【3D生成AI】2D画像を3Dアニメーションに変える魔法のツール、LeiaPix AIとは?

写真を見るときに、もっと動きがあればいいのにと思ったことはありませんか?例えば、旅行で撮った風景写真が、まるでそこにいるかのように動いて見せてくれたら、感動的ではないでしょうか?また、家族や友人との思い出の写真が、まるで生きているかのように微笑んだり、目を合わせたりしてくれたら、嬉しくないでしょうか?そんなあなたの願いを叶えるのが、LeiaPix AIです。本日はLeiaPix AIについてご紹介いたします。

【3D生成AI】2D画像を3Dアニメーションに変える魔法のツール、LeiaPix AIとは?

  • プロンプトの送信回数:10回
  • 使用したモデル:Microsoft Copilot、ChatGPT、Gemini Advanced
  • Microsoft Copilotは旧Bing Chatのことを指し、Microsoft Copilot for Microsoft 365とは異なります。

AIとデジタルイノベーションでビジネスを変える時が来ました。

私たちと一緒に、効果的なマーケティングとDXの実現を目指しませんか?

弊社では、生成AI開発やバーチャルインフルエンサーの運用について無料相談を承っております。

お打ち合わせではなくチャットでのご相談もお待ちしております。

目次

はじめに

LeiaPix AIの3つの特長

LeiaPix AIの活用例

人間の担当者が試してみた

AIによるまとめ

この記事は、AI(人工知能)によって生成されたものです。

内容は専門家による監修や校正を経ておらず、AIの現在の能力と知識ベースに基づいています。

したがって、記事の内容には限界があり、専門的な意見や最新の情報を代替するものではありません。

読者は、この記事を参考の一つとして用いることを推奨し、必要に応じて専門家の意見を求めることをお勧めします。

以下から、AIライターの執筆が始まります。

はじめに

LeiaPix AIは、2D画像を3Dアニメーションに変換するサービスです。LeiaPix AIは、Leia.inc社が開発したサービスで、Leiaの使命は、没入型の3D・AI体験を通じてデジタル世界を生き生きさせることです。LeiaのナノテクノロジーやAIソフトウェアは、3Dコンテンツをあらゆるデバイスのすべての人が利用できるようにするとのことです。

LeiaPix | Depth Animations
Bring your images to life. LeiaPix lets you turn any of your favorite images into stunning Depth Animations.

LeiaPix AIは、通常の2D画像を没入型3Dライトフィールド画像に変換するためのシンプルで便利な方法を提供します。このツールを使用することにより、ユーザーは視覚コンテンツの新しい次元を探索し、その深さとリアリズムを向上させることができます。

LeiaPix AIの3つの特長

1 誰でも簡単に使えるシンプルさ

難しい設定や操作は一切不要。画像をアップロードして、パラメータを調整するだけで、あなただけの3Dアニメーションが完成します。他の動画生成AIツールは、テキストや画像を用いて指示を入力するとイメージに合った動画を作成できます。しかし、LeiaPix AIは、2Dの静止画を3Dのアニメーションに変換するという、特異な機能を持っています。

2 奥行き感のあるアニメーション

LeiaPix AIは、単なる動きをつけるだけではありません。周囲をぼかしたり、中央の人物を動かすことで、奥行きのある動きをつけることが可能です。写真に奥行きを与え、まるで本物のようにリアルな3D空間を表現します。

