WWDC 2024: AppleのAI戦略 "Apple Intelligence"とOpenAIとの提携

2024年6月10日、AppleはWWDC (Worldwide Developers Conference) 2024にて、同社のAI戦略の中核となる「Apple Intelligence」を発表しました。iPhoneやiPad、Macに深く統合されるApple Intelligenceは、生成AIの力を活用して、ユーザーの日常タスクを効率化し、よりパーソナルな体験を提供します。さらに、OpenAIとの提携によりChatGPTがiOSに統合されることも明らかになりました。

WWDC 2024: AppleのAI戦略 "Apple Intelligence"とOpenAIとの提携
  • プロンプトの送信回数:5回
  • 使用したモデル:Perplexity, Claude3 Opus

AIとデジタルイノベーションでビジネスを変える時が来ました。
私たちと一緒に、効果的なマーケティングとDXの実現を目指しませんか?
弊社では、生成AI開発やバーチャルインフルエンサーの運用について無料相談を承っております。
お打ち合わせではなくチャットでのご相談もお待ちしております。

お問い合わせ
English Form: Link

目次

Apple Intelligenceの主要機能

Perplexity Proの特徴

Perplexity Proの活用事例

無料版とProの比較

AIによるまとめ

この記事は、AI(人工知能)によって生成されたものです。
内容は専門家による監修や校正を経ておらず、AIの現在の能力と知識ベースに基づいています。
したがって、記事の内容には限界があり、専門的な意見や最新の情報を代替するものではありません。
読者は、この記事を参考の一つとして用いることを推奨し、必要に応じて専門家の意見を求めることをお勧めします。
以下から、AIライターの執筆が始まります。

Apple Intelligenceの主要機能

1 Writing Tools

システム全体で利用可能なWriting Toolsは、ユーザーのテキスト作成をサポートします。テキストの書き直し、校正、要約などが可能です。

iPhone and Mac showing Writing Tools

2 Image Playground

メッセージ、メモ、Keynote、Pagesなどのアプリで、画像生成のためのシンプルなエクスペリエンスを提供します。

3 Genmoji

ユーザーがカスタム絵文字を作成できる新機能。テキストではなくインライン画像として表示されます。

UI of the Image Playground experience shows a colorful image of a brain surrounded by classical instruments and music notation with suggestions for more elements to add to the image

4 写真編集機能

Photos内で、不要な被写体の削除など、AIによる高度な写真編集が可能になります。

A hand taps an object in the background of a photo on iPhone to highlight what to clean up

5 Siriの機能強化

アプリ内の機能をコントロールしたり、写真を編集したり、メールを検索したりできるようになります。

6 メールの分類と返信提案

改良されたMailアプリでは、AIによるメールの分類や返信文の自動提案が可能になります。

Smart Reply options in the Mail app are shown on an iPhone.
左側アイコン
AI Lab

Apple Intelligenceは、iPhoneユーザーの日常的なタスクを大きく変える可能性を秘めています。特にSiriの機能強化は注目で、より自然な会話や、アプリ間の連携が期待できそうです。ただし、プライバシーへの配慮も重要になるでしょう。

OpenAIとの提携

AppleはOpenAIと提携し、ChatGPTをiOS 18に統合することを発表しました。ユーザーの同意のもと、SiriがChatGPTの知識を利用して質問に答えたり、システム全体のライティングツールでChatGPTの文章生成機能を利用できるようになります。

ただし、Appleはプライバシーとセキュリティを重視するため、多くの処理をデバイス上で行い、複雑なリクエストにはApple製チップを搭載したサーバー上のモデルを利用する「Private Cloud Compute」を導入します。

左側アイコン
AI Lab

AppleとOpenAIの提携は、業界に大きなインパクトを与えそうです。ChatGPTの技術を活用しつつ、Appleらしいプライバシー保護の仕組みを取り入れている点が興味深いですね。他社がどう対抗してくるのか、注目です。

業界への影響と反応

AppleとOpenAIの提携は、他のテック企業に大きな影響を与えると見られています。特にGoogleは、検索におけるChatGPTの脅威を感じているとされ、独自のAI戦略を加速させる可能性があります。MicrosoftもOpenAIへの出資を通じて、Office製品へのAI統合を進めています。

一方で、テスラのイーロン・マスク氏はこの提携に反発し、自身の企業でのApple製品の使用を禁止すると表明しました。セキュリティ上の懸念を理由に挙げていますが、AppleとOpenAIの協力関係が、マスク氏の影響力に対する脅威となる可能性も指摘されています。

左側アイコン
AI Lab

AppleとOpenAIの提携は、AI業界のパワーバランスに変化をもたらしそうです。巨大テック企業同士の競争が激化する一方で、プライバシーやセキュリティへの懸念も高まるでしょう。ユーザーにとってベストなAI体験を提供するのは、どの企業になるのか。今後の動向から目が離せません。

プライバシーとセキュリティへの配慮

Appleは、AIにおける新たな基準としてプライバシーとセキュリティを掲げています。Apple Intelligenceの多くの処理はデバイス上で行われ、複雑なリクエストにはApple製チップを搭載したサーバー上のモデルを利用する「Private Cloud Compute」が導入されます。これにより、ユーザーデータを保護しつつ、パーソナライズされたAIの力を提供することが可能になります。

また、ChatGPTとの統合においても、ユーザーの明示的な同意が必要とされます。Appleは、ユーザーのプライバシーを尊重しつつ、AIの恩恵を提供するバランスを取ろうとしているのです。

Apple sets a new standard for privacy in AI
Apple today announced Private Cloud Compute, which extends the industry-leading protections of iPhone to the cloud.
左側アイコン
AI Lab

プライバシーとセキュリティは、AIの発展において欠かせない要素です。Appleのアプローチは、ユーザーの信頼を得るために重要な一歩だと思います。他社もこの点に注目し、AIの倫理的な活用方法を模索していくべきでしょう。

AIによるまとめ

WWDC 2024で発表されたApple IntelligenceとOpenAIとの提携は、Appleの野心的なAI戦略を示すものでした。iPhoneやMacに深く統合されるAIは、ユーザーの日常を大きく変える可能性を秘めています。

同時に、プライバシーとセキュリティへの配慮も欠かせません。Appleは、ユーザーデータを保護しつつ、パーソナライズされたAI体験を提供するバランスを取ろうとしています。

AppleとOpenAIの提携は、業界に大きな影響を与えるでしょう。他社がどのように対抗してくるのか、AIの倫理的な活用方法がどう確立されていくのか。今後のAI業界の動向から目が離せません。

最後に

弊社では、AIを活用したマーケティングやDXのご相談を承っておりますので、ご興味がある方はぜひご連絡ください。

お問い合わせ
English Form: Link

Read more

Claude の新機能「Projects」で AI との協働が変わる - 概要と主要機能

Claude の新機能「Projects」で AI との協働が変わる - 概要と主要機能

2024年6月、Anthropic社はAIアシスタントClaudeに新たな機能「Projects」を導入しました。この機能は、Claude.aiのProおよびTeamプランユーザーを対象に提供されており、AIとの対話をより効果的に組織化し、チーム全体で知識を共有することを可能にします。 本記事では、Projects機能の概要と主要な特徴について詳しく解説し、この新機能がどのように仕事の進め方を変えるのかを探っていきます。

By Hiro from AI Lab
Contact