【画像生成AI】Stable Diffusion WebUI Forge: WebベースのUIを次のレベルへ

技術的な問題に直面し、解決策を見つける過程は、時に困難を伴いますが、学びと成長の機会でもあります。今回は、『Stable Diffusion WebUI Forge』の導入と利用に焦点を当て、このツールが提供する可能性とそのセットアップの過程について詳しく探求してきました。

【画像生成AI】Stable Diffusion WebUI Forge: WebベースのUIを次のレベルへ
  • プロンプトの送信回数:10回
  • 使用したモデル:Microsoft Copilot、ChatGPT、Gemini Advanced
  • Microsoft Copilotは旧Bing Chatのことを指し、Microsoft Copilot for Microsoft 365とは異なります。

AIとデジタルイノベーションでビジネスを変える時が来ました。

私たちと一緒に、効果的なマーケティングとDXの実現を目指しませんか?

弊社では、生成AI開発やバーチャルインフルエンサーの運用について無料相談を承っております。

お打ち合わせではなくチャットでのご相談もお待ちしております。

目次

Stable Diffusion WebUI Forgeの概要

Stable Diffusion WebUI Forgeの目的

Stable Diffusion WebUI Forgeでできること

Stable Diffusion WebUI Forgeのインストール方法

AIによるまとめ

この記事は、AI(人工知能)によって生成されたものです。

内容は専門家による監修や校正を経ておらず、AIの現在の能力と知識ベースに基づいています。

したがって、記事の内容には限界があり、専門的な意見や最新の情報を代替するものではありません。

読者は、この記事を参考の一つとして用いることを推奨し、必要に応じて専門家の意見を求めることをお勧めします。

以下から、AIライターの執筆が始まります。

Stable Diffusion WebUI Forgeの概要

Stable Diffusion WebUI Forgeは、Stable DiffusionのWebベースのユーザーインターフェースを高速化し、最適化するためのプラットフォームです。Minecraft Forgeにインスパイアされたこのプロジェクトは、開発の簡易化、リソース管理の最適化、推論速度の向上を目指しています。

GitHub - lllyasviel/stable-diffusion-webui-forge
Contribute to lllyasviel/stable-diffusion-webui-forge development by creating an account on GitHub.

開発背景

Stable Diffusion WebUI Forgeは、Minecraft Forgeからインスピレーションを受けたプロジェクトです。Minecraft Forgeは、Minecraftの機能を拡張し、カスタムMODを簡単に導入できるようにするためのツールキットです。同様に、Stable Diffusion WebUI Forgeも、Stable Diffusionの機能を拡張し、より高度なカスタマイズや効率的なリソース管理を可能にすることを目指しています。

開発者について

lllyasviel氏は、技術コミュニティにおいて、AIとディープラーニングの分野で貢献をしている開発者です。彼のGitHubページには、Stable Diffusion WebUI Forgeの他にも、様々なAI関連のプロジェクトが公開されており、これらのプロジェクトを通じて、AI技術の普及と発展に貢献しています。

左側アイコン
AI Lab

Stable Diffusionを利用したことがある方はよく知る『ControlNet』の開発者の方です!

今後の展望

Stable Diffusion WebUI Forgeの開発は、コミュニティのフィードバックやニーズに基づいて継続的に行われています。将来的には、新しい機能の追加や性能のさらなる最適化、ユーザーインターフェースの改善などが期待されます。また、開発者やユーザーからの提案や貢献によって、新しい使い方や応用が生まれる可能性もあります。

Stable Diffusion WebUI Forgeの目的

このプロジェクトの主な目的は、Stable DiffusionのWebUIを使いやすく、より効率的にすることです。開発者が容易にカスタマイズできるようにし、リソースをより効率的に利用することで、全体のパフォーマンスを向上させます。

主な改善点には以下のようなものがあります:

  • パフォーマンスの向上: 高性能GPUを搭載したユーザー(例えば4090)は、推論速度の向上、GPUメモリ使用量の削減、メモリ不足(OOM)に陥ることなく、より高解像度およびバッチサイズで画像を処理できるようになります。特に、ControlNetとSDXLにおいて、顕著な速度改善と容量増加が報告されています。
  • Unet Patcher: この機能により、Self-Attention GuidanceやStyleAlignなどの様々な方法を簡単に実装でき、複雑なコーディングの必要性を大幅に削減し、他の拡張機能との競合を解消します。
  • 新しいサンプラー: Forgeはプラットフォームに追加のサンプラーを導入し、画像生成タスクの多様性とパフォーマンスを向上させます。
  • インターフェースとバックエンドの変更: これらの進歩にもかかわらず、ForgeはAutomatic1111 WebUIのユーザーインターフェースを維持し、ユーザーに親しみやすさを保っています。しかし、バックエンドはリソース管理を向上させるために大幅に改修され、以前はGPUリソースを管理するために使用されていたコマンドラインフラグの必要性をなくしました。
左側アイコン
AI Lab

lllyasviel氏本人からの今回の開発背景についてもお読みいただくことで改善理由について理解できるかと思います!

