Claude の新機能「Projects」で AI との協働が変わる - 概要と主要機能

2024年6月、Anthropic社はAIアシスタントClaudeに新たな機能「Projects」を導入しました。この機能は、Claude.aiのProおよびTeamプランユーザーを対象に提供されており、AIとの対話をより効果的に組織化し、チーム全体で知識を共有することを可能にします。 本記事では、Projects機能の概要と主要な特徴について詳しく解説し、この新機能がどのように仕事の進め方を変えるのかを探っていきます。

Claude の新機能「Projects」で AI との協働が変わる - 概要と主要機能
  • プロンプトの送信回数:5回
  • 使用したモデル:Perplexity, Claude3 Opus, Claude 3.5 Sonnet

AIとデジタルイノベーションでビジネスを変える時が来ました。
私たちと一緒に、効果的なマーケティングとDXの実現を目指しませんか?
弊社では、生成AI開発やバーチャルインフルエンサーの運用について無料相談を承っております。
お打ち合わせではなくチャットでのご相談もお待ちしております。

お問い合わせ
English Form: Link

目次

Projects機能の全体概要

1. 200Kトークンのコンテキストウィンドウ

2. カスタム指示機能 (Custom Instructions)

3. 知識ベースの統合 (Knowledge)

4. Artifacts機能との連携

5. チーム共有機能(Teamプラン)

新しい UI の特徴

具体的な活用事例

AIによるまとめ

この記事は、AI(人工知能)によって生成されたものです。
内容は専門家による監修や校正を経ておらず、AIの現在の能力と知識ベースに基づいています。
したがって、記事の内容には限界があり、専門的な意見や最新の情報を代替するものではありません。
読者は、この記事を参考の一つとして用いることを推奨し、必要に応じて専門家の意見を求めることをお勧めします。
以下から、AIライターの執筆が始まります。

Projects 機能の全体概要

Projectsは、Claudeとの対話や関連する情報を一箇所にまとめることができる新しい機能です。これにより、特定のプロジェクトや業務に関連する知識を集約し、AIとの対話をより効率的に行うことが可能になります。

Collaborate with Claude on Projects
Claude Pro and Team users can now organize chats into Projects. Projects bring together internal knowledge and chat activity in one place so Claude can be your go-to expert for generating ideas, making decisions, and moving work forward.

主な特徴は以下の通りです:

  1. 200Kトークンのコンテキストウィンドウ
  2. カスタム指示機能
  3. 知識ベースの統合
  4. Artifacts機能との連携
  5. チーム共有機能(Teamプラン)

それでは、これらの特徴について詳しく見ていきましょう。

1. 200Kトークンのコンテキストウィンドウ

Projects機能では、約500ページ分のテキストに相当する200,000トークンのコンテキストウィンドウが提供されます。これは非常に大きな容量であり、プロジェクトに関連する膨大な情報を一度にClaudeに理解させることができます。例えば、以下のような情報を一つのプロジェクトに含めることが可能です:

  • プロジェクトの背景資料
  • 過去の会議録
  • 関連する技術文書
  • マーケティング資料
  • 顧客フィードバック

これにより、Claudeはプロジェクトの文脈を十分に理解した上で、より的確な回答や提案を行うことができます。

ユーザーが Claude.ai にドキュメントをアップロードしている様子を示すアプリ画面

2. カスタム指示機能 (Custom Instructions)

Projects機能の中でも特に注目されているのが、カスタム指示機能です。この機能を使うことで、プロジェクトごとにClaudeの振る舞いや回答スタイルをカスタマイズすることができます。具体的には以下のようなカスタマイズが可能です:

  • 特定の業界用語や専門用語の使用
  • 回答のトーンや形式の指定(例:フォーマル、カジュアル、技術的など)
  • 特定の役割や視点からの回答(例:マーケティング担当者、エンジニア、経営者など)
  • 禁止すべき表現や避けるべきトピックの指定

カスタム指示を適切に設定することで、Claudeをプロジェクトの「専門家」として機能させることができます。これにより、チームメンバーはClaudeとの対話を通じて、プロジェクトに特化した知見や助言を得ることができるようになります。