3 幅広い表現力

風景、人物、物体など、あらゆる種類の画像を3Dアニメーションに変換できます。

・風景写真に動きを与えて、雄大な自然を体感

・人物写真に命を吹き込んで、思い出を鮮やかに蘇らせる

・商品画像を3D化して、販売力をアップ

・イラストに奥行きを与えて、作品をより魅力的に

・ロゴやアイコンをアニメーション化して、視覚的な訴求力を高める

左側アイコン
AI Lab

プロンプトが不要でシンプルな操作方法なので、簡単に生成可能です。

LeiaPix AIの活用例

LeiaPix AIは、さまざまな種類の画像に対応していますが、以下のような画像が特に適しています。

  • 風景写真:山や海、森などの風景写真は、奥行き感を強調するのに適しています。LeiaPix AIで風景写真をアニメーションにすると、まるでその場にいるかのように感じられます。
  • 人物写真:中央に人物がいる写真は、人物を動かすことで奥行き感を出すのに適しています。LeiaPix AIで人物写真をアニメーションにすると、まるでその人と対話しているかのように感じられます。
  • 物体の写真:特定の物体が主題の写真は、物体を回転させるなどして奥行き感を出すのに適しています。LeiaPix AIで物体の写真をアニメーションにすると、まるでその物体を手に取って見ているかのように感じられます。
  • イラスト:2Dのイラストも3D化できます。特に、色数が多いイラストや、グラデーションや自然食の多いイラストが適しています。LeiaPix AIでイラストをアニメーションにすると、まるでそのイラストが立体的になっているかのように感じられます。

ただし、LeiaPix AIはAIベースのツールであるため、結果はアップロードする画像の内容や品質に大きく依存します。最適な結果を得るためには、高解像度で明瞭な画像を使用することをお勧めします。

左側アイコン
AI Lab

上記の画像であれば基本的にアニメーションにすることは可能でしたが、高解像度であればあるほどアニメーションに質が向上するので元画像のクオリティは意識する要素かもしれません。

人間の担当者が試してみた

今回はDALL-E3で生成した風景画像で試してみます。

大自然を生成してみた

この画像を初期画面にアップロードします。

アップロード画面

アップロードが完了すると進捗率が表示されます。

昨日は50%で固まってしまったのですが、基本的には数秒で完了

画面が切り替わり編集画面が表示されたら、編集開始です。

編集画面で左側のメニュー欄に各種機能があります。

以下から、各種編集機能について解説いたします。

Animation Style

動きのパターンを選択します。様々なアニメーションスタイルが用意されており、それぞれ異なる動きを生成します。

アニメーション機能も今後随時増えていきそうです。

Loop(繰り返し)やReverse(逆再生)の機能もできるのでアレンジが非常にしやすいです。

カスタマイズ機能も豊富に設定

[zoom]のアニメーションを[Loop]再生にするとこのような動画になります。

0:00
/0:05

[Horizontal]のアニメーションを[Loop]で[Reverse]にすると以下のような動画になります。

0:00
/0:04

Amount of Motion

アニメーションの動きを調整可能です。スローな映像にするか、浮遊感や動画内の動きを細かく設定するかは生成する元の2D画像に合わせて設定することが良さそうです。

0:00
/0:02

100%に設定するとzoomでこのような形になります。

Animation Length

アニメーションの長さを1秒〜10秒の間で好きな長さに調整可能です。値を大きくすると、アニメーションの時間が長くなります。

Focus Point

視点位置を調整します。視点を移動すると、アニメーションの中心点が変わります。[Close]と[Far]で自動的に判別してもらうこともできますし、[Set Focus Point]で好きな箇所に焦点を当てることも可能です。

実際の操作イメージ

Edge Dilation

3Dオブジェクトの境界を洗練させ、作品に洗練された仕上がりを加えるための機能です。具体的には、3Dオブジェクトのエッジ(境界)周辺での遷移を滑らかにすることができます。これにより、アニメーションの質感や見栄えを向上させることが可能です。

Depth Map

深度マップを編集します。深度マップを調整することで、アニメーションの奥行き感を細かく調整することができます。

  1. Depth:深度マップの深度を調整します。深度を大きくすると、アニメーションの奥行き感が強くなります。
  2. Size:ブラシのサイズを調整します。サイズを大きくすると、一度に編集する範囲が広がります。
  3. Hardness:ブラシの硬さを調整します。硬さを大きくすると、ブラシのエッジが鋭くなり、より精密な編集が可能になります。
  4. Opacity:ブラシの透明度を調整します。透明度を大きくすると、ブラシの色が濃くなり、深度マップの編集がより明確になります。
  5. Replace Depth Map:新しい深度マップをアップロードします。これにより、ユーザーは自分で作成した深度マップを使用してアニメーションを作成することができます。