Development Plan · lllyasviel stable-diffusion-webui-forge · Discussion #166
Forge is a platform on top of Stable-Diffusion-WebUI to make speed faster and make development easier. We will get all updates from the dev branch of original webui automatically with bots, and we…

Stable Diffusion WebUI Forgeでできること

  • 推論速度の向上
  • GPUメモリ使用量の削減
  • 新しいサンプラーやメソッドの簡単な実装
  • 既存のSD-WebUIとの互換性維持

Forgeは、Unet Patcherの導入により、様々な新しい技術や方法論を約100行のコードで実装可能にします。また、複数の新しいサンプラーを追加し、GPUリソースの管理を改善しました。

左側アイコン
AI Lab

GPU問題を抱えていたユーザーにとっては嬉しすぎます....!

Stable Diffusion WebUI Forgeのインストール方法

主に2つの方法で行うことができます:Gitを使用した方法と、ワンクリックインストールパッケージを使用した方法です。

Gitを使用したインストール方法

1 Gitのインストール

まず、お使いのシステムにGitがインストールされていない場合は、Git公式サイトからダウンロードしてインストールしてください。

2 リポジトリのクローン

ターミナルまたはコマンドプロンプトを開き、以下のコマンドを実行して『Stable Diffusion WebUI Forge』のリポジトリをクローンします。

bash

git clone https://github.com/lllyasviel/stable-diffusion-webui-forge.git


このコマンドは、リポジトリの内容をローカルマシンにコピーします。

3 依存関係のインストール

クローンしたディレクトリに移動し、以下のコマンドを実行して必要な依存関係をインストールします。

bash

cd stable-diffusion-webui-forge
pip install -r requirements.txt

このステップでは、Pythonとpipがインストールされている必要があります。

4 WebUIの起動

依存関係のインストールが完了したら、リポジトリ内の指示に従ってWebUIを起動します。多くの場合、特定のスクリプトファイルを実行することで起動します。詳細な起動方法はリポジトリのREADMEファイルを参照してください。

ワンクリックインストールパッケージを使用したインストール方法

1 インストールパッケージのダウンロード

『Stable Diffusion WebUI Forge』のGitHubリポジトリ、または提供されているリンクからワンクリックインストールパッケージをダウンロードします。

GitHub - lllyasviel/stable-diffusion-webui-forge
Contribute to lllyasviel/stable-diffusion-webui-forge development by creating an account on GitHub.

2 パッケージの解凍

ダウンロードしたファイルを解凍(展開)します。

3 アップデートスクリプトの実行

解凍したディレクトリ内でupdate.bat(Windowsの場合)または対応するスクリプトを実行して、Forgeを最新の状態にアップデートします。

4 WebUIの起動

run.bat(Windowsの場合)または対応するスクリプトを実行してForgeを起動します。

左側アイコン
AI Lab

最新の開発情報を入手し、最新情報を確認するには、Stable Diffusion WebUI Forge GitHubページを訪問してください。

AIによるまとめ

Stable Diffusion WebUI Forgeは、Stable DiffusionのWebベースのユーザーインターフェースを高速化し、最適化するためのプラットフォームです。このプロジェクトは、開発の簡易化、リソース管理の最適化、推論速度の向上を目指しており、その目的はStable DiffusionのWebUIを使いやすく、より効率的にすることです。

開発者であるlllyasviel氏は、AIとディープラーニングの分野で貢献をしている開発者で、彼のGitHubページには、Stable Diffusion WebUI Forgeの他にも、様々なAI関連のプロジェクトが公開されています。。

最後に

弊社では、AIを活用したマーケティングやDXのご相談を承っておりますので、ご興味がある方はぜひご連絡ください。

公式LINEでも随時、生成AIのトレンドや活用方法について発信しています。

Read more

【業務効率化】Claude 3とChatGPTを使ってダイアグラムを自動生成する方法

【業務効率化】Claude 3とChatGPTを使ってダイアグラムを自動生成する方法

ダイアグラムは複雑な情報を視覚的に表現するのに非常に有効ですが、手作業で作成するのは時間がかかります。Claude 3やChatGPTといったAIを活用すれば、テキストベースの指示からフローチャートやUML図、ガントチャートなどを自動生成できます。本記事では、これらのAIを使ってダイアグラムを作成する方法を詳しく解説します。AIによるダイアグラム生成のメリットや注意点、今後の展望についても触れています。

By Hiro from AI Lab
OpenAI Japanの設立で加速する日本の生成AI活用

OpenAI Japanの設立で加速する日本の生成AI活用

OpenAIがついに日本上陸。東京にアジア初の拠点「OpenAI Japan」を設立し、日本語に最適化されたGPT-4カスタムモデルの提供も開始します。日本企業の生成AI活用が加速する中、OpenAIの日本進出が与えるインパクトと、ビジネスにおける活用事例、課題について解説します。日本の皆さん、AIを味方につけた新しいビジネスの可能性に挑戦しましょう!

By Hiro from AI Lab
【Midjourney】最新機能で一貫性のあるAIキャラクターを作る方法

【Midjourney】最新機能で一貫性のあるAIキャラクターを作る方法

本記事では、Midjourney V6で導入された新機能「Character Reference」に焦点を当てます。この機能により、一貫性のあるAIキャラクターを作成することが可能になりました。また、この新機能を活用してAI漫画を制作する方法についても解説します。さらに、関連する「Style Reference」機能の概要や、一貫したキャラクターを作成するためのヒントについても触れていきます。

By Hiro from AI Lab
LINEで相談