【Stable Diffusion】話題の画像生成AIの使い方・初心者向けのガイド

【Stable Diffusion】話題の画像生成AIの使い方・初心者向けのガイド
Stable DiffusionをKreaでエンハンスした画像

こんにちは、このブログではAI技術やその応用事例を詳細に比較・レビューしています。今回は、Stable Diffusionという画像生成AIについて、その特徴や使い方、生成例などを紹介します。

  • プロンプトの送信回数:1回
  • 使用したモデル:Microsoft Copilot、ChatGPT
  • Microsoft Copilotは旧Bing Chatのことを指し、Microsoft Copilot for Microsoft 365とは異なります。

AIとデジタルイノベーションでビジネスを変える時が来ました。

私たちと一緒に、効果的なマーケティングとDXの実現を目指しませんか?

弊社では、生成AI開発やバーチャルインフルエンサーの運用について無料相談を承っております。

お打ち合わせではなくチャットでのご相談もお待ちしております。

目次

Stable Diffusionの概要

Stable Diffusionの使い方

 Stable Diffusion Web UIでStable Diffusionを使う

 Stable Diffusion OnlineでStable Diffusionを使う

Stable Diffusionの生成例

Stable Diffusionの活用法

Stable Diffusionのまとめ

この記事は、AI(人工知能)によって生成されたものです。

内容は専門家による監修や校正を経ておらず、AIの現在の能力と知識ベースに基づいています。

したがって、記事の内容には限界があり、専門的な意見や最新の情報を代替するものではありません。

読者は、この記事を参考の一つとして用いることを推奨し、必要に応じて専門家の意見を求めることをお勧めします。

以下から、AIライターの執筆が始まります。

Stable Diffusionの概要

Stable Diffusionは、テキストを入力すると、それに応じた画像を生成するAIです。名前の由来は、画像生成のプロセスにおいて、ノイズを徐々に減らしていくという「拡散」の手法を安定化させたことから来ています。

Stable Diffusionは、OpenAI社が開発した画像生成AI「DALL-E3」の改良版とも言えます。DALL-E3と比べて、以下のような優れた点があります。

  • 画像生成の速度が速い
  • 画像生成の品質が高い
  • 画像生成の多様性が高い
  • 画像生成の柔軟性が高い
★代替テキスト★

あまりにざっくりすぎる比較結果に驚愕です。この後に続く生成結果を見てみて、DALL-E3の画像生成結果を比較してみてください。

Stable Diffusionは、Stable Diffusion Web UIというWEBアプリケーションで利用できます。Stable Diffusion Web UIでは、ブラウザ上で簡単に画像生成ができます。また、Stable Diffusion Onlineというサービスで、無料で画像生成を試すこともできます。

Stable Diffusionの使い方

Stable Diffusionを使うには、以下の2つの方法があります。

  • Stable Diffusion Web UIでStable Diffusionを使う(有料)
  • Stable Diffusion OnlineでStable Diffusionを使う(無料)

★代替テキスト★

ここでは、Stable Diffusion Web UIが有料と生成されましたが、サービス自体は無料です。しかし、Web UI導入の環境にはスペックが高いPCが必要なので結果的に有料となることが多いため、有料と記載されました。

それぞれの方法について、簡単に説明します。

Stable Diffusion Web UIでStable Diffusionを使う

Stable Diffusion Web UIは、Stable Diffusionをブラウザ上で利用できるWEBアプリケーションです。以下の手順で画像生成ができます。

  1. Stable Diffusion Web UIにアクセスする
  2. チャット欄にプロンプトを入力する
  3. 生成された画像を確認する

★代替テキスト★

ざっくりな始め方になってしまっているので、導入専用の記事やMacbookでの環境設置についてはまた別の記事で紹介します。

プロンプトとは、画像生成の指示文のことです。例えば、「サングラスをかけた猫」というプロンプトを入力すると、以下のような画像が生成されます。

A cat wearing sunglasses.

Stable Diffusion Web UIで生成した画像は、商用利用ができます。また、画像のサイズや解像度などを調整することもできます。そのため、本格的に画像生成をしたい場合に向いています。

Stable Diffusion OnlineでStable Diffusionを使う

Stable Diffusion Onlineは、Stable Diffusionを無料で試せるサービスです。以下の手順で画像生成ができます。

  1. Stable Diffusion Onlineにアクセスする
  2. テキストボックスにプロンプトを入力する
  3. 生成された画像を確認する

Stable Diffusion Onlineで生成した画像は、商用利用ができません。また、画像のサイズや解像度などを調整することもできません。そのため、簡単に試してみたい場合に向いています。

Stable Diffusion Onlineを使うには、アカウントの作成や料金の支払いは不要です。ただし、画像生成には時間がかかることがあります。また、画像生成の品質や多様性は、Stable Diffusion Web UIよりも劣ることがあります。

Stable Diffusionの生成例

Stable Diffusionは、様々なプロンプトに対応して、多様な画像を生成することができます。ここでは、いくつかの生成例を紹介します。

人物の画像

Stable Diffusionは、人物の画像を生成することができます。例えば、「笑顔の女性」というプロンプトを入力すると、以下のような画像が生成されます。

A smiling woman

動物の画像

Stable Diffusionは、動物の画像を生成することができます。例えば、「パンダ」というプロンプトを入力すると、以下のような画像が生成されます。

A panda.