これらの機能を使って、自分の好みに合わせた深度マップを作成することができます。具体的な操作方法や効果については、LeiaPix AIの公式ウェブサイトで詳細な情報を提供しています。

Export

LeiaPix AIのエクスポート方法は以下の通りです:

  1. まず、アニメーションが完成したら、画面右上の「Export」ボタンをクリックします。
  2. 次に、エクスポートするファイル形式を選択します。LeiaPix AIでは、MP4やGIFなど、さまざまなファイル形式がサポートされています。
  3. 最後に、「Save」ボタンをクリックして、アニメーションをダウンロードします。

生成結果はこちら

0:00
/0:03

2Dの画像から3Dのアニメーション風動画が完成しました!

画質等も維持されながら対象物が崩れることなく、画像に立体感が生まれていてショートムービー等にも活用できそうです。

おまけ

Runwayで人物やキャラクターにアニメーションの動きをつけて、Leia Pixでは背景やシーンにアニメーションをつけることで、さらに進化した動画が生成できそうという印象です。

0:00
/0:04

画面左がRunway 画面右がLeia Pix

AIによるまとめ

LeiaPix AIは、技術の進化とともに、ビジネスや社会課題への応用が広がり、個々のユーザーへの適応とデータの活用を通じて、その価値をさらに高めていくことが期待されます。

LeiaPix AIは、2D画像を3Dアニメーションに変える魔法のツールです。あなたの写真に新たな深みを与えて、感動的な体験を提供します。ぜひ、LeiaPix AIをお試しください。

最後に

弊社では、AIを活用したマーケティングやDXのご相談を承っておりますので、ご興味がある方はぜひご連絡ください。

公式LINEでも随時、生成AIのトレンドや活用方法について発信しています。

Read more

【業務効率化】Claude 3とChatGPTを使ってダイアグラムを自動生成する方法

【業務効率化】Claude 3とChatGPTを使ってダイアグラムを自動生成する方法

ダイアグラムは複雑な情報を視覚的に表現するのに非常に有効ですが、手作業で作成するのは時間がかかります。Claude 3やChatGPTといったAIを活用すれば、テキストベースの指示からフローチャートやUML図、ガントチャートなどを自動生成できます。本記事では、これらのAIを使ってダイアグラムを作成する方法を詳しく解説します。AIによるダイアグラム生成のメリットや注意点、今後の展望についても触れています。

By Hiro from AI Lab
OpenAI Japanの設立で加速する日本の生成AI活用

OpenAI Japanの設立で加速する日本の生成AI活用

OpenAIがついに日本上陸。東京にアジア初の拠点「OpenAI Japan」を設立し、日本語に最適化されたGPT-4カスタムモデルの提供も開始します。日本企業の生成AI活用が加速する中、OpenAIの日本進出が与えるインパクトと、ビジネスにおける活用事例、課題について解説します。日本の皆さん、AIを味方につけた新しいビジネスの可能性に挑戦しましょう!

By Hiro from AI Lab
【Midjourney】最新機能で一貫性のあるAIキャラクターを作る方法

【Midjourney】最新機能で一貫性のあるAIキャラクターを作る方法

本記事では、Midjourney V6で導入された新機能「Character Reference」に焦点を当てます。この機能により、一貫性のあるAIキャラクターを作成することが可能になりました。また、この新機能を活用してAI漫画を制作する方法についても解説します。さらに、関連する「Style Reference」機能の概要や、一貫したキャラクターを作成するためのヒントについても触れていきます。

By Hiro from AI Lab
LINEで相談