カスタム指示を表示するアプリ画面

3. 知識ベースの統合 (Knowledge)

Projects機能では、プロジェクト固有の知識ベースを統合することができます。これにより、Claudeは組織やプロジェクト特有の情報を参照しながら回答を生成できるようになります。知識ベースとして統合可能な情報の例:

  • 社内ポリシーや規定
  • プロジェクト固有のガイドライン
  • 過去のプロジェクト事例
  • 業界レポートや市場分析
  • 製品仕様書やマニュアル

この機能により、Claudeは単なる一般的なAIアシスタントから、組織の文脈を理解した「社内エキスパート」へと進化します。チームメンバーは、Claudeを通じて組織の知識にアクセスし、より的確な意思決定を行うことができるようになります。

4. Artifacts機能との連携

Projects機能は、同時に発表されたArtifacts機能と密接に連携しています。Artifactsは、Claudeが生成したコンテンツ(コードスニペット、テキスト文書、画像など)を別ウィンドウに表示する機能です。Projects と Artifacts の連携により、以下のようなワークフローが可能になります:

  1. プロジェクト内でClaudeに特定のタスクを依頼(例:マーケティング企画書の作成)
  2. ClaudeがArtifacts機能を使って企画書のドラフトを生成
  3. チームメンバーが生成された企画書を確認し、フィードバックを提供
  4. Claudeがフィードバックを基に企画書を改善

この連携により、AIとの共同作業がよりシームレスになり、創造的なプロセスが加速されます。

ユーザーチャットの横にアーティファクトパネルを表示するアプリ画面

5. チーム共有機能(Teamプラン)

Teamプランのユーザーは、Projects内の会話や成果物を同僚と共有することができます。これにより、チーム全体でAIとの対話から得られた知見を活用することが可能になります。チーム共有機能の利点:

  • 知識の民主化:特定の個人が持つAI活用のノウハウを組織全体で共有
  • 一貫性の確保:プロジェクト全体で統一された情報や方針を維持
  • 協働の促進:チームメンバー間でアイデアや成果物を容易に共有
プロジェクト内で共有されたチャットを表示するアプリ画面
左側アイコン
AI Lab

以上が、Projects機能の概要と主要機能についての解説です。次のパートでは、UIの変更点や、より具体的な活用事例、さらには今後の展望について詳しく解説いたします。

新しい UI の特徴

Projects 機能の導入に伴い、Claude.ai の UI にもいくつかの重要な変更が加えられました。これらの変更は、ユーザーエクスペリエンスを向上させ、より効率的な AI との対話を可能にすることを目的としています。

1 サイドバーの刷新

新しいサイドバーは、Projects 機能を中心に再設計されています。主な特徴は以下の通りです:

  • プロジェクト一覧:作成したプロジェクトが一覧表示され、簡単に切り替えることができます。
  • クイックアクセスメニュー:新規プロジェクトの作成、設定の変更、ヘルプの参照などが容易に行えます。
  • プロジェクト内ナビゲーション:現在のプロジェクト内の会話履歴やドキュメントにすばやくアクセスできます。

この新しいサイドバーにより、ユーザーは複数のプロジェクトを効率的に管理し、必要な情報にすばやくアクセスできるようになりました。

プロジェクトも別のチャットもサイドバーから常に移動できるようになりました。

2 アクティビティ状況の可視化

Projects 機能では、AI の処理状況やチームメンバーの活動をリアルタイムで確認できるアクティビティ状況表示が導入されました。主な特徴は以下の通りです:

  • AI 処理状況:Claude が大量のデータを処理している際の進捗状況が表示されます。
  • チームメンバーの活動:Team プランでは、他のメンバーがプロジェクトに参加したり、ドキュメントを更新したりした際の通知が表示されます。
  • タスクの完了通知:長時間かかるタスク(大規模なデータ分析など)が完了した際に通知が表示されます。

