランキング形式でご紹介。どのGPTが何に優れているのか、一目瞭然です。

1 自然な文章生成能力

1HumanWriterGPT
2自動ブログ記事生成GPT
3Writing Assistant
4Blog Expert
5Ai Text Generator for Creative Writing

2 ユーザー指示への対応力

1自動ブログ記事生成GPT
2HumanWriterGPT
3Writing Assistant
4Ai Text Generator for Creative Writing
5Blog Expert

3 専門的なコンテンツ生成

1Blog Expert
2Ai Text Generator for Creative Writing
3自動ブログ記事生成GPT
4HumanWriterGPT
5Writing Assistant

4 マルチ言語対応能力

1自動ブログ記事生成GPT
2HumanWriterGPT
3Writing Assistant
4Blog Expart
5Ai Text Generator for Creative Writing

5 利用のしやすさ

1Writing Assistant
2HumanWriterGPT
3自動ブログ記事生成GPT
4Blog Expert
5Ai Text Generator for Creative Writing

6 創造性の刺激

1Ai Text Generator for Creative Writing
2自動ブログ記事生成GPT
3Blog Expert
4HumanWriterGPT
5Writing Assistant

 

総合的な評価と結論

以上のランキングから、GPTsはそれぞれ異なる特徴と強みを持っていることがわかります。自然な文章生成においてはHumanWriterGPTが、ユーザー指示への対応力では自動ブログ記事生成GPTが優れています。専門的なコンテンツ生成ではBlog Expertが、マルチ言語対応では自動ブログ記事生成GPTが、利用のしやすさではWriting Assistantが、創造性の刺激ではAi Text Generator for Creative Writingがそれぞれ1位となりました。ユーザーは自分のニーズに最適なGPTsを選択することで、効果的なブログ生成やその他のテキスト生成を行うことができます。

★代替テキスト★

きちんと各GPTsを公平にランキング付けしてくれましたね。特定のサービスごり押しランキングも作成してみたくなりました。。

注釈: ここから先は人間が書いています。

最後に

ブログ記事を作成する上でGPTsやChatGPTのリサーチ機能があることで情報の鮮度が上がった点は1年前と比較すると感じました。

特定のカテゴリをGPTsで指定して作成する、あるいはブログ記事の各作成フェーズごとのGPTsを作成して使い分けするのも良さそうですね。

量を作成したい場合や対話することで自身の表現内容を磨きたい方は是非、紹介したGPTsを試してみてください。

弊社では、AIを活用したマーケティングやDXのご相談を承っておりますので、ご興味がある方はぜひご連絡ください。

公式LINEでも随時、生成AIのトレンドや活用方法について発信しています。

Read more

【業務効率化】Claude 3とChatGPTを使ってダイアグラムを自動生成する方法

【業務効率化】Claude 3とChatGPTを使ってダイアグラムを自動生成する方法

ダイアグラムは複雑な情報を視覚的に表現するのに非常に有効ですが、手作業で作成するのは時間がかかります。Claude 3やChatGPTといったAIを活用すれば、テキストベースの指示からフローチャートやUML図、ガントチャートなどを自動生成できます。本記事では、これらのAIを使ってダイアグラムを作成する方法を詳しく解説します。AIによるダイアグラム生成のメリットや注意点、今後の展望についても触れています。

By Hiro from AI Lab
OpenAI Japanの設立で加速する日本の生成AI活用

OpenAI Japanの設立で加速する日本の生成AI活用

OpenAIがついに日本上陸。東京にアジア初の拠点「OpenAI Japan」を設立し、日本語に最適化されたGPT-4カスタムモデルの提供も開始します。日本企業の生成AI活用が加速する中、OpenAIの日本進出が与えるインパクトと、ビジネスにおける活用事例、課題について解説します。日本の皆さん、AIを味方につけた新しいビジネスの可能性に挑戦しましょう!

By Hiro from AI Lab
【Midjourney】最新機能で一貫性のあるAIキャラクターを作る方法

【Midjourney】最新機能で一貫性のあるAIキャラクターを作る方法

本記事では、Midjourney V6で導入された新機能「Character Reference」に焦点を当てます。この機能により、一貫性のあるAIキャラクターを作成することが可能になりました。また、この新機能を活用してAI漫画を制作する方法についても解説します。さらに、関連する「Style Reference」機能の概要や、一貫したキャラクターを作成するためのヒントについても触れていきます。

By Hiro from AI Lab
LINEで相談