【Midjourney】2024年2月最新版の魅力とは?スタイルリファレンス機能で広がる創造の可能性

2024年2月1日にアップデートされたMidjourneyの「スタイルリファレンス」について徹底解説します。

【Midjourney】2024年2月最新版の魅力とは?スタイルリファレンス機能で広がる創造の可能性

Midjourneyは、AIを活用した画像生成ツールとして注目を集めています。その中でも、最近のアップデートにより導入されたスタイルリファレンス機能は、画像生成の可能性をさらに広げています。この記事では、この新機能の使い方とその可能性について掘り下げていきます。

  • プロンプトの送信回数:4回
  • 使用したモデル:ChatGPT、GPTs

AIとデジタルイノベーションでビジネスを変える時が来ました。

私たちと一緒に、効果的なマーケティングとDXの実現を目指しませんか?

弊社では、生成AI開発やバーチャルインフルエンサーの運用について無料相談を承っております。

お打ち合わせではなくチャットでのご相談もお待ちしております。

目次

スタイルリファレンス機能の概要

使用方法

人間の担当者が試してみた

スタイルリファレンスの活用事例

注意点と今後の展望

AIによるまとめ

この記事は、AI(人工知能)によって生成されたものです。

内容は専門家による監修や校正を経ておらず、AIの現在の能力と知識ベースに基づいています。

したがって、記事の内容には限界があり、専門的な意見や最新の情報を代替するものではありません。

読者は、この記事を参考の一つとして用いることを推奨し、必要に応じて専門家の意見を求めることをお勧めします。

以下から、AIライターの執筆が始まります。

スタイルリファレンス機能の概要

スタイルリファレンス機能は、特定の画像スタイルを基に新しい画像を生成するためのものです。ユーザーはURLを通じて参照画像を指定し、その画像のスタイルを模倣した作品を作成することが可能になります。

左側アイコン
AI Lab

2024年2月1日本日に更新されたMidjourneyの新しいアップデート「スタイルリファレンス」機能です!

Midjourneyの基本についてはこちらから

【Midjourney】マスターへの道:AI画像生成の魅力を最大限に引き出すテクニックとコマンド
最近のAI技術の進化は、特にクリエイティブな分野で注目を集めています。その中でも、Midjourneyは画像生成AIのフロントランナーとして脚光を浴びています。このブログでは、Midjourneyの基本機能からそのユニークな特徴まで、詳しく解説します。

使用方法

  • プロンプトの作成: /imagine コマンドに続いて、生成したい内容のテキストを記述します。
  • スタイルリファレンスの指定: --sref コマンドを使用し、スタイル参照画像のURLを入力します。複数のURLを指定することも可能です。
  • 重み付けと強度の調整: 各スタイルリファレンスに重みを付けることができ(例:--sref urlA::2)、スタイルの全体的な強度も --sw コマンドで調整可能です。
左側アイコン
AI Lab

とても簡単なので試してみやすいです!

プロンプトの具体例

このプロンプトは、Midjourneyに対して現代東京の風景を浮世絵スタイルで描くよう指示しています。スタイルリファレンスのURLは架空のものであり、実際に使用する際は適切な画像のURLを探して入力する必要があります。
  • 基本のイメージ指示: 「modern Tokyo cityscape with a mix of neon lights and traditional architecture」(現代の東京の風景にネオンライトと伝統的な建築を混ぜる)
  • スタイルリファレンス: --sref に続いて、浮世絵スタイルの画像を参照するURLを2つ指定しています。
  • 重み付け: 最初のURLには重み「2」を、次のURLには重み「3」を設定しています。
  • スタイル強度: スタイル化の強度は「500」に設定しています。

このように、Midjourneyのスタイルリファレンス機能を使うと、特定のアートスタイルや美学に基づいた画像を生成することが可能になります。ユーザーは、クリエイティブなアイデアに基づいて独自のプロンプトを作成し、AIを活用して独特の画像を生成することができます。

左側アイコン
AI Lab

この後具体的に、人間の担当者が実際に試してみようと思います。

人間の担当者が試してみた

ここからは人間の担当者が早速スタイルリファレンスを活用して、イラストのスタイルと美女を一貫したスタイルで生成してみます。

試したいこと

以下の画像の雰囲気をリアルな美女にしたいです。

この柔らかいスタイルをプロンプトの上にかけ合わせることができたら、さらに画像のクオリティが上がりそうで楽しみです。

NijiJourney V6で生成した画像です。
NijiJourney V6で生成した画像です。

Nijijourneyで作成した甘くて可愛い綿菓子のような世界観とMidjourneyのリアルな人間の生成をかけ合わせてみましょう。

使用したプロンプト

プロンプトの終わりに「:」をつけないとエラーが起きました。

ちなみにこのプロンプトは以下の女の子が登場した時の内容と同一のものを使用してみます。

MidJourney V6で生成した画像です。
左側アイコン
AI Lab

端的に言ってイラストとリアル写真をかけ合わせたらどうなるかな?という試作ですね

結果

「ふええ〜〜」と言った声が思わず出てしまうくらい可愛すぎるプリンセス系の美少女が登場してしまいました。

正直に言って感動しました...。

衣装や画風を変更するときは、細かい点を言語化するのが難しいことも多いので、細かな修正が必要で時間のリソースを取られてしまうことが多かったですが、だいぶ画像生成の効率が上がりそうです!

また、ランダムに生まれた想定よりも可愛い画像のスタイルを別の画像に生かすことができる点も無駄がなくなると言えるので、作業効率全体が上がりそうな新機能ですね。

別バージョンのスタイルリファレンス結果。可愛すぎて保存の手が止まらないです。

今回のスタイルリファレンスに対して感じた主観を人間の担当者がまとめてみました。

  • 衣装やスタイルなど「プロンプト」で言語化が難しいクリエイティブな領域で自身のイメージと近づける際に使用する。
  • 生成した人間の顔や体型、ポーズは変えずに、衣装や画像のテイストを変更することができる。
  • スタイルリファレンスを反映する必要がない箇所に対して、プロンプトで固定する必要がある。
  • 複数の画像のスタイルを掛け合わせて設定できるので、よりアート性の高い画像生成が可能である。

メイクアップ技術のクオリティが非常に高いですね。次のブログではこの子を全身にしたり、動画にしたりしてみます。

スタイルリファレンスの活用事例

  • アートスタイルの模倣: 特定の画家のスタイルや、特定の時代や流派の芸術運動を模倣する。
  • 写真スタイルの再現: 特定の写真家の撮影スタイルや、特定の映画のビジュアルスタイルを再現する。
  • 複数スタイルの融合: 異なるスタイルの要素を組み合わせ、独自のビジュアルスタイルを作成する。
左側アイコン
AI Lab

実際にDiscord上に複数の作品が上がっていますが、クオリティが高いです...

同時期にアップデートされたNijiJourney V6に関する記事はこちらから

【Nijijourney V6】AI画像生成の新時代へ!Nijijourney V6アップデートの全貌
最近のAI画像生成技術の進歩は目覚ましく、特にNijijourney V6の最新アップデートが注目を集めています。このブログでは、2024年1月に実施されたNijijourney V6のアップデートの特徴とその可能性について詳しく見ていきましょう。

注意点と今後の展望

  • 現在はアルファ版であり、今後のアップデートにより機能が変更される可能性があります。
  • スタイルリファレンスは、テキストプロンプトを含むジョブにのみ影響を及ぼします。
  • Midjourneyは、将来的に「Consistent Character」機能を追加する予定です。これは、--cref 引数を用いて同様の方法で機能します。
左側アイコン
AI Lab

スタイルリファレンスの性能が高いので、キャラクターが一貫生成出来るようになったらさらにMidjourneyのユーザー数が増加しそうです。

AIによるまとめ

Midjourneyのスタイルリファレンス機能は、AI画像生成の領域において画期的な進展をもたらしています。この機能を活用することで、ユーザーはより細かく、個性的な画像を作成することができるようになります。クリエイティブな表現の幅が拡がるこの新しい機能をぜひ試してみてください。

何度見ても可愛いですね。是非皆様も試してみてください!

最後に

弊社では、AIを活用したマーケティングやDXのご相談を承っておりますので、ご興味がある方はぜひご連絡ください。

公式LINEでも随時、生成AIのトレンドや活用方法について発信しています。

Read more

【業務効率化】Claude 3とChatGPTを使ってダイアグラムを自動生成する方法

【業務効率化】Claude 3とChatGPTを使ってダイアグラムを自動生成する方法

ダイアグラムは複雑な情報を視覚的に表現するのに非常に有効ですが、手作業で作成するのは時間がかかります。Claude 3やChatGPTといったAIを活用すれば、テキストベースの指示からフローチャートやUML図、ガントチャートなどを自動生成できます。本記事では、これらのAIを使ってダイアグラムを作成する方法を詳しく解説します。AIによるダイアグラム生成のメリットや注意点、今後の展望についても触れています。

By Hiro from AI Lab
OpenAI Japanの設立で加速する日本の生成AI活用

OpenAI Japanの設立で加速する日本の生成AI活用

OpenAIがついに日本上陸。東京にアジア初の拠点「OpenAI Japan」を設立し、日本語に最適化されたGPT-4カスタムモデルの提供も開始します。日本企業の生成AI活用が加速する中、OpenAIの日本進出が与えるインパクトと、ビジネスにおける活用事例、課題について解説します。日本の皆さん、AIを味方につけた新しいビジネスの可能性に挑戦しましょう!

By Hiro from AI Lab
【Midjourney】最新機能で一貫性のあるAIキャラクターを作る方法

【Midjourney】最新機能で一貫性のあるAIキャラクターを作る方法

本記事では、Midjourney V6で導入された新機能「Character Reference」に焦点を当てます。この機能により、一貫性のあるAIキャラクターを作成することが可能になりました。また、この新機能を活用してAI漫画を制作する方法についても解説します。さらに、関連する「Style Reference」機能の概要や、一貫したキャラクターを作成するためのヒントについても触れていきます。

By Hiro from AI Lab
LINEで相談