【解説】プログラミング不要!Difyで誰でも簡単にAIアプリ開発

AIアプリの開発には高度なプログラミングスキルが必要でしたが、Difyの登場によりプログラミング初心者でも手軽にAIアプリを作れるようになりました。本記事では、Difyの概要と使い方、作れるアプリの例などを紹介します。

【解説】プログラミング不要!Difyで誰でも簡単にAIアプリ開発
  • プロンプトの送信回数:3回
  • 使用したモデル:Perplexity, Claude3 Opus

AIとデジタルイノベーションでビジネスを変える時が来ました。
私たちと一緒に、効果的なマーケティングとDXの実現を目指しませんか?
弊社では、生成AI開発やバーチャルインフルエンサーの運用について無料相談を承っております。
お打ち合わせではなくチャットでのご相談もお待ちしております。

目次

Difyとは

Difyの概要と特徴

Difyで作れるアプリの種類

Difyの使い方

AIによるまとめ

この記事は、AI(人工知能)によって生成されたものです。
内容は専門家による監修や校正を経ておらず、AIの現在の能力と知識ベースに基づいています。
したがって、記事の内容には限界があり、専門的な意見や最新の情報を代替するものではありません。
読者は、この記事を参考の一つとして用いることを推奨し、必要に応じて専門家の意見を求めることをお勧めします。
以下から、AIライターの執筆が始まります。

Difyとは

AIアシスタントの活用が広がる中、企業ではAIを搭載したアプリの開発需要が高まっています。しかし、従来のAIアプリ開発にはプログラミングの専門知識が必須でした。そのため、AIの恩恵を受けられるのは一部のIT企業に限られていました。

そんな中、最近「Dify」というAIアプリ開発プラットフォームが注目を集めています。Difyなら誰でもプログラミングなしでAIアプリを作れるのが最大の魅力です。

Dify.AI · The Innovation Engine for Generative AI Applications
The next-gen development platform - Easily build and operate generative AI applications. Create Assistants API and GPTs based on any LLMs.

公式サイトはこちら

左側アイコン
AI Lab

APIとは何か分からない方でもDifyを学ぶことで仕組みを理解できると思います!ぜひ本ブログを通じてDifyマスターになっていきましょう!

Difyで作れるアプリの種類

Difyは、プログラミングの知識がなくてもAIアプリを作れる革新的なプラットフォームです。作れるアプリの種類は多岐にわたり、以下のようなものがあります。

特定業界に特化したチャットボットやAIアシスタント

Difyを使えば、特定の業界や分野に特化したカスタマイズされたチャットボットを簡単に作ることができます。例えば、医療分野のアシスタントや、金融に関する質問に対応するボットなど、専門性の高いAIを構築できます。

このようなAIアシスタントは、従来のプログラミングによる開発では多大なコストと時間がかかりましたが、Difyなら誰でも短時間で作れるのが魅力です

長文ドキュメントの要約アプリ

長文のレポートや論文を要約するアプリも作成可能です。Difyには、RAGエンジンが搭載されており、関連情報を検索して高品質な要約を生成することができます。

このようなアプリは、企業の社内報告書の要約や、論文の要点をまとめるなどの用途に活用できそうです。

SQLジェネレーターやコードコンバーターなどのテキストジェネレーター

Difyを使えば、SQLクエリを自動生成したり、特定のプログラミング言語からほかの言語へコードを変換するジェネレーターなども作れます。

プログラマーの作業効率を大幅に上げられそうな、実用的なアプリが簡単に開発できるのが魅力です。

画像生成アプリ

最新のAIモデルを統合できるDifyの特性を生かし、キャプションから画像を生成するアプリを作ることも可能です。DALL-E 2やStable Diffusionなどの画像生成AIと連携させれば、様々なアイデアを形にすることができるでしょう。

企業が定義したツールを使って複雑なタスクを解決するAIエージェント

Difyには、企業が独自に定義したツールを組み込んで、複雑なタスクを解決するAIエージェントを作る機能もあります。

例えば、企業のデータベースを参照しながら、顧客からの問い合わせに自動で回答するエージェントなどが考えられます。企業の業務効率化に役立ちそうです。

Difyの使い方

Difyには、Webブラウザ上で利用するWeb版と、ローカル環境にインストールしてご利用いただけるローカル版の2つの利用方法があります。

Web版の使い方

Web版は、Dify公式サイトからアクセスできます。

Dify.AI · 先進的なAIアプリケーションのためのイノベーションエンジン
先進的なAIアプリケーションのためのイノベーションエンジン

1 サイトにアクセスし、無料でアカウントを作成します。

2 ダッシュボードから「テンプレートから作成」を選び、目的のアプリテンプレートを選択します。

3 アプリの名前や説明を入力すると、ワークフロー画面に移行します。

4 ここでドラッグ&ドロップ操作で、使用するAIモデルやツールを組み合わせていきます。

5 作成したアプリは公開して共有したり、APIで呼び出したりできます。

Web版のメリットは、すぐに利用を開始でき、環境構築の手間がかからないことです。

一方、有料プランに加入する必要があり、ローカル環境に比べてカスタマイズの自由度が低くなります。

ローカル版の使い方

ローカル版は、Githubからソースコードをダウンロードし、ご自身のマシン上で実行します。

  1. git clone https://github.com/langgenius/dify.git でDifyをクローンします。
  2. cd dify/docker と入力し、dockerディレクトリに移動します。
  3. docker compose up -d を実行し、Dockerコンテナ上でDifyを起動します。
  4. ブラウザで http://localhost/install にアクセスし、管理者アカウントを作成します。
  5. ログイン後は、Web版と同様の操作でアプリを作成できます。
左側アイコン
AI Lab

Dockerの使い方は公式サイトから確認し、事前にセットアップしておくことがおすすめです!

Docker Desktop: 開発者向けの#1コンテナ化ツール | Docker
Dockerデスクトップは、開発者向けの共同コンテナ化ソフトウェアです。 今すぐ Docker Desktop を Mac、Windows、または Linux でダウンロードしましょう。

ローカル版のメリット:

  • 無料で利用可能
  • ソースコードにアクセスできるので、カスタマイズの自由度が高い
  • 社外秘文書などの機密データを扱える

一方で、Docker環境の構築が必要で、運用時の負荷が高くなる可能性があります。

左側アイコン
AI Lab

Webブラウザ版とローカル版、それぞれにメリット・デメリットがあります。用途に合わせて適切な方を選ぶことをおすすめします。例えば、個人で試行錯誤する場合はローカル版が、本番環境ではWeb版が適している可能性があります!

AIによるまとめ

Difyの登場で、AIアプリ開発が身近なものになりました。プログラミングに詳しくなくても、アイデア次第で様々なAIアプリを作れるようになりました。

AIの恩恵を受けられる人が広がり、新しいイノベーションが生まれる可能性が高まっています。

Difyを使ってみて、自分のアイデアを形にしてみませんか?無料で利用できますので、ぜひ一度お試しください。

最後に

弊社では、AIを活用したマーケティングやDXのご相談を承っておりますので、ご興味がある方はぜひご連絡ください。

Read more

LMSYSを活用して最先端のAI研究を加速しよう

LMSYSを活用して最先端のAI研究を加速しよう

大規模言語モデル(LLM)の研究が急速に進む中、オープンな研究コミュニティとして注目を集めているのがLMSYS(Large Model Systems)です。LMSYSは、最先端のLLM研究を推進し、その成果を広く社会に還元することを目的とした非営利団体です。 Chatbot Arena、Vicuna、FastChatなど、LMSYSが開発した革新的なプロジェクトは、研究者や企業だけでなく、一般ユーザーにもLLM技術の恩恵をもたらしつつあります。本記事では、LMSYSの主要プロジェクトを紹介し、それらを企業や個人が活用する方法について探っていきます。

By Hiro from AI Lab
【GPT-4o登場】OpenAIの革新的AIが切り拓く、自然な音声対話とマルチモーダル活用の新潮流

【GPT-4o登場】OpenAIの革新的AIが切り拓く、自然な音声対話とマルチモーダル活用の新潮流

人工知能の分野で常に革新的な技術を生み出してきたOpenAIが、今度は新たなフラグシップモデル「GPT-4o」を発表しました。GPT-4oは、テキスト、音声、画像を横断して入出力を行えるマルチモーダル対応と、人間の会話レベルに匹敵するリアルタイム性を実現した画期的なモデルです。 この記事では、GPT-4oの機能や特徴、利用シーンなどについて、デモの様子や評価結果を交えながら詳しく解説していきます。OpenAIのCEO、サムアルトマンの言葉からも、GPT-4oへの期待の大きさが伺えます。人工知能とのインタラクションを一変させる可能性を秘めたGPT-4oの全容に迫ります。

By Hiro from AI Lab
LINEで相談