この機能により、ユーザーは AI との対話やチームの活動を常に把握することができ、より効率的な協働が可能になります。

プロジェクトとチャットを接続しやすいので、管理のしにくさが改善!
チャット履歴が検索できるのも便利(内容よりかはタイトルの文言で検索)

具体的な活用事例

Projects 機能は、様々な業界で幅広く活用されています。以下に、実際の活用事例を紹介します。

North Highland 社の事例

North Highland 社は、変革とトランスフォーメーションを専門とするコンサルティング会社です。同社では、コンサルティング、ビジネス開発、マーケティングなど、数百人の従業員が Claude を活用して業務効率を向上させています。具体的な活用方法:

  • 提案書の作成
  • 10-K(年次報告書)などの複雑な文書の分析
  • コンテンツ作成や分析タスクの効率化

結果:

  • コンテンツ作成と分析タスクが最大 5 倍速くなった
  • 2 週間かかっていた執筆と調査が数分で完了するようになった
  • 従業員の日々の課題に対する意欲が向上
  • AI 支援による協働と創造性が促進された

North Highland 社のシニアディレクター兼テクニカル AI プログラムのプロダクトマネージャーである Luka Anic 氏は、「Claude は真に優れたライターであり、チームがコンテンツ作成や分析タスクを以前の 5 倍の速さで完了できるようになりました」とコメントしています。

Project Visibility and Sharing | Anthropic Help Center

今後の展望

Projects 機能の導入は、AI との協働の在り方に大きな変革をもたらしました。Anthropic 社は今後、さらなる機能拡張と改善を計画しています。

1 チーム協働機能の拡張

近い将来、チーム全体、さらには組織全体で知識、文書、進行中の作業を安全に一元化できるようになる予定です。Claude がオンデマンドのチームメイトとして機能することで、より効果的な協働が可能になります。

2 外部アプリケーションとの統合

今後数ヶ月間で、人気のあるアプリケーションやツールとのネイティブ統合を通じて、Projects に取り込めるプロジェクト知識の種類を拡大する予定です。

3 マルチモーダル対応の強化

現在の Projects 機能は主にテキストベースのデータを扱っていますが、将来的には画像、音声、動画などのマルチモーダルデータにも対応することが予想されます。

4 高度な分析機能の追加

プロジェクト内のデータを自動的に分析し、インサイトを提供する機能が追加されることで、意思決定支援がさらに強化される可能性があります。

5 カスタマイズ性の向上

より細かな AI の挙動制御や、組織固有のニーズに合わせたカスタマイズが可能になることで、各企業の独自性を反映した AI 活用が進むでしょう

AIによるまとめ

Claude の新機能「Projects」は、AI との協働に新たな次元をもたらしました。North Highland 社の事例が示すように、この機能は単なるツールの域を超え、組織の働き方そのものを変革する可能性を秘めています。

今後の展開では、チーム協働機能の拡張や外部アプリケーションとの統合など、さらなる機能強化が予定されています。これにより、AI との協働がより深化し、イノベーションや生産性の向上に大きく貢献することが期待されます。

AI 技術の進歩は日々加速しています。組織がこの変化に適応し、Projects のような先進的な機能を効果的に活用できるかどうかが、今後の競争力を左右する重要な要素となるでしょう。

最後に

弊社では、AIを活用したマーケティングやDXのご相談を承っておりますので、ご興味がある方はぜひご連絡ください。

お問い合わせ
English Form: Link

Read more

【電撃登場】Anthropic社が生成AIモデル「Claude 3.5 Sonnet」をリリース

【電撃登場】Anthropic社が生成AIモデル「Claude 3.5 Sonnet」をリリース

Anthropic社は生成AIモデル「Claude」の最新版となる「Claude 3.5 Sonnet」を発表しました。 複数のベンチマークテストでOpenAIのGPT-4oやGoogleのGemini 1.5 Proを上回るスコアを記録し、旧バージョンのClaude 3 Opusと比べて2倍の処理速度を実現。 安全性と倫理面への配慮も継続しつつ、低価格でハイスペックなモデルを提供します。

By Hiro from AI Lab
Contact