【Akuma AI】2024年2月正式リリース: 手書き画像生成を可能にするAIキャンバスの全貌

「Akuma AI」は、Stable Diffusionの技術をベースにしたユーザーフレンドリーなWeb UIを提供するサービスです。特別なハードウェアを必要とせず、簡単なサインアップ手続きで誰でもアクセス可能。この記事では、「Akuma AI」の概要と具体的な使用方法を紹介します。

【Akuma AI】2024年2月正式リリース: 手書き画像生成を可能にするAIキャンバスの全貌
  • プロンプトの送信回数:4回
  • 使用したモデル:ChatGPT、GPTs

AIとデジタルイノベーションでビジネスを変える時が来ました。

私たちと一緒に、効果的なマーケティングとDXの実現を目指しませんか?

弊社では、生成AI開発やバーチャルインフルエンサーの運用について無料相談を承っております。

お打ち合わせではなくチャットでのご相談もお待ちしております。

目次

「Akuma AI」とは?

 「Akuma AI」の特徴

使用方法

人間の担当者が試してみた

AIによるまとめ

この記事は、AI(人工知能)によって生成されたものです。

内容は専門家による監修や校正を経ておらず、AIの現在の能力と知識ベースに基づいています。

したがって、記事の内容には限界があり、専門的な意見や最新の情報を代替するものではありません。

読者は、この記事を参考の一つとして用いることを推奨し、必要に応じて専門家の意見を求めることをお勧めします。

以下から、AIライターの執筆が始まります。

「Akuma AI」とは?

左側アイコン
AI Lab

本日2月2日に正式リリースされたAkuma AIの「AIキャンバス」について紹介いたします! 特徴や使用方法についてお読みいただいた上で、実際の結果についてご覧ください!

「Akuma AI」の特徴

  • 利便性: GPUが不要で、初期クレジットを無料で提供。
  • 多機能性: テキストから画像、画像から画像、AIキャンバスなど、多彩な機能を搭載。
  • カスタマイズ性: ユーザー独自のモデルの使用やアップロードが可能。

ユーザーインターフェイスは直感的で、テキストから画像、画像から画像、リアルタイムAIお絵かきなど、複数の機能を提供します。また、「モデル」「画像設定」「AI設定」「高解像度補助」「Embedding」など、細かい設定も可能です。

設定画面の一部

例えば、あるユーザーが特定のアニメキャラクターを生成したい場合、Akuma AIを使用して、キャラクターの特徴を記述したプロンプトを入力し、デフォルトまたはカスタムモデルを選択して画像を生成することができます。

実際に人間の担当者がAIキャンバスで試している様子

このプロセスは迅速であり、特にリアルタイムAIお絵かき機能を使用すると、0.1秒で結果を見ることができます。

使用方法

左側アイコン
AI Lab

Akuma AIについて各機能の使い方をご説明いたします!

AIキャンバス

リアルタイムでAIを用いた絵画が可能。プロンプトに基づき、即座に画像を生成し編集できます。

光の入り方も調整ができそうです。

テキストから画像

テキスト入力により、想像したシーンやオブジェクトの画像をAIが生成。

モデル調整やネガティブプロンプト等は調整が必要ですね。
左側アイコン
AI Lab

テキストから画像の使用クレジットは2でした!

画像から画像

アップロードした画像を基に、スタイル変更や要素追加を行うことで新たな画像を生成。

画像のモデルから自動的にプロンプトを入力してくれるのでネガティブプロンプトを維持できるのは非常に楽です。
左側アイコン
AI Lab

テキストから画像の使用クレジットは1です!

モデル

デフォルトまたはカスタムモデルを選択し、画像生成時のスタイルや質を調整。

デフォルトのモデル一覧

人間の担当者が試してみた

ここからは人間の担当者が早速AIキャンバスを活用して、リアルタイムでイラストを生成してみます。

AIキャンバスでできること

最初にプロンプトを入力し、ペンシルで左側の画面にお絵描きをしていきます。

プロンプトを入力しないと画像は生成されませんでした!

肌色に近いペンシルを使って顔の位置や体型など構図をメインに書いていきます。

左側はほとんど人型クッキーみたいな見た目していますが、しっかり生成されていますね。

書いていない点はプロンプトの内容が反映されるようになっています。

髪色に近いペンシルを使用すると、線に沿って髪が生成されました。

実際に作成できた内容を「画像を使う」モードで右側の生成画面から左側の編集画面に遷移させてさらに右側の生成画面で作成される画像の質を向上させます。

線や色味がはっきり書かれるようになりました。

一度生成された画像の髪色や衣装、背景デザインなどを変更することも可能です。

水色の服からネイビーへ、黒髪からブロンズへと変更した様子。
尚、生成した画像はダウンロードすることが可能です。

実際の使用感(動画)

0:00
/0:21

動画は作成時のものを2倍再生にしていますが、自分の操作がすぐに反映されるリアルタイム性に感動です...!

PCからでも十分に楽しめましたが、iPad等のタブレットでペンを使用して生成する方が細かな調整ができそうですね!

生成された画像一覧

こちらのサイトから実際に「AIキャンバス」を利用できます!

Akuma - Realtime AI Anime Art Generator
Anime style AI art generator, from Japan. Generate original anime art with our realtime AI canvas.

Googleアカウントで登録が可能です!

AIによるまとめ

「Akuma AI」は、クリエイティブなアイデアを現実のものに変える強力なツールです。その直感的なUIと多様な機能により、アーティストからデザイナー、趣味のクリエイターまで、あらゆるユーザーが自由自在に画像を生成できます。

最後に

弊社では、AIを活用したマーケティングやDXのご相談を承っておりますので、ご興味がある方はぜひご連絡ください。

公式LINEでも随時、生成AIのトレンドや活用方法について発信しています。

Read more

【業務効率化】Claude 3とChatGPTを使ってダイアグラムを自動生成する方法

【業務効率化】Claude 3とChatGPTを使ってダイアグラムを自動生成する方法

ダイアグラムは複雑な情報を視覚的に表現するのに非常に有効ですが、手作業で作成するのは時間がかかります。Claude 3やChatGPTといったAIを活用すれば、テキストベースの指示からフローチャートやUML図、ガントチャートなどを自動生成できます。本記事では、これらのAIを使ってダイアグラムを作成する方法を詳しく解説します。AIによるダイアグラム生成のメリットや注意点、今後の展望についても触れています。

By Hiro from AI Lab
OpenAI Japanの設立で加速する日本の生成AI活用

OpenAI Japanの設立で加速する日本の生成AI活用

OpenAIがついに日本上陸。東京にアジア初の拠点「OpenAI Japan」を設立し、日本語に最適化されたGPT-4カスタムモデルの提供も開始します。日本企業の生成AI活用が加速する中、OpenAIの日本進出が与えるインパクトと、ビジネスにおける活用事例、課題について解説します。日本の皆さん、AIを味方につけた新しいビジネスの可能性に挑戦しましょう!

By Hiro from AI Lab
【Midjourney】最新機能で一貫性のあるAIキャラクターを作る方法

【Midjourney】最新機能で一貫性のあるAIキャラクターを作る方法

本記事では、Midjourney V6で導入された新機能「Character Reference」に焦点を当てます。この機能により、一貫性のあるAIキャラクターを作成することが可能になりました。また、この新機能を活用してAI漫画を制作する方法についても解説します。さらに、関連する「Style Reference」機能の概要や、一貫したキャラクターを作成するためのヒントについても触れていきます。

By Hiro from AI Lab
LINEで相談