風景の画像

Stable Diffusionは、風景の画像を生成することができます。例えば、「雪山」というプロンプトを入力すると、以下のような画像が生成されます。

A snowy mountain.

ロゴの画像

Stable Diffusionは、ロゴの画像を生成することができます。例えば、「Stable Diffusionのロゴ」というプロンプトを入力すると、以下のような画像が生成されます。

A logo for Stable Diffusion.

イラストの画像

Stable Diffusionは、イラストの画像を生成することができます。例えば、「ユニコーンに乗っている女の子」というプロンプトを入力すると、以下のような画像が生成されます。

A girl riding a unicorn.

Stable Diffusionの活用法

Stable Diffusionは、画像生成AIとしてだけでなく、様々な目的に活用することができます。ここでは、Stable Diffusionの活用法の一例を紹介します。

1 アイデアの発想

Stable Diffusionは、自由な発想で画像を生成することができるので、アイデアの発想に役立ちます。例えば、キャラクターのデザインやストーリーの設定などを考えるときに、Stable Diffusionに画像生成を依頼することで、インスピレーションを得ることができます。

2 プレゼンテーションの作成

Stable Diffusionは、プレゼンテーションの作成にも役立ちます。例えば、説明したい内容やイメージをStable Diffusionに画像生成してもらうことで、視覚的に伝えやすくなります。また、Stable Diffusionは画像に文字を入れることもできるので、タイトルやキャプションなども簡単に作成できます。

3 マーケティングの支援

Stable Diffusionは、マーケティングの支援にも役立ちます。例えば、商品やサービスのロゴやポスターなどをStable Diffusionに画像生成してもらうことで、ブランディングやプロモーションに活用できます。

4 教育の支援

Stable Diffusionは、教育の支援にも役立ちます。例えば、学習内容や教材をStable Diffusionに画像生成してもらうことで、学習者の理解や記憶に効果的です。また、Stable Diffusionは、クイズやテストなどの問題を作成することもできます。

Stable Diffusionのまとめ

Stable Diffusionは、テキストを入力すると、それに応じた画像を生成するAIです。Stable Diffusionは、画像生成AIとしてだけでなく、様々な目的に活用することができます。Stable Diffusionは、Stable Diffusion Web UIやStable Diffusion Onlineなどのサービスで利用できます。

Stable Diffusionは、DALL-E3の改良版とも言えるAIです。Stable Diffusionは、画像生成の速度や品質、多様性、柔軟性などが向上しています。Stable Diffusionを使うには、Stable Diffusionのアカウントや料金プランが必要です。また、Stable Diffusionは、画像生成に時間がかかることや、画像生成の品質や多様性にばらつきがあるという欠点もあります。

Stable Diffusionは、まだ開発途中のAIです。今後、さらに機能や品質が向上することが期待されます。Stable Diffusionは、AI技術の進化とともに、私たちの創造性や表現力を刺激し、豊かなコンテンツを生み出すことができるでしょう。

最後に

Stable Diffusionは多くの機能が搭載されていて、画像生成AIの中でもトップクラスの性能を誇っています。

現実的な写真や同一人物画像の生成には最も適している生成AIの一つです。

今後も多くの記事で紹介していきますので、楽しみにしていてください。

Read more

【業務効率化】Claude 3とChatGPTを使ってダイアグラムを自動生成する方法

【業務効率化】Claude 3とChatGPTを使ってダイアグラムを自動生成する方法

ダイアグラムは複雑な情報を視覚的に表現するのに非常に有効ですが、手作業で作成するのは時間がかかります。Claude 3やChatGPTといったAIを活用すれば、テキストベースの指示からフローチャートやUML図、ガントチャートなどを自動生成できます。本記事では、これらのAIを使ってダイアグラムを作成する方法を詳しく解説します。AIによるダイアグラム生成のメリットや注意点、今後の展望についても触れています。

By Hiro from AI Lab
OpenAI Japanの設立で加速する日本の生成AI活用

OpenAI Japanの設立で加速する日本の生成AI活用

OpenAIがついに日本上陸。東京にアジア初の拠点「OpenAI Japan」を設立し、日本語に最適化されたGPT-4カスタムモデルの提供も開始します。日本企業の生成AI活用が加速する中、OpenAIの日本進出が与えるインパクトと、ビジネスにおける活用事例、課題について解説します。日本の皆さん、AIを味方につけた新しいビジネスの可能性に挑戦しましょう!

By Hiro from AI Lab
【Midjourney】最新機能で一貫性のあるAIキャラクターを作る方法

【Midjourney】最新機能で一貫性のあるAIキャラクターを作る方法

本記事では、Midjourney V6で導入された新機能「Character Reference」に焦点を当てます。この機能により、一貫性のあるAIキャラクターを作成することが可能になりました。また、この新機能を活用してAI漫画を制作する方法についても解説します。さらに、関連する「Style Reference」機能の概要や、一貫したキャラクターを作成するためのヒントについても触れていきます。

By Hiro from AI Lab
LINEで相談