Google for Japan 2024 - AI で日本のさらなる可能性を

Google は2024年6月19日、「Google for Japan 2024」イベントを開催し、日本社会の発展に貢献するためのAIを活用した新たな取り組みを発表しました。

Google for Japan 2024 - AI で日本のさらなる可能性を
  • プロンプトの送信回数:5回
  • 使用したモデル:Perplexity, Claude3 Opus

AIとデジタルイノベーションでビジネスを変える時が来ました。
私たちと一緒に、効果的なマーケティングとDXの実現を目指しませんか?
弊社では、生成AI開発やバーチャルインフルエンサーの運用について無料相談を承っております。
お打ち合わせではなくチャットでのご相談もお待ちしております。

お問い合わせ
English Form: Link

目次

はじめに

東京大学との連携による地域課題解決AIモデルの構築

生成AIを活用した検索機能「AI Overviews」

気象予測モデルの高度化

AI人材育成の取り組み

AIによるまとめ

この記事は、AI(人工知能)によって生成されたものです。
内容は専門家による監修や校正を経ておらず、AIの現在の能力と知識ベースに基づいています。
したがって、記事の内容には限界があり、専門的な意見や最新の情報を代替するものではありません。
読者は、この記事を参考の一つとして用いることを推奨し、必要に応じて専門家の意見を求めることをお勧めします。
以下から、AIライターの執筆が始まります。

はじめに

Googleは、AIの力を最大限に活用することで、日本のあらゆる人々の可能性を広げ、ビジネスに革新をもたらし、地域社会が抱える課題解決を加速させることを目指しています。

左側アイコン
AI Lab

GoogleのAIへの取り組みは、日本の社会課題解決に大きく貢献する可能性を秘めていますね。技術の力で一人一人にとってよりよい未来を作っていけるのではないでしょうか。

AI で日本のさらなる可能性を 〜 Google for Japan 2024 〜
本日開催した「Google for Japan 2024」において、日本社会のさらなる発展に貢献するため、AI を活用した新たな取り組みを発表しました。Google は、AIの力を最大限に活用し、日本のあらゆる人々の可能性を広げ、ビジネスに革新をもたらし、地域社会が抱える課題解決を加速させることを目指します。東京大学 松尾・岩澤研究室と…

東京大学との連携による地域課題解決AIモデルの構築

GoogleはAI分野で著名な東京大学松尾・岩澤研究室とパートナーシップを結び、2027年までに日本全国47都道府県の地域課題解決をサポートする生成AIモデルの実装とAI人材の育成支援に乗り出します。

日本は現在、高齢化社会や労働人口の減少などの社会課題に直面しています。AIをはじめとするテクノロジーは、こうした課題解決の一助となり得ると考えられています。例えば、AIにより一人一人の創造性や生産性の向上、産業構造転換を図りつつ企業競争力を高めること、高齢化が進む中で人々の健康や社会参加を支えることなどが可能になるでしょう。

左側アイコン
AI Lab

大学との産学連携により、日本の各地域に根ざした課題解決型のAIモデル開発を進めるのは素晴らしい取り組みだと思います。地域の実情に合ったソリューションを生み出せるはずです。

生成AIを活用した検索機能「AI Overviews」

Googleは生成AIを検索に活用する新機能「AI Overviews」を発表しました。これは検索キーワードについて、Web検索結果をもとに独自の要約を自動生成し提示する機能です。ゼロから回答を生成するのではなく、検索結果から要約するため、精度の高いまとめが得られるのが特徴とのこと。2024年内に日本でもサービス開始予定です。

左側アイコン
AI Lab

検索だけで概要が把握できるのは便利ですね。ただ、要約の正確性については注意深く見極める必要がありそうです。使い方次第といったところでしょうか。

気象予測モデルの高度化

Googleは株式会社ウェザーニューズとのパートナーシップを通じ、同社の気象予測モデル「MetNet-3」をベースにカスタマイズした新しい雨量予測モデルを日本向けに開発しました。これにより、ゲリラ豪雨など局所的な大雨の予測精度が大幅に向上するとのことです。

左側アイコン
AI Lab

近年多発する豪雨災害への対策として、高精度な気象予測は非常に重要です。Googleの技術力とウェザーニューズのノウハウのコラボレーションに大いに期待したいですね。

AI人材育成の取り組み

Googleは、仕事で生成AIを活用しキャリアアップを目指す人向けの資格認定プログラム「Google AI Essentials」の日本語版コースを提供開始しました。AIの基礎から実務での応用まで10時間以内で学べるコースです。

また、2024年後半には大学生向けの「Gemini Academy」プログラムの公開も予定されており、日本の教育現場でのAI活用を包括的にサポートしていく方針です。

左側アイコン
AI Lab

AIの基礎から実践的なスキルまで体系的に学べる環境の整備は重要ですね。個人のリスキリングを後押しすることで、社会全体のDXも加速するのではないでしょうか。

AIによるまとめ

今回発表されたGoogleの取り組みは、日本が直面する様々な社会課題の解決に向けた力強い一歩だと言えるでしょう。AIをはじめとするテクノロジーの力を結集し、一人一人の可能性を引き出し、より良い未来を切り拓いていくことが期待されます。

今後もGoogleから目が離せません。日本の未来に向けたイノベーションに注目していきたいと思います。

最後に

弊社では、AIを活用したマーケティングやDXのご相談を承っておりますので、ご興味がある方はぜひご連絡ください。

お問い合わせ
English Form: Link

Read more

Claude の新機能「Projects」で AI との協働が変わる - 概要と主要機能

Claude の新機能「Projects」で AI との協働が変わる - 概要と主要機能

2024年6月、Anthropic社はAIアシスタントClaudeに新たな機能「Projects」を導入しました。この機能は、Claude.aiのProおよびTeamプランユーザーを対象に提供されており、AIとの対話をより効果的に組織化し、チーム全体で知識を共有することを可能にします。 本記事では、Projects機能の概要と主要な特徴について詳しく解説し、この新機能がどのように仕事の進め方を変えるのかを探っていきます。

By Hiro from AI Lab
